Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 15日

ケイヒンバタフライキャブレーター(加速ポンプ)

今日は修理依頼のT口さんのアイアンスポーツのキャブ交換です。
交換するキャブレーターはケイヒンバタフライ。もちろん新品は無いので、中古品を購入しオーバーホール。

a0248662_2314135.jpg

まず全バラし清掃。

a0248662_2321017.jpg

割れてしまっていたインレットフィッティングは交換。
純正のプラスティックのものは良く割れています。

a0248662_232232.jpg

アイドルトランスファーポート上のメクラ蓋部分にロックタイトを塗り2次エア予防。

a0248662_2324026.jpg

フロートレベル調整。
フランジ表面から16mm程度。

a0248662_2325620.jpg
a0248662_2331148.jpg

スロットルケーブルが付いていなかったので製作。

a0248662_2334819.jpg

スロットルストップスクリューも製作。

a0248662_2341825.jpg

スロットルケーブルも長さを調整し直し、取り付け。
しかしながら加速ポンプからガソリンが噴射しない。

a0248662_2344274.jpg

加速ポンプノズルを抜き取る。

a0248662_235174.jpg
a0248662_2351022.jpg

原因はコイツ。
加速ポンプのチェックバルブが固着していました。

a0248662_2355668.jpg

a0248662_2422848.jpg

フロートボウルの底にある小さな穴から、加速ポンプハウジング内にガソリンが供給されます。
ダイヤフラムが押されると圧力で加速ポンプノズルからガソリンが噴射されるわけですが、その時フロートボウル内に逆流しようとするガソリンをチェックバルブが止めるわけです。

固着していない場合フロートボウルを振るとカラカラと音がします。

a0248662_2363412.jpg

点火時期も少々早かったので調整し直し、エンジン始動。
キャブセッッティングしがてら試乗でも・・・などと考えていたのですがまたもや大雪。
狭い作業場ではバイクを出さなきゃ作業が出来ない・・・という事でワタクシのVLDは雪に埋もれています。







業務連絡
明日も店を開けちまちまと作業をしていますが、生徒の皆様は無理をせずに。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-15 03:26 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 13日

アイアンスポーツ フロントフォークブッシュ

今日は修理依頼のアイアンのフロントフォークブッシュ交換のお話。
67年以前のフロントフォークです。

a0248662_1132540.jpg
a0248662_1134518.jpg

まずは分解。
この年式のものは、ピストンロッドがダンパー内のピストンを押し油圧をかけるタイプ。

a0248662_1141387.jpg

中は錆が酷い。
上下のブッシュでインナーチューブを受けているこのフォークは、下側のブッシュを取るのが大変です。
アウタチューブのトップから170mm以上も距離があります。
この錆はブッシュを抜く際非常に邪魔なので予め、ワイヤーブラシで錆をとります。

a0248662_1142934.jpg

自家製専用工具でブッシュを抜きます。
お客様に聞かせたくないような音を立てながらブッシュが抜けていきます。

a0248662_1144122.jpg
a0248662_114534.jpg

完全に錆を取る為、アウターチューブ内をホーニング。

a0248662_1151033.jpg

で、それぞれ計測。

a0248662_1152256.jpg
a0248662_1153138.jpg

ブッシュとアウターチューブの嵌め代は0.05mmで良好。
しかしながらブッシュの内径はインナーチューブに対し0.1mm小さい。

a0248662_1181351.jpg
a0248662_1182424.jpg

嵌め代分ブッシュの内径が縮む分とクリアランスを計算に入れ、専用生爪にブッシュを銜え内径拡大。

a0248662_1184560.jpg

a0248662_1191089.jpg

上下ブッシュを圧入。

a0248662_1192861.jpg

圧入後、中古インナーチューブを使い少々ラッピング。

a0248662_1193731.jpg

ラッピング後徹底清掃しこんな感じになりました。



ガタが無くヌターリと動きます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-13 01:51 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 12日

