<   2014年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

1968XLCH900 カムタイミング

O仲君のアイアンスポーツ。
フォークオイルも入れ卒業間近。
しかしながら前回エンジンがかかったものの、始動性が悪い。
点火時期をしっかり合わせ、ベンディックス・ティロットソン・ケイヒンと3種類のキャブで試しても症状が変わらず・・・。

こういうときは1つづつ怪しいところをチェックします。
という訳でカムタイミングをチェック。

a0248662_9255491.jpg
a0248662_92654.jpg

まずはタペットクリアランスをランニングクリアランスからチェッキングクリアランスにします。
カムタイミングを確認するときは、タペットクリアランスをチェック用の数値にして、それぞれバルブの開き始めと閉じきるところのクランクの位置を見ます。

a0248662_9261526.jpg

アイアンスポーツPカムのカムタイミングは

インテーク   OPEN 上死点前 35度
          CLOSE 下死点後 45度
エキゾースト OPEN  下死点前 45度  
         CLOSE  上死点後 30度

実測値もほぼ変わらず、問題なし。
この後はマグネトーを改めてチェックします。





a0248662_9263142.jpg
a0248662_9264178.jpg

こちらは、夜の部の様子。
H氏のXSはこの数時間前に不幸があったようです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-28 10:00 | 1968XLCH900 | Comments(0)
2014年 02月 26日

授業風景

1939EL1000

a0248662_8403471.jpg
a0248662_8404754.jpg
a0248662_8405936.jpg
a0248662_8411210.jpg

W辺さんのナックルヘッド。
オーナーが以前から所有していた、スリーブ加工・ボーリング&WPC処理しているピストン・シリンダーを使います。それぞれ計測。
ヘッドは面研作業。ナックルのヘッドはエキゾースト、インテークのポート部分がヘッド面より出ているため、定盤を使って面研が出来ません。光明丹を塗り当り面を確認しつつ、オイルストーンでシコシコと。





1968XLCH900

a0248662_8414533.jpg
a0248662_8415966.jpg
a0248662_842127.jpg
a0248662_842201.jpg

アイアンスポーツのO仲君は引き続きマグネトーの進角をコントロール出来る様になんやかんや製作中。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-26 09:07 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 24日

授業風景


1971BSA650

a0248662_852482.jpg
a0248662_852153.jpg
a0248662_8524239.jpg
a0248662_853145.jpg
a0248662_8535624.jpg

T本さんのBSA。
元々のクランクはビッグエンドジャーナル減りすぎ、ドライブ側のクランクシャフトベアリング受け部分が手スポ・・・。という事で、NOSクランク入手。
それぞれ計測、もちろん問題なし。




1979FLH1200

a0248662_8543314.jpg
a0248662_8544435.jpg
a0248662_8552266.jpg
a0248662_8555670.jpg
a0248662_8561089.jpg

F田さんのショベルヘッド。
ケイヒンバタフライキャブのオーバーホールです。
キャブクリーナーで清掃後、フロートレベル調整、中速ポート上部メクラ蓋にロックタイトを塗り2次エア防止、
バタフライバルブの位置合わせ、シール類を交換し取り付け。





1968XLCH900

a0248662_8563627.jpg
a0248662_8584497.jpg

O仲君のアイアンヘッド。
ワイヤーマウント製作し、マグネトー進角コントロールパーツを取り付け。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-24 09:13 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 23日

1975XLH1000 #2カムブッシュ

仕事の関係で休学中だったアイアンスポーツのO山さん、今日から復活。
復活初日からメンドクサイ、#2カムブッシュの加工作業です。

a0248662_8285830.jpg
a0248662_8292638.jpg

使うブッシュは純正NOS。
圧入前の内径はカムシャフト外径+0.05mmでよい感じ。

#2カムはピニオンギア、#1カムギア、#3カムギアと連動するため、#2ブッシュの芯がずれると他のギアと接ってしまし動きが悪くなります。おまけに摺動距離が多いので大変です。

a0248662_8294050.jpg

ブッシュ外径はタイミングケースホールに対し+0.1mm。つまり嵌め白が0.1mmってことになります。これでは大きい・・・。。

a0248662_8302674.jpg
a0248662_830364.jpg

旋盤に銜えブッシュ外径を研磨し嵌め代0.05mm程度に。

a0248662_8305994.jpg
a0248662_831832.jpg

ダウエルピン、オイル穴を開ける。

a0248662_8315813.jpg

タイミングケースを良く暖め、ブッシュ圧入。
嵌め代分ブッシュ内径は縮みます。

a0248662_8321595.jpg
a0248662_8322327.jpg

タイミングカバー、クランクケースを付けた状態で、ラップロッドを使って擦り合わせ。

a0248662_8325153.jpg

ホーニングしてクリアランス0.02㎜。

a0248662_833953.jpg

4つのカム、ピニオンシャフトを付け、タイミングカバー・クランクケースを合わせピニオンシャフトを回します。
少々渋い部分があるので、磨き粉を使いラッピング。

ピニオンシャフトを手で回し4つのカムがスルスルと回るようになりました。
この時点で#2ブッシュのクリアランスは0.02mm~0.03mm。#2ブッシュをここまで詰めるのは大変です。とはいえアイアンの面倒な部分一個終わりました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-23 09:14 | 1975XLH1000 | Comments(1)
2014年 02月 22日

