<   2014年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

1979FLH1340 リアホイール(スターハブ)

久しぶりにF田さんのショベルヘッドネタ。ホイール回りのお話。
年式的にはテーパーベアリングのハブ、ディスクブレーキのリア周りですが、この車両にはスターハブ&油圧ドラムが装着されています。

a0248662_2255219.jpg

スターハブを分解し、清掃・点検・計測。

a0248662_2256211.jpg
a0248662_22561185.jpg

ガタが多く、ベアリング・ベアリングスリーブ共に使い物にならず。

a0248662_22562349.jpg
a0248662_22565193.jpg

ベアリングスリーブは新品に交換。

a0248662_2257268.jpg

ローラーもオーバーサイズに交換。

a0248662_22571423.jpg

LEFTサイドはハブ内径(レース)44.51mm、ベアリングスリーブ外径31.75mm ローラーサイズ6.37mmでクリアランス 0.03mm

a0248662_22572360.jpg

RIGHTサイドはハブ内径(レース)38.15mm ベアリングスリーブ外径25.4mm ローラーサイズ6.36mmでクリアランス0.03mm

a0248662_22574726.jpg

スラスト量をシムで調整。

a0248662_2258624.jpg

a0248662_22581775.jpg

で、ホイール取り付け。
この車両はリジット化されている為、サイドプレートスペーサーを延長してチェーンラインをあわせてあります。
その為、アクセルスリーブのでっぷりが悪くアクスルナットの座面がでていません。

a0248662_2258519.jpg

カラーを作り取り付け、ナットもちゃんと止まるようになりました。

a0248662_22591420.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-30 23:30 | 1979FLH1340 | Comments(0)
2014年 03月 29日

1977XLCR 点火時期調整・マフラー取り付け

フルレストア依頼のXLCRもラストスパートです。

a0248662_2264310.jpg
a0248662_2265840.jpg

配線引き直し作業も終わり、バッテリーを付けそれぞれ点灯チェック。

a0248662_2271265.jpg

サーキットブレーカーを分解清掃。

a0248662_2272293.jpg

ポイント・コンデンサーは新品に交換。
ポイントは純正品、コンデンサーはブルーストリーク製。

a0248662_2273188.jpg

ガバナースプリングも交換。

a0248662_2274164.jpg

プラグコードは長さを合わせ製作。

a0248662_2275767.jpg

で、点火時期調整。
ポイントギャップは0.5mm。フロント・リア共にチェック。

a0248662_2281983.jpg
a0248662_2283251.jpg

クランク位置をフロントシリンダーのフル進角時期(1000ccのアイアンはフロントシリンダー圧縮上死点前40度)に合わせます。このときタイミングホールには棒線が出ます。
クランクがこの位置の時に、サーキットブレーカーカムが一番進んだ状態(ガバナが一番開いた状態)のときにポイント接点が開き始める位置にします。

a0248662_2301955.jpg
a0248662_2303016.jpg

いきなりトランスミッションスプロケット。
規定トルクで締め付け、ドライブチェーン取り付け。

a0248662_2313348.jpg

で、リアブレーキのエア抜き。
XLCRはスプロケットカバーにリアマスターシリンダーが付きブレーキラインもパイプなので、トランスミッションスプロケット交換時にブレーキラインを抜く必要がありメンドクサイです。

a0248662_2322562.jpg

コチラはサイアミーズマフラー。
フィッティング確認後、耐熱ブラックで塗装。お陰でガレージ内は真っ黒に。

a0248662_2324244.jpg
a0248662_2325247.jpg

マフラー取り付け。
だいぶ形になって来ました。

a0248662_233112.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-29 03:04 | 1977XLCR1000 | Comments(0)
2014年 03月 28日

