<   2013年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 17日

1968XLCH900 カムブッシュ&カムベアリング

今日はO仲君のハーレー・アイアンスポーツのカム周りのお話。

a0248662_10474392.jpg
a0248662_10475882.jpg

カムブッシュ内径計測。#1、#3、#4カムブッシュはガタが多く交換決定。

a0248662_1048819.jpg

タップを使いブッシュを抜きます。

a0248662_10483065.jpg
a0248662_10483989.jpg

新品ブッシュには位置決めダウエルピン穴が開いていないので、抜き取ったブッシュを手本にし、冶具を使って半円柱状の穴を開けます。
#1、#3カムブッシュの傘部分はギアの“逃げ”があるので削っておきます。

a0248662_10484811.jpg

カムカバーに圧入。

a0248662_1049175.jpg
a0248662_10491036.jpg
a0248662_10492758.jpg

カムベアリングも専用工具で圧入。

a0248662_10493674.jpg

クランクケースのベアリング圧入部分の上側はベアリングにオイルが行くような形状になっています。
ベアリングは最後まで圧入します。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-17 11:16 | 1968XLCH900 | Comments(0)
2013年 07月 16日

授業風景

1939EL1000
a0248662_11482161.jpg
a0248662_11483175.jpg
a0248662_11483971.jpg

ハーレー・ナックルヘッドのw辺さん。
専用ラップロッド製作しカムブッシュラッピング。





1980FLH1340
a0248662_11484870.jpg
a0248662_1149089.jpg
a0248662_11492866.jpg

ハーレー・ショベルビッグツインのS沼さん。
クランクを仮組みしコンロッドサイドクリアランス計測。





1971FLH1200
a0248662_11494828.jpg

ハーレー・ショベルビッグツインのI籐さん。
配線作業。





1968XLCH900
a0248662_1150254.jpg

ハーレー・アイアンスポーツのO仲君。
カムサイドスラストをシム調整。





1979FLH1340
a0248662_11501176.jpg

ハーレー・ショベルビッグツインのF田さん。
腰痛クラッシュで今日は軽作業のみ。



a0248662_11502252.jpg








トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-16 12:00 | その他 | Comments(0)
2013年 07月 15日

1968XLCH900 T/Mカウンターシャフト軸受け部分加工

トランスミッションカウンターシャフト軸受け部分(ケース)にクラックが入っていたXLCH。
溶接後、アールテックエンジニアリングさんで、ベアリング受けスリーブ単品製作、圧入後ネジ止め、位置合わしボーリング加工してもらい、無事復活。
何時もながら、無茶な加工依頼でスイマセン。

a0248662_171862.jpg
a0248662_173180.jpg
a0248662_174326.jpg

a0248662_182523.jpg

久しぶりのバイクイジリでハイテンション気味のO仲君。

a0248662_175776.jpg
a0248662_18673.jpg

溶接で熱がかかってしまったメインシャフトベアリングレースを抜きます。

a0248662_18159.jpg

で計測・・・・残念ながら0.1mm程度楕円になっています。
この部分はドライブチェーンに引っ張られるので横方向に楕円になる事が多いのですが、今回は縦方向の楕円。溶接によって引っ張られてしまったのかも知れません。
ともあれ、真円拡大後オーバーサイズのレースを入れます。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-15 01:36 | 1968XLCH900 | Comments(0)
2013年 07月 14日

1979FLH1340 T/Mカウンターシャフト

今日はF田さんのショベル・ビッグツイン、T/Mカウンターシャフト組み立て。

a0248662_111046.jpg

ギア、シャフト自体は問題なし。
ベアリング、ローギア・セカンドギアのフローティングブッシュ交換、調整です。

a0248662_112523.jpg
a0248662_113467.jpg

まずはベアリング交換。
LATE76年以降からは一体式のニードルベアリング。カウンターシャフトギアに圧入。

a0248662_12479.jpg
a0248662_121572.jpg

今回問題だったのが、2ndギアのスラスト量。
スラスト量が多く0.65mmある。(マニュアル上は0.08mm~0.5mm)
0.5mm厚のシムを製作し、クリアランスを0.1mmに調整。

a0248662_123343.jpg
a0248662_125719.jpg

カウンターシャフトギアのスラスト量もシム調整し、0.15mm程度に。

a0248662_13916.jpg

という訳で本組み。
ケースを縦置きにすると組みやすいです。

a0248662_132694.jpg

カウンターシャフトナットを締めカウンター側完了。

a0248662_134242.jpg






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-14 01:20 | 1979FLH1340 | Comments(0)
2013年 07月 13日