1939EL1000 プライマリー回り組み立て

a0248662_163234.jpg

ナックルヘッドのH辺さんは山梨県から通学中。
H辺さんの地元では先日の大雪で140cm以上積もったようです。。。
そんな中、東京・足立区までバイクいじりにやってきます。やる気の塊です。
という訳で今日はプライマリー回りの組み立て。

a0248662_164270.jpg

a0248662_17632.jpg

クラッチハブはスタッドが終了していたので、ハブごと交換。
ベアリングは7/32”のボールベアリング(55年以前)のものからローラーベアリングに交換。

a0248662_1122735.jpg

クラッチハブナットを規定トルクで締め付け。クラッチハブナットは逆ネジです。

a0248662_1224683.jpg

クラッチシェル、プライマリーベルト、エンジンプーリーを取り付け、エンジンスプロケットナットを締め付け。

a0248662_11351.jpg

a0248662_1131930.jpg

クラッチ組み付け。
スチールプレート、フリクッションプレートを交互に組み付け、リリーシングプレート組み付け。
クラッチスプリング取り付け長調整。リリーシングプレートとプレッシャープレートの距離で26mm程度。

a0248662_113481.jpg

ベルトの張りを調整しプライマリー回り完成。





コチラは夜の部、O仲君のアイアンスポーツ
マグネトー点火時期固定のタイプから進角コントロール出来る様に試案中。

a0248662_1144744.jpg
a0248662_1145667.jpg

64年まで使われていたアダプタープレート。点火時期固定タイプ。
この車両にはコイツが付いていました。

a0248662_115436.jpg

65年以降に使われていたアダプタープレート。進角コントロールできるタイプです。
コイツを使って進角コントロール出来る様にするのですが、この車両のハンドルは進角グリップが付かないもの。そこが問題です。

a0248662_1151683.jpg
a0248662_1153219.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-22 02:01 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 02月 20日

試乗な一日


1971 XLH 1000

a0248662_2444248.jpg
a0248662_244539.jpg

修理依頼のアイアンスポーツ。
キャブレーター交換、ブレーキ修理、タペット調整、点火時期調整、スラッジが溜まっていたオイルタンクも清掃して、試乗です。
一回目の試乗では回転を上げていくとアフターファイヤーが・・・失火しています。
サーキットブレーカーを見てみるとポイント接点部で火花が(アーク放電)。コイツはコンデンサー不良の症状。
コンデンサーを交換し、気を取り直し、キャブセッティングしつつ試乗。
以前つけていたベンディックスの暴力的な加速感は無くなったものの、さすがはケイヒン、低速も安定し扱いやすいです。





1955 FL 1200

a0248662_245988.jpg

H本さんのパンヘッドも車検前の試乗。
こいつは何の問題も無し。静かで滑らかなエンジンです。




1939 VELOCETTE MOV

a0248662_2451914.jpg

コチラはE本氏が修理したベロセット。
以前乗ったときよりも低速トルクが増し、出だしのクラッチミートに気を使っていたイメージが無くなり凄く乗りやすくなった印象。
そのトルクはドコドコというよりスルスルといったもの。そこから進角を進めていくとゴーッと回転が上がっていく。やっぱり良いなベロセット。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-20 03:55 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 19日

1968XLCH900 エンジン始動

なんやかんやあったO仲君のアイアンスポーツも遂にエンジン始動です。

a0248662_11311687.jpg
a0248662_11313466.jpg

まず鬼の100連発キックでエンジンにオイルを流します。

a0248662_11314761.jpg

まずここで一つ問題。
マグネトーの火花が飛ばない。以前確認したときは問題なかったのですが・・・。
原因はコンタクトターミナルの絶縁不良。コイツは絶縁し直し解消。

しかしながらエンジンのかかりが悪い。
悪名高きティロットソンキャブからベンディックスに交換してみても状況は変わらず・・・。

点火タイミングに問題ありと判断し、点火時期を見直すことに。
点火時期固定タイプのマグネトーマウントアダプタープレートを進角コントロール出来る様に加工したのがアダとなったのかも・・・。

a0248662_11323944.jpg
a0248662_11325276.jpg
a0248662_11331852.jpg

という訳で点火時期調整。
この年代のアイアンはフル進角度数はピストン圧縮上死点前45度。クランクがこの位置の時にブレーカーポイント接点が開き始めるところにします。
フロント・リアシリンダー共にあわせて見ます。