1975XLH1000 スイングアーム

今日はO山さんのアイアンスポーツ・スイングアーム。
分解時に車体右側のスイングアームとベアリングレースは手スポでした・・・。

a0248662_8483448.jpg

a0248662_8504680.jpg

テーパーベアリングが内側、ベアリングレースが外側にありベアリングレースを動かすことで与圧をかけてベアリングのガタ調整をするアイアンスポーツのスイングアームはスイングアームとレースの嵌め合いが悪くなる場合が多いです。

a0248662_8484727.jpg

ベアリングレース外径を溶射&研磨で太らせガタをなくしました。

a0248662_8492571.jpg

専用工具で圧入。

a0248662_8494893.jpg

ベアリング・スペーサー・ダストカバー・ベアリングレースナットを組んで、スペーサー面がスイングアーム面より少し出でいるようにしておきます。

a0248662_850987.jpg

ピボットボルトを締め付け、内側のテーパーベアリングの位置決めをします。

a0248662_8501922.jpg

ベアリングレースロックナットを締めていき(ベアリングレースを押し)、テーパーベアリングとレースのガタ調整をします。与圧をかけ気味が良いでしょう。

a0248662_8502837.jpg

ベアリングレースロックナットにロックワシャーを付けスイングアーム完成。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-28 09:12 | 1975XLH1000 | Comments(0)
2014年 03月 26日

1975XLH1000 キックスターター

エレクトリックスターターオンリーだった、O山さんのアイアンスポーツにキックスターターKITを組みます。
毎回、なんやかんや苦労するキックスターターキット今回はどうなることか。

a0248662_9234868.jpg
a0248662_9235987.jpg
a0248662_9242167.jpg

エンジンケース・プライマリー側とスプロケットカバーで軸受けするアイアンの長いキックシャフト。
いつもここの芯がでず四苦八苦するのですが今回は問題なし。
軸を支える変な形のワッシャーが付きます。

a0248662_9243356.jpg

クランクギアとラチェットギアを仮組みしアライメントチェック。
コイツも問題なし。今回はよい感じ。

a0248662_9252670.jpg

コイツにはクラッチシェルにスターターラチェットが付いていなかったので取り付けます。

a0248662_9254329.jpg

スターターラチェットとクラッチシェルの中心がでていなければいけません。
スターターラチェットの穴の距離を計り、クラッチシェルにセンター位置決め軸を付け、スターターラチェットの穴位置を決めます。

a0248662_9255239.jpg
a0248662_926856.jpg
a0248662_9261949.jpg
a0248662_9262972.jpg

ドリルでスターターラチェットのリベット穴を開け、二人掛りでリベットを打ち込みます。

a0248662_9264060.jpg

仮組み。
接ったり、引きずることなく問題なし。今回は苦労少なくいきました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-26 11:12 | 1975XLH1000 | Comments(0)
2014年 03月 25日

1396EL1000

今日はW辺さんのナックル・スプリンガーフォークのブレーキ。

a0248662_9102670.jpg

ブレーキシュー・オペレーションシャフトのガタは問題無くそんまま。

a0248662_923056.jpg
a0248662_924023.jpg
a0248662_92505.jpg
a0248662_92591.jpg

ブレーキワイヤーは交換。ブレーキレバー・ブレーキコントロールアジャスターに合わせケーブルフィッテング製作。
このケーブルフィッテングを付けずに直接ケーブルをつけている車両をよく見かけまが、フィッテングをつけていない為アウターケーブルエンドがクチャクチャになっているものが多いです。

a0248662_931276.jpg
a0248662_93216.jpg
a0248662_9329100.jpg

ブレーキシャンクルのブッシュにはガタがあったので交換。
シャンクルバーとブッシュの嵌め代が少々キツイ。

a0248662_934082.jpg
a0248662_935182.jpg

ブッシュの外径を0.02mm程度切削し、圧入。

a0248662_922186.jpg

フロントブレーキ回り完成です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-25 09:26 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 03月 23日