1979FLH1340 プライマリー回り

今日はF田さんのショベルヘッド・プライマリー回りの作業です。

a0248662_1004361.jpg

まずはクラッチハブを規定トルクで締め付け。

a0248662_1012967.jpg

クラッチハブとシェルにはガタが多かったので、ビッグフィックスローラーに交換。
ガタはなくなりました。

a0248662_1021652.jpg

a0248662_1025943.jpg

ラムジェットリテーナーを付けます。
コイツはクラッチを切ったときにせり出てくるクラッチシェルのストッパー的役割をします。

クラッチシェルはクラッチハブベアリングを介してクラッチハブ上でフリーに回っています。
カラッチハブとシェルのガタが多くなると、クラッチを切ったときにシェルが外にせり出て、クラッチの切れが悪くなったり、ジャダーの原因になります。

ラムジェットリテーナーの面研、スラスト量を調整し取り付け。

a0248662_1034450.jpg
a0248662_1035354.jpg

スチールプレート、フリクッションプレートを取り付け、クラッチスプリング取り付け長調整。

a0248662_1041842.jpg

コチラはエンジンスプロケット側。
ステーターコイルを取り付け、ローターと側面が接っていないかチェック。


a0248662_1042716.jpg
a0248662_1045483.jpg

エンジン側のプーリー内側にカラーを入れベルトのライン調整。

a0248662_1051978.jpg

エンジンスプロケットナットを規定トルクで締め付け。

a0248662_1062873.jpg

と言う訳でプライマリー回り完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-12 10:49 | 1979FLH1340 | Comments(0)
2014年 02月 11日

1936EL1000 オイルポンプ2

今日はW辺さんのナックルヘッド・オイルポンプのお話の続きです。
Wさん所有の30年代のオイルポンプ、なんやかんやチェック。コイツは良品です。

a0248662_0404271.jpg
a0248662_040582.jpg

30年代のオイルポンプはオイルポンプカバーはガバナーローターが付かない蓋のタイプ。
40年代になり低中速のオイル量を調整するローターガバナーが付けたことを考えると、ヘッド周りのオイルコントロールに苦労したのでしょう。

a0248662_044952.jpg

ギアの厚みもチェック。
フィード・スカベンジャー共にメイン側とアイドラー側のギアに差が無く問題なし。
フィード      6.35mm
スカベンジャー 12.71mm

a0248662_0441943.jpg

ボディー内壁も傷が無く良い。
傷が付いてるものは殆ど、スカベンジャー側についています。

まずギアとボディー面の隙間もチェックし問題なし。
という訳でポンプを組みます。

a0248662_0444711.jpg

厚み0.15mmガスケットを制作し取り付け。
マウントスクリューを均等に10N.m程度で締め付け。

a0248662_045098.jpg

オイルポンプギアの回りっぷりをチェック。
ヌルリと軽い抵抗を感じつつも、引っ掛かりや渋み無く良い感じです。

a0248662_0475398.jpg

a0248662_048318.jpg

オイルを入れクランキングし、オイルポンプ作動チェック。
ビッグエンド、ヘッドオイルライン、リターン共にちゃんとオイルが行っています。

a0248662_130143.jpg

これでオイルポンプはO.K
40年代のオイルポンプも今後、加工し使えるように直す予定です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-11 01:28 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 02月 09日

大雪

13年ぶり、23年ぶり、40年ぶりと時間がたつごとに〝ぶり”が増えていく関東の大雪。
40年ぶりってことは私の人生の中で一番積もったってことか・・・。


a0248662_914033.jpg

a0248662_9141713.jpg

バイクを外に出せないので狭いスペースで修理依頼を受けたアイアンスポーツのフロントフォーク分解。

a0248662_915882.jpg

a0248662_9154068.jpg

a0248662_9163766.jpg

a0248662_9151930.jpg
a0248662_917669.jpg

分解・清掃後、ブッシュを抜き取り、計測。
こんな日に誰も来ないだろうと一人でちまちまと作業をしていると・・・。
さすがです。ベロセットのヘッド作業をやりにE本し登場。

a0248662_917339.jpg
a0248662_9175325.jpg

このベロセット(MOV)は5年前にオーバーホールした思い出深いもの。
約10000Km走って、EXガイドはガタガタ。鋳鉄ガイドの素材が悪いのか、ロッカーとバルブの押し角度が悪いのか?
EXガイド交換しIN.EX共にシートカット擦り合わせ。


