Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 13日

1965XLCH900 点火時期調整

F井さんのアイアンスポーツ、点火時期調整です。

a0248662_10242151.jpg
a0248662_10243218.jpg

60年代のXLCHはマグネトー点火。
65年以降のモデルは進角コントロールのアームが付きます。

a0248662_10245260.jpg
a0248662_10252672.jpg

まずポイントギャップ。
ローターカムの一番高いところにポイントのヒールが乗っかったときに、ポイントギャップが0.3mmになるようにします。

a0248662_10263314.jpg

でコチラはインナースロットルタイプのコントロールワイヤー。
このワイヤーで押し引きすることでマグネトーボディーを動かし点火時期をコントロールするわけですが、このケーブルの動きが悪く、マグネトーを押し切らない・・・。

a0248662_10265074.jpg

純正タイプと同じ丸線ワイヤー
アウター内径とインナー径が合っておらず隙間が多いため、インナーワイヤーがアウターケーブル内でよれて、押しが悪いと思われます。

a0248662_1027135.jpg
a0248662_102792.jpg

という訳で、ライナーチューブ入りのアウターケーブルを使いインナーケーブルとの隙間を無くします。
ケーブルプラグは板金ハンダどめ。

a0248662_10272437.jpg
a0248662_10273310.jpg

遅角から進角までしっかり動くようになりました。

a0248662_10274951.jpg
a0248662_1027584.jpg

60年代(900cc)のアイアンの点火時期は遅角、圧縮上死点前15度(写真上・タイミングホールに2本線)
進角は圧縮上死点前45度(写真下・タイミングホールに1本線)

a0248662_10282529.jpg

それぞれ遅角時、進角時にポイントが開着始めるタイミングに合わしました。
(0.02mmの銅板でチェック)

a0248662_10283432.jpg

という訳でマグネトーの点火時期調整終わり。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-13 10:59 | 1965XLCH900 | Comments(0)
2014年 05月 11日

1976XLCH1000 分解作業&計測地獄

4月からレストアスタートのZ間君のアイアンスポーツ。
元々この車両はサーキットブレーカー・ガバナー修理できたものですが、修理後試乗するとエンジン音も酷く、シャシーの状態も悪い。
その旨をオーナーであるZ間君に伝えると、「自ら修理をしたい!」と熱い思い出で入学しました。
仕事の関係で月2回しか通えませんが、時間をかけて直していきます。

a0248662_20403328.jpg
a0248662_20404456.jpg

ピストンは.010o.s

a0248662_2041697.jpg

スモールエンドは少々ガタあり。
問題はビックエンドのガタの多さとクランクのスラストがガタガタです。

a0248662_20412429.jpg
a0248662_20413559.jpg

クランクケース分解。

a0248662_2041481.jpg

クランクスラスト量が多かった為、フライホイールがケースにあたってしまっています。

a0248662_20427100.jpg
a0248662_20421643.jpg

クランクケースのプライマリー雌ねじは、液体がガスケットが詰まったまま、プライマリーケースボルトを締めこんでしまっていた為、クラックが入ってしまっています。
固まった液体が助っ人は馬鹿に出来ません。

a0248662_20423727.jpg

気を取り直し、クランク分解。

a0248662_20424827.jpg

a0248662_20425817.jpg

クランクビッグエンド計測。
フロント側はローラーは4.75mm クランクピンは31.72mmで傷、虫食い、段付きなどは無し、コンロッドベアリングレースは0.01mm楕円で41.35mm~41.36mmで0.14mmのガタ。
リア側はローラー4.74mm クランクピン31.72mm コンロッドベアリングレースは41.31mmで0.11mmのガタで非常に多いです。(適正クリアランスは0.02mm~0.03mm) 


a0248662_20432114.jpg

ピニオンベアリングはシャフト、レース共に状態は悪くないものの、クリアランスは0.07mm。
0.05mm程度磨耗しているようです。

a0248662_20433034.jpg
a0248662_20444348.jpg

シリンダーピストンも計測、コチラもクリアランスが多目なので、ピストンオーバーサイズでボーリング予定。


レストアスクールは基本、週1回か2回で通ってもらっていますが、変則での授業も対応します。
熱い問い合わせお待ちしています。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-11 21:29 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2014年 05月 08日