1977XLCR スモールエンドブッシュ

今日はアイアンスポーツ・XLCRのスモールエンドブッシュ。

a0248662_3224016.jpg
a0248662_3224911.jpg

ブッシュを抜き内径計測。
楕円無く良好。

a0248662_3225911.jpg

使うスモールエンドブッシュはJIMS製のSTDサイズで外径22.75mm。
嵌め代は0.1mmと」少々大き目。

a0248662_3295039.jpg

a0248662_3301172.jpg

専用生爪に銜え内径拡大、使用するピンにギリギリ入るぐらいにします。

a0248662_3234931.jpg

コンロッド側とブッシュ側のオイル穴位置を合わし圧入。

a0248662_3284567.jpg

専用リーマーでリーミング。

a0248662_3285621.jpg

最後の仕上げでホーニングし完成。


a0248662_329549.jpg






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-13 03:40 | 1977XLCR1000 | Comments(0)
2013年 07月 11日

1980FLH1340 カムブッシュ&ベアリング

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインカム周り作業です。

a0248662_1321235.jpg

a0248662_1351674.jpg

カムは虫食いがあるので、アンドリュースJカムに交換。

a0248662_1322742.jpg

ブッシュもイースタンパーツ製のものに交換。

a0248662_136330.jpg

元々入っていたブッシュを手本にして、ダウエルピン穴、オイル穴加工をします。

a0248662_136276.jpg

a0248662_1363944.jpg

ダウエルンドリル冶具を使いドリルド加工。
穴位置を間違えると、傘が割れてしまうので、この作業は何時もドキドします。

a0248662_137370.jpg

a0248662_1401454.jpg

特製工具でブッシュ圧入、嵌め代は0.05mm。その後ダウエルピン挿入。

a0248662_1412891.jpg
a0248662_1414896.jpg

クランクケース側のニードルベアリングも特製工具で圧入。
ケースのベアリング圧入部分はオイルが来るように、上側が開いています。ベアリングは最後までしっかり圧入します。

a0248662_1423673.jpg
a0248662_1425636.jpg

カムカバーを付け、カムブッシュラインリーミング。

a0248662_1445748.jpg

最後にホーニングをしてフィニッシュ。

a0248662_2104957.jpg

a0248662_1462843.jpg

カムカバーガスケットを付けた状態でカムスラスト調整。
1.92mm厚のシムで0.05mm。

a0248662_147060.jpg








トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-11 02:13 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 07月 10日

1976FX1200 スプロケットシャフトベアリング エンドプレイ

Rテックエンジニアリングさんの加工(コンロッドビッグエンドベアリングレースラッピング、ローラー合わせ、クランク芯だし、バランスどり)が上がってきたH本さんのクランク。
早速、腰下を組んでいきます。

a0248662_4101272.jpg

テーパーベアリングをシャフトに圧入。

a0248662_4102245.jpg

クランクケースにベアリングレースを圧入。

a0248662_4104197.jpg

C型のスプロケットシャフトベアリングシムの厚みを変えてエンドプレイ(サイドクリアランス)調整します。
コイツは2.61mm

a0248662_4105281.jpg

実測値 0.03mm~0.04mm
マニュアル値 0.025mm~0.15mm

a0248662_41125.jpg

タイミング側ケース、ピニオンシャフトローラー、カムカバーを仮組みし、クランクの回りっぷりをチェック。
引っ掛かりなど無くスムーズに回ります。イヤー良い感じです。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-10 04:37 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)
2013年 07月 09日