今日はレストアスクールお休みです。
この後雪かきをしなければ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-09 09:49 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 08日

SST

今日は生徒さんが来ない金曜日、こんなときじゃないと出来ないことをやってしまおう。
って事で工具作り。

a0248662_4212798.jpg
a0248662_4213839.jpg
a0248662_421474.jpg

コチラは自家製XLフロントフォークブッシュプーラー。
以前作ったヤツはネジ径が細く、ネジが曲がってしまった為、改良版制作。

a0248662_422734.jpg
a0248662_4221773.jpg

コチラはBSA用、バルブガイド圧入工具。
BSAの特殊工具はこれから、なんやかんやと作らなきゃいけないでしょうな。

by sgf1906 | 2014-02-08 04:33 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 07日

1939EL1000 オイルポンプ

今日はW辺さんのナックルヘッド・オイルポンプのお話。
W辺さんのナックルヘッドは腰下は40年代のもの、オイルポンプも40年代のガバナーローター(遠心分離バルブ)が付いているものです。これもまた一筋縄ではいかない。

a0248662_1032714.jpg

a0248662_10325131.jpg

まずギアとボディー面の隙間をチェック。
通常ボディー面とギア側面は面一から少々ギア側面が高いです。(0.05mm程度)
ボディー面よりギア側面の高さが下回っていると油圧が逃げる原因になります。

a0248662_10333579.jpg
a0248662_10335094.jpg

フィード側は問題なかったのですが、リターン側・アイドラーギアが低い。
計測してみると、メインギアは12.72mmに対しアイドラーギアは12.63mmと約0.1mm低い・・・。
このギアは使わないほうがよいな・・・。

a0248662_10342870.jpg
a0248662_10343819.jpg

で、W辺さんが所有したいたストックパーツのリターン側・アイドラーギアをチェック。
ギアの厚みは12.72mmで良いのですが、ガバナーローターのギア溝が無い。
つまりこのギアは30年代のガバナーローターが付かないタイプのオイルポンプのものと思われます。

a0248662_1035947.jpg

もう1つの問題。
御多分に洩れずオイルポンプボディーの内壁に傷が・・・。
コイツも油圧逃げの原因になります。

a0248662_11544334.jpg

という訳でW辺コレクション登場。
4個中傷が付いていないものは1つだけ。

a0248662_10353026.jpg

しかしながら傷が付いていないボディーも問題があり、アイドラーギアシャフトが手スポ・・・。
ボディー側のアイドラーギアシャフトホールが大きくなっています。

問題解消法として、ボディー圧入部分が段付きオーバーサイズのアイドラーギアシャフト制作・焼入れ。
状態が良かったリターン側・アイドラーギアを溝加工。
などなど考えていると、「30年代のオイルポンプアッセンブリーがあります。」とW辺氏。神の一声。

30年代のオイルポンプを試してみることに・・・・続く。


a0248662_10362857.jpg


by sgf1906 | 2014-02-07 12:05 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 02月 05日