授業風景

土曜日、日曜日の授業風景です。

a0248662_2073734.jpg




1955FL1200

a0248662_2074980.jpg
a0248662_208134.jpg
a0248662_2084887.jpg

H本さんのパンヘッド。
2次エアを吸っているため各部チェック。キャブレーターのマウントのズレによって、ヘッドとインテークマニホールドの位置が変わった為、2次エアを吸い始めたと思われます。
リンカートキャブはフロート・フローバルブ不良でガソリンが止まらなくなっています。





1975XLH1000


a0248662_2085971.jpg

a0248662_2015504.jpg

O山さんのアイアンスポーツはリム組み振れとり。
振れは1mm以内に。





1968XLCH900

a0248662_20102963.jpg

a0248662_20105063.jpg

O仲君のアイアンスポーツ。
試乗・セッティング中にヘッドとシリンダー間から2次エアを吸っている事が発覚。
ヘッドをバラシ面研し直し、また組み立てました。





1971BSA A65

a0248662_20114584.jpg
a0248662_2012043.jpg

T本さんのBSAは引き続き塗装作業。
随分テゥルテゥルになりました。





1979FLH1340

a0248662_20123915.jpg
a0248662_20162636.jpg

ショベルヘッドの福田さんは配線作業。
自ら配線図を書き勉強中。
で最後にはT本氏が講師となり電気の講義となりました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-23 20:50 | その他 | Comments(0)
2014年 03月 22日

マグネトー修理

車体に付けたら火の飛びが悪くなるとの事で修理依頼のマグネトーです。
各部チェックし、オーバーホール。

a0248662_120121.jpg

a0248662_1202568.jpg

まず分解し各部清掃・チェック。
ベアリング・ベアリングとボディーとの嵌めあいなどは良好。(ボディーとベアリングの嵌め合いにガタがあるとキツイ)コイルの抵抗値も問題無し。

a0248662_1204474.jpg

アッパーベアリングサポートにクラックが・・・。

a0248662_1212417.jpg

ベアリングサポートボルトの雌ねじがナメています。

a0248662_1214477.jpg

a0248662_1215321.jpg

ローターはタコメーターギア部分がやられています。
ここが駄目になっているものが多いです。
在庫していたローターに交換。
このアイアン用のローター、ジョーハントの新品が295ドルもします。非常に高いです。

a0248662_1234962.jpg
a0248662_124092.jpg
a0248662_124826.jpg

ナメてしまっていたベアリングサポートボルトのねじ山をヘリサート加工。
ネジサイズNO.8-32山UNC

a0248662_1241926.jpg

ベアリングサポートは新品に交換。

a0248662_1243289.jpg
a0248662_124428.jpg

組み立て火花チェック。
随分強い火花になりました。







前半は電動ドリル、後半は手で回したものです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-22 01:47 | その他 | Comments(0)
2014年 03月 20日

1967XLH900 再会

部分修理で入学のアイアンスポーツ。
実はこの車両、以前私が乗っており泣く泣く手放した車両です、それが回り回って4年ぶりの再会です。
オーナーのK松さんが自らメンテナンスをしながら乗っていて、調子は悪くないのですが気になる部分が何点かあり入学です。「自分の下駄は自分で直す」素晴らしいです。

授業開始前に試乗。
懐かしいフィーリングと共に「おまえはあれから成長したか?」と問われてる気がしました。

a0248662_1325332.jpg
a0248662_1351144.jpg
a0248662_1352430.jpg
a0248662_1353480.jpg

キックオンリーからエレクトリックスタート化。
スターターモーター、スターターユニットを分解・清掃・チェック。

a0248662_1355527.jpg
a0248662_1363551.jpg
a0248662_137406.jpg
a0248662_1374968.jpg

オーナーが気になっていた油圧問題、オイルポンプをチェックします。
エンジンマウントボルトを抜き、ジャッキでエンジンを持ち上げオイルポンプを取り外します。
残念ながらオイルポンプボディー・戻り側の内壁にはレコード盤のような傷が・・・。コイツは交換です。