1939EL1000 コンロッド スモールエンドブッシュ

今日はハーレー・ナックルヘッドのスモールエンドブッシュ。

a0248662_163357.jpg
a0248662_164394.jpg

0.06mm程度楕円になっていたコンロッド・スモール部分。
しかもフロントとリアで0.1mmサイズが違う(リア側が大きくなってしまっている。)
アールテックエンジニアリングさんで真円拡大してもらい、F側は22.65mm、R側は22.75m。

a0248662_16533.jpg

使うブッシュはJIMS製。F側はSTDサイズ、R側は.005”オーバーサイズのもの。
オーバーサイズにはブッシュに線が入っています。

a0248662_17298.jpg
a0248662_171247.jpg

内径が小さく作られているJIMSのブッシュ。
予め内径を拡大し、使うピストンピンにギリギリ入るぐらいにしておきます。

a0248662_174046.jpg

SST工具でブッシュ圧入。

a0248662_175170.jpg

a0248662_18222.jpg

垂直にリーマーが入るように、ボール盤を使ってある程度リーマーを通し、後はハンドリーマー。

a0248662_182027.jpg

リーマーを通した後、少々渋い分は中古ピストンピン&金属磨き粉(オートゾル)を使いラッピング。
使うピストンピンがガタ無く抵抗無く動くところまでやります。

a0248662_183343.jpg

最後にホーニングし終了。
ブッシュ軸受けはクリアランス部分にオイルフィルムがある事で軸が回ります。オイルが無いと金属同士削れていくだけです。
ブッシュ面が鏡面だとオイルで張り付きオイルの抵抗で動きが重くなります。ホーニングすることにより、細かなキズを付け、オイルフィルム確保、オイルが流れるようにしてスムーズに軸が動くようにしてやる訳です。










トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-09 01:44 | 1939EL1000 | Comments(1)
2013年 07月 08日

授業風景

1979 FLH 1340

a0248662_2484136.jpg
a0248662_2494161.jpg

F田さんのショベル・ビッグツインはトランスミッション完成。





1976 FX 1200 

a0248662_25025.jpg
a0248662_2502236.jpg

H本さんのショベル・ビッグツインはローリングシャシーに。
ホイールを仮組みしセンター位置の確認。クランクケース仮組みしマウント部分の確認。





1980 FLH 1340

a0248662_2503631.jpg
a0248662_2505562.jpg
a0248662_253337.jpg

S沼さんのショベル・ビッグツインはコンロッドベアリングレースラッピング。
ローラー選択し仮組み。





1968 XLH 900

a0248662_2535791.jpg

クランクケース加工待ちのO仲君はスプリンガーフォーク、スプリングコンプレッサー(工具)の思案・製作中。






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-08 03:18 | その他 | Comments(0)
2013年 07月 06日

1977XLCR クランク

今日はアイアンスポーツのクランクのお話。
S&S製のストローカークランクが組まれていたXLCR。
スタンダードのものに変えるため、e-bayでクランクを購入。

a0248662_1423381.jpg

このクランクは76年以前のもので、コンロッド、フライホイールは共用ですが、スプロケットシャフト、ピニオンシャフトは77年以降から変わります。つまり使うのはコンロッド、フライホイールだけ。

a0248662_1424582.jpg

という訳で早速、分解・清掃・計測。

a0248662_1432553.jpg

ビッグエンドベアリングレースは0.02mm程度楕円があるものの、1番大きいところで41.30mm。
ラッピングし真円拡大し.0006”or .0008"o.s(3サイズか4サイズオーバー)のローラーで行けるでしょう。

a0248662_1435178.jpg

スモールエンド部も酷い楕円無く、ブッシュ交換でいけます。

a0248662_1441532.jpg

クランク比較
左がスタンダード、右がS&S製ストローカー クランクピンからシャフトまでの距離が約7.4mm違います。



TOOL

a0248662_1443297.jpg
a0248662_1444134.jpg

最近、特殊工具を作りまくってます。
これで精度、作業効率が上がるはずです。




トリニティースクールでは生徒募集しています
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-06 02:07 | 1977XLCR1000 | Comments(0)