1965XLCH900 プライマリー回り

今日はF井さんのアイアンスポーツ、プライマリー回りに組み立て。

a0248662_9384241.jpg

まずはトランスファーバルブ(ワンウェイバルブ)
このバルブはプライマリー・ミッション内の内圧をクランクケース側に逃がす役割をしています。
しかしながらこのバルブが壊れてしまうとクランクケース内のオイルがプライマリー側にいってしまいます。

a0248662_939478.jpg
a0248662_9395917.jpg
a0248662_940815.jpg

トランスファーボルトを使うのをやめ、栓ボルトをつくり塞いでしまいます。

a0248662_959157.jpg

プライマリー・ミッションのブリーザーは高年式のものと同じように、ブリーザーボルトをつくり、ミッションケースの上側につけました。

a0248662_9402976.jpg

コチラはエンジンスプロケットベアリングシール。
76年までのモデルはベアリングスペーサー内にオイルシールが入り、サークリップで止めます。

a0248662_9404616.jpg

まずはベアリングスペーサーをSSTで圧入。

a0248662_941299.jpg

サークリップの溝はカシメられ溝は幅は狭くなってしまっています・・・・。

a0248662_9411945.jpg

a0248662_9414081.jpg

しこしこと、サークリップを面研し取り付け。

a0248662_9415394.jpg

チェーンアジャスターライニングも交換。

a0248662_942203.jpg

エンジンスプロケット、クラッチスプロケット、クラッチハブ、プライマリーチェーンを取り付け、クラッチハブを規定トルクで締め付け。

なんやかんやと問題が多かったこの車両も、やっとここまで来たか・・・。と思いにふけっていましたが、この後まだまだ問題点が・・・。自分自身の問題点も含めまだまだネタは尽きません。
またその話は次回に。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-05 10:24 | 1965XLCH900 | Comments(0)
2014年 02月 04日

1939EL1000 ジェネレーター

今日はW辺さんのナックルヘッド、ダイナモのお話。
この車両は6Vの3ブラシのものから12Vの2ブラシのものに交換済みでありました。
という訳でアイアンのダイナモとやることは同じ。

a0248662_1032958.jpg
a0248662_1034346.jpg

分解・清掃して、フィールドコイルの抵抗チェック。アーマチュアコイルの通電チェックし、問題なし。

a0248662_1035326.jpg

エンドカバー、エンドプレートのベアリング・シール交換。

a0248662_103536.jpg

エンドプレートにアーマチュアコイルを圧入。
コミュテーターは研磨、セグメント溝のカーボンは取ってあります。

a0248662_104596.jpg

ブラシ、エンドカバーを付け、アーマチュアコイルの回りっぷりをチェック。
アーマチュアコイルが干渉することなく、良い回りっぷり。

a0248662_1042514.jpg

ダイナモボディーにバッテリープラス、F端子にバッテリーマイナスを付け、電流を流しモータリングチェック。

a0248662_1043322.jpg

最後にアーチュアコイルを正回転に回し、電流がプラスの方向にでていればO.K。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。






Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-04 10:26 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 02月 03日

授業風景

a0248662_8405363.jpg






PANHEAD

a0248662_8412447.jpg
a0248662_8415345.jpg

エンジンのかかりが悪いと持ち込まれた、H本さんのパンヘッド。
インマニ部分に液体がガスケットを塗り、ポイントチェック、プラグを新品に変え、エンジン始動。
あっけなくエンジンかかる。
イヤーメカノイズ無く良いエンジンです。





1979FLH1340

a0248662_84276.jpg

F田さんのショベルヘッドはクラッチ回りの作業。

a0248662_8425979.jpg
a0248662_8431393.jpg

クラッチハブとクラッチシェルにガタがあったのでビッグローラーを組み、ラムチェットリテーナーを入れます。

a0248662_8432241.jpg
a0248662_8433049.jpg

フリクション、スチールプレートを組み、クラッチスプリングの取り付け長をあわせ、クラッチ組み付け作業終わり。





1965XLCH900

a0248662_844784.jpg
a0248662_8442696.jpg
a0248662_8444624.jpg
a0248662_8445966.jpg

F井さんのアイアンスポーツもクラッチの組み付け作業。
フリクッション、スチールプレートを組みクラッチスプリング取り付け長をあわせ、クラッチケーブルを付け、クラッチの開きっぷり、切れっぷりをチェック。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-03 09:03 | その他 | Comments(0)