1977XLCR 手直し

一回目の試乗を終えたXLCR。駄目だった部分を解消して行きます。


a0248662_255771.jpg

まずはリアのブレーキローター。
ブレーキローターが偏心してしまっている為、ブレーキペダルを踏んだときにキックバックがありました。
ローターは新品に交換。

a0248662_281391.jpg

サイレンサーの後ろに行ってしまい立てづらいキックスタンドは引っ掛け棒を溶接。

a0248662_283042.jpg

a0248662_284160.jpg

オーナーからの要望で、クラッチのインナースプリングを線径の細いものにして、クラッチを以前よりも軽くしました。

a0248662_295754.jpg
a0248662_210713.jpg

エキゾーストパイプと干渉してしまうため、シフトペダルの位置を高めでセットアップしていましたが、非業に乗りづらい・・・。
マフラーサポートチューブの位置をシム調整、サイレンサーのマウント位置を変更しシフトチェンジしやすくしました。

a0248662_2104673.jpg
a0248662_2105679.jpg
a0248662_211584.jpg

ねじ山が弱っていて、シフトペグが緩んできてしまうのでヘリサート加工。
私はこのペグを走行中に2回落としたことがあります。

a0248662_211265.jpg

アイドリングが不安定な問題。
元々付いていたバタフライバルブはいくら調整しても、キャブボディとバタフライの右側に隙間が開いてしまう。コイツがアイドリング不安定の原因と思われます。

a0248662_2113449.jpg

良品と見比べる。

a0248662_211491.jpg

a0248662_211566.jpg

写真上が元々付いていたもの。写真下が良品。
下のバタフライバルブより、上のバタフライバルブの方が段差が多いです。
ここだけ削れるってことは考えづらいですから、製品不良でしょうか?

a0248662_2121262.jpg

ともあれ、良品を付けると隙間は無くなりました。
(ライトに照らしています)

a0248662_2122855.jpg

という訳で、2回目の試乗。
アイドリング問題、ブレーキ問題解消。キャブのセッティングも悪くないです。
後はある程度距離を乗り駄目だし、各部チェック・セッティングです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-08 03:06 | 1977XLCR1000 | Comments(0)
2014年 05月 07日

1965XLCH900 キャブレーター取り付け(ケイヒン)

今日はF井さんのアイアンスポーツ、キャブ回りのお話。
60年代のアイアンですが信頼性のある、ケイヒンバタフライキャブを付けます。

a0248662_1063345.jpg
a0248662_1064771.jpg

まずはシリンダーヘッドにインテークマニホールド取り付け。
キャブがエンジンに対して垂直に出るように(車体うぃ立てたときに、フロートが水平)キャブマウントステーを製作。このステーがインテークマニホールドを押したり、引っ張ったりしないような位置にします。(2次エア予防)

a0248662_1065788.jpg

15mm厚のベークライトでインシュレーター製作。
厚めのインシュレーターでアイドリング、低速時の安定を狙います。

a0248662_1071491.jpg

インシュレーターの厚みに合わせマウントスタッドも製作。

a0248662_1072382.jpg

16mm程度にフロートレベルを合わせます。
実際にガソリンを流し、止まるところと流れ始めるとことを実測。

a0248662_107363.jpg

ジェットをメイン1.65 パイロットを.65でとりあえず組みます。
パイロットジェットのラバープラグを忘れずに。

a0248662_1075254.jpg
a0248662_108266.jpg
a0248662_1081886.jpg

加速ポンプのチェックバルブが動いていなかったので分解し清掃。
このチェックバルブは加速ポンプが利いたときにフロートボウル内にガソリンが逆流しないようにしています。
フロートを振ってカチカチと音がしないと、バルブは固着しています。

a0248662_1083214.jpg
a0248662_1084494.jpg

スロットルバルブも組みなおし、ベンチュリーとバタフライに隙間が無いようにします。
ここに隙間があるとアイドリングが不安定になります。

a0248662_1085380.jpg

パイロットアジャスタースクリューにOリング取り付け。

a0248662_10946.jpg

アイドルアジャスタースクリューも制作。

a0248662_1092128.jpg

という訳でキャブレーター完成。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-07 10:30 | 1965XLCH900 | Comments(0)
2014年 05月 05日