Norton Big 4


a0248662_139392.jpg

E本氏が車検整備で預かっているノートンサイドバルブ。
600ccあるシングルサイドバルブエンジンはトルクフルでモリモリと回転を上げる。
OHVのような伸びはないものの丈夫そうで扱い易く、思いのほか良いです。
サイドバルブエンジンが益益良く思えます。

by sgf1906 | 2014-03-20 03:54 | 1967XLH900 | Comments(0)
2014年 03月 18日

1936EL1000 ロッカーアームスラスト

今日はW辺さんのナックルヘッド、ロッカーアームスラスト。

a0248662_1155110.jpg

ナックルのロッカーシャフトはプッシュロッド側はロッカーカバーにマウントされ、バルブ側はヘッドにマウントされます。ロッカーカバーはヘッドの3本の支柱にマウントされます。

a0248662_116481.jpg

ロッカーアームのスラストはロッカーアームスラストワッシャー(段付きになっている)の凸の量で決まります。

a0248662_1165319.jpg
a0248662_1171178.jpg

ロッカーカバーの位置はロッカーアームシャフトとスラストワッシャーの距離で決まります。
スラストワッシャーの凸の距離でスラスト量はでるので、ロッカーアームシャフトナットを締めすぎによりロッカーアームの動きが渋くなるということはありません。

a0248662_1174622.jpg
a0248662_1175684.jpg

ロッカーカバーをとめるヘッド側のマウント部分は折れて溶接で直しているものが多いようです。
3点の面と位置がでていることを確認します。

a0248662_1183952.jpg

ロッカーアームシールを入れる前に仮組みしてスラスト量を確認。
マニュアルの規定スラスト量は0.177mm~0.4mm

a0248662_1192331.jpg

R、インテーク側が少々小さかったので、専用生爪を製作し旋盤でスラストワッシャーを加工。
スラスト量を0.2mm~0.4mmの間に収めました。

a0248662_11111675.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-18 12:03 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 03月 17日

授業風景

今日は土・日の授業風景です。

a0248662_23105671.jpg
a0248662_23113682.jpg




1955FL1200

a0248662_23114672.jpg
a0248662_2312555.jpg

H本さんのパンヘッド、2次エア問題は解消しましたが最近買ったばかりのバッテリーが放電して終了。
放電の原因を探らなければなりません。・・・少々たそがれる。





1978FXS1200

a0248662_23122672.jpg
a0248662_23123776.jpg

卒業生N村さんのショベルヘッド。
冷間時の始動性がが悪との事でSUキャブをチェック。
どうもティクラーが利いていない・・・。フロート内に圧をかけてベンチュリー内にガソリンを供給する仕組みのティクラーなのですが、チョークバルブのネジが緩み、フロート内の圧が逃げていたようです。
チョークバルブを組み直し事無きを得ます。





1979FLH1340

a0248662_23143362.jpg
a0248662_23145581.jpg
a0248662_2315746.jpg

F田さんのショベルヘッドはリアブレーキ回りの調整。
ブレーキドラムとブレーキパネルが擦ってしまっていたので修正し、油圧ドラムブレーキシュー位置出し。
マスターシリンダーもシール交換。





1971BSA A65

a0248662_2316563.jpg

BSAのT本さんは車体回りのの塗装作業。
剥離、塗り、磨ぎの地道な作業が続きます。





1975XLH1000

a0248662_23163427.jpg
a0248662_23164486.jpg

アイアンスポーツのO山さんは車体の分解作業。




1968XLCH900

a0248662_23173592.jpg
a0248662_23174554.jpg

O仲君のアイアンスポーツ。
進角コントロールをしやすい様ハンドルに英車用進角レバーを取り付け。
加速ポンプ無しのティロットソンキャブはエンジン始動時のガソリン量調整が難しい為、ベンディックスキャブへコンバートし車検準備です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-17 00:20 | その他 | Comments(0)