a0248662_11332965.jpg

フロント・リアでこれぐらいのズレが。ズレの中心で位置決め。
再びキック! 無事エンジン始動。
次回、ティロットソンキャブで挑戦です。

a0248662_11335195.jpg


by sgf1906 | 2014-02-19 12:07 | 1968XLCH900 | Comments(1)
2014年 02月 18日

1968XLCH900 マグネトー

今日はO仲君のアイアンスポーツ・マグネトーのお話。

a0248662_919479.jpg
a0248662_919567.jpg
a0248662_920981.jpg

まずは簡単な仕組み。
マグネトーローターが回転することにより発生した電流はマグネトーボディーの積層板(電磁鋼板)からコイルの1次がコイルに流れます。
コンタクトポイントが離れることにより1次コイルに流れていた電流が2次コイルに流れ、プラグに火花を飛ばします。

a0248662_9211780.jpg
a0248662_9212633.jpg

アッパーブラケットのベアリング交換。

a0248662_9214415.jpg

ボディー側のベアリングも交換。
この二つのベアリングでマグネトーローターは支持されます。
ローターの芯が出て、ボディー内壁(積層板)と均等な隙間があることでちゃんと発電するので、ここのベアリングがガタがあってはなりません。

a0248662_9224570.jpg

ローターの磁力は問題なし。

a0248662_9225690.jpg

こちらがボディーの積層板。ケイ素鋼板というものらしいです。
コイツが発生した電流を一方方向に流す役割をしています。

a0248662_924318.jpg

コイルは1次抵抗 0.5Ω
      2次抵抗 12.7KΩで問題なし。
 
a0248662_923297.jpg

コチラはドライブハウジングのブッシュ。
ローターのシャフト側が減ってしまっていてガタガタ。
ブッシュ単品製作。

a0248662_9234175.jpg



只今、このマグネトーを付けたXLCHのO仲君は横でティロットソンキャブレーと格闘中。

a0248662_11235057.jpg


by sgf1906 | 2014-02-18 11:24 | 1968XLCH900 | Comments(0)
2014年 02月 17日

授業風景


1968XLCH900

a0248662_23255463.jpg
a0248662_2326795.jpg
a0248662_23262715.jpg
a0248662_23264320.jpg

O仲君のアイアンスポーツ。
ebayで購入したクラッチカバーを付けるもクラッチハブスタッドが干渉。
ハブスタッドを短くし、クラッチカバーを付けるも今度はクラッチカバーとプライマリーカバーが干渉してしまう。
厚みのある耐油コルクガスケットでプライマリカバーガスケットを製作し干渉を解消。




1979FLH1340

a0248662_23273412.jpg
a0248662_23275475.jpg
a0248662_2328863.jpg
a0248662_2329717.jpg
a0248662_2329466.jpg

F田さんのショベルへッドはプッシュロッド、オイルライン、キャブインマニ取り付け。
79年式はearly・lateモデルでプッシュロッドのシールがコルクとOリング2種類あります。
コイツはearlyモデルのコルクシール。




1971 BSA A65

a0248662_23304717.jpg
a0248662_23315457.jpg
a0248662_23322768.jpg
a0248662_23325289.jpg
a0248662_2333696.jpg

BSAのT本さんはテレ屋さんで顔出しNG?
コンロッドはNOSものを購入。こいつを磨いた後にヘッド回りの計測作業。
シリンダーヘッドのバルブガイドホールは楕円無く良好。
ロッカー回りはスピンドルは良いものの、ロッカーアームは楕円に穴が広がっていて0.1mmのガタ。ロッカーアームは交換です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-17 00:06 | その他 | Comments(0)
2014年 02月 16日

1977XLCR1000 配線作業

まさかの2週連続の大雪。
狭い作業場ではバイクを出さなければ作業は出来ません・・・・。
という訳で午前中はひたすら雪かき。さすがにガレージ2軒分は腰にキツイ。

a0248662_040158.jpg

a0248662_0403129.jpg

a0248662_0333276.jpg

コチラはXLCRのシートカウル。
配線引き直し。

a0248662_0334378.jpg

取れかかっていたシートスナップ(ボタン)を付け直します。
コイツはFRPのシートカウルにリベット留め・・・恐ろしい。

a0248662_0335342.jpg

裏ではリベットでワイヤーハーネスクランプが共止め。恐る恐るリベットをきかしました。

a0248662_0342463.jpg

コチラはヘッドライト側にあるターミナルブロック。
XLCRは殆どの配線がヘッドライトカウル内で収まります。

a0248662_0344916.jpg
a0248662_0345879.jpg

配線図を確認しながら作業。

a0248662_036504.jpg
a0248662_0372029.jpg
a0248662_0374496.jpg
a0248662_0382394.jpg
a0248662_0384081.jpg

スターターケーブルも長さを合わせ製作。

a0248662_0392579.jpg
a0248662_0394483.jpg

遊びに来たT本君にマフラー、エキパイの錆とりをやってもらいました。
T本君有難う御座いました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-16 01:02 | 1977XLCR1000 | Comments(2)