第一回 VMSツーリング

昨日は第一回VMSツーリングが行われました。
VMS主催といっても仕切りは榎本氏、寺嶋氏に全てお任せ。メンドクサガリ屋の自分では決行出来なかったです。お二人には本当にお世話になりました。有難うございます。
ここ最近は足立区から出ることなく、ひたすらバイクイジリの日々、いい息抜きになりました。


今回は以前からやりたかった「戦前車ツーリング」でもあったので多くの戦前車も含み、〝共に走れる同志”との走りは心が躍りました。

参加してくださった皆様、お疲れ様でした。
第二回は渋滞が少ない日にまたやりましょう。

a0248662_8365564.jpg
a0248662_8371589.jpg
a0248662_8421248.jpg
a0248662_8423635.jpg
a0248662_8425243.jpg
a0248662_8433461.jpg
a0248662_844117.jpg
a0248662_8441890.jpg
a0248662_8452677.jpg
a0248662_845469.jpg
a0248662_8455627.jpg
a0248662_8471230.jpg
a0248662_8472851.jpg
a0248662_8475050.jpg
a0248662_8482084.jpg
a0248662_8504918.jpg
a0248662_851364.jpg
a0248662_8511641.jpg

a0248662_8524655.jpg

a0248662_853196.jpg

a0248662_8531736.jpg
a0248662_8533612.jpg

a0248662_8535581.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-05 09:21 | その他 | Comments(0)
2014年 05月 03日

授業風景

ゴールデンウィークも休まず営業。
しかしながら、生徒の皆さんは家族サービスか、出席率は悪いです。

a0248662_22175870.jpg





1965XLCH900

a0248662_22182311.jpg
a0248662_22184291.jpg

F井さんのアイアンスポーツは配線作業も終わり、オイルラインも引きました。
次回はキャブ回りです。





1979FLH1340


a0248662_2219234.jpg
a0248662_22191615.jpg

F田さんのショベルヘッドも配線作業。
プラグコード製作。





1968XLH900

a0248662_22201375.jpg

卒業生S竹さんのアイアンスポーツは、ツーリングに向けて軽整備。
バッテリーをshouraiからyuasaへ。
バッテリーサイズが変わった為、ケーブルの取り回しや、マウント方法を変更。




1978FXS1200

a0248662_22203446.jpg

N村さんのショベルヘッドもツーリングに向けて軽作業。



明日はVMSツーリングなのでスクールはお休みです。
天気も良さそうなので楽しみです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。






Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-03 22:37 | その他 | Comments(0)
2014年 05月 01日

1965XLCH900 元通り

F井さんのアイアンスポーツ、Fブレーキドラムが偏心していた問題です。

a0248662_1584621.jpg

a0248662_1585670.jpg

旋盤屋さんで研磨してもらったはずが、片あたりしてしまっています。
ホイールを一旦ばらして、旋盤にハブを両センターで銜えドラムの偏心っぷりをチェック。
おっと、1mmも振れています・・・。

このドラムのMAX・DIA(使用限度)は8.04”(204.2mm)となっています。
研磨し直すと、この使用限度の数値ギリギリになるな。
このドラムは諦め、別の中古ドラムを使うことに。

a0248662_159746.jpg

a0248662_1591617.jpg

という訳で、リム組み、振れとり、センター出しし直し。

a0248662_159302.jpg
a0248662_1594115.jpg

リアドラムのブレーキシューあたり調整をして元通りになりました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-01 02:28 | 1965XLCH900 | Comments(0)