<   2013年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

零戦

課外授業で所沢航空発祥記念館でやっている零戦エンジン始動見学会へ行って来ました。
当時のエンジンで動態保存され、飛行できる唯一の零戦。

本物の迫力に体が震え、涙する者続出。必見であります。
空冷星型複列14気筒のOHVエンジン。是非とも中身を見てみたい。


a0248662_22232996.jpg

a0248662_22234391.jpg
a0248662_2224264.jpg
a0248662_22241276.jpg
a0248662_22242430.jpg







トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-31 22:26 | その他 | Comments(0)
2013年 03月 30日

貧乏暇なし

旋盤が稼動し、最近では旋盤の勉強も兼ねて専用工具作りに精を出しております。
というよりも、金銭的問題が大きいのですが・・・。

プーラーやプッシャー、ブッシュを銜えるための生爪などなど。
工具作りはそれなりに時間が掛かりますが、後々の能率UP、精度UPに繋がるはずです。

という訳で今日は箸休め的なお話でした。

a0248662_2394752.jpg
a0248662_2395752.jpg




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-30 03:05 | その他 | Comments(0)
2013年 03月 28日

1971FLH1200 プライマリー周り組み付け

今日はショベル・ビッグツインのプライマリー周りのお話。

a0248662_0154946.jpg
a0248662_016678.jpg

a0248662_0161548.jpg

まずはオルタネーター組み付け。
使うオルタネーターは32AMPの高出力タイプ。オルタネーターシムとスプロケットシャフトシムが付属されています。
ステーターとローターが干渉してしまう場合があるのでチェック。

a0248662_0183130.jpg

インナープライマリーカバーを組み付けます。
まず、エンジン側の4本のボルトを止めます。
プライマリーの内側に付くボルトはワイヤリングします。(プライマリー内で外れない為)

a0248662_0184797.jpg
a0248662_0193179.jpg

次にインナープライマリーとミッションを止めます。
この時、ミッションはまだフリーです。

a0248662_0201256.jpg

最後に5本にミッションマウントボルト&ナットを止めミッションを固定。

ミッションを先に固定してからインナープライマリーをつけると、エンジンとミッションの位置のずれから、プライマリーに変な力が掛かり、破損に繋がります。

a0248662_0225234.jpg

クラッチハブを取り付けます。
しかしながら、変な抵抗が・・・。

a0248662_0232618.jpg

a0248662_0234959.jpg

どうもクラッチハブのスタッドカシメ部分が膨れて、プライマリーに当っているようです。
(社外製の5本スタッドハブです。)
ヤスリで削り修正。

a0248662_026116.jpg

気をを取り直して、クラッチハブを取り付け。
締め付けトルク80N.mで締め付け。

a0248662_0282169.jpg

ちなみに、インナープライマリーを取り付ける前にドライブチェーンを付けておきましょう。
ドライブチェーンがダルダルになるとスターターモーターハウジング部分に当ってケースがやられるので、気をつけましょう。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-28 01:19 | 1971FLH1200 | Comments(0)
2013年 03月 27日

1971FLH1200 キックカバースタッド ネジ修正

キックカバースダッドに共止めのバッテリーマウントを付けているときの出来事。
呟くI籐氏 「ナットを締めても締めてもしまりませぬ。」
ワタシ 「あーこりゃ駄目ですな。キックカバーを外しましょう。」
I籐氏 「!?」

そうです、ケースの雌ねじ側がナメてスタッドボルトが抜けてきたのです。

a0248662_158738.jpg

綺麗にねじ山が無くなっています。
ヘリサート加工をするのですが、フレームに乗っている状態なので垂直に下穴を開けるのが大変です。
複数スタッドボルトが立っているので、穴位置がずれたり垂直が出ていないとキックカバーが入らなくなってしまいます。

a0248662_1582591.jpg

a0248662_1584463.jpg

中古キックカバーを使い、垂直ドリル冶具を製作。
5/16”-18山ヘリサートタップ下穴ドリルサイズ8.4mmの内径スリーブをキックカバーに圧入。
これで穴位置、垂直が出ます。

a0248662_159047.jpg

ヘリサートタップも垂直にねじ山を立てたスリーブを作り、垂直にタップを立てます。

a0248662_224747.jpg

コイルを入れて終了。

a0248662_222265.jpg

ピターリキックカバーが付きました。
使わないと思われたパーツも色々使い道があるものです。







今日のネガポジ

a0248662_2563935.jpg

a0248662_2565023.jpg


バラすと何かがあるのです。クラッと来るS籐君。おめでとう御座います。
詳しくはこちらまで。


トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-27 02:49 | 1971FLH1200 | Comments(0)
2013年 03月 26日

1939EL1000 シリンダーヘッド分解&計測

今日はハーレー・ナックルヘッドのシリンダーヘッド分解です。

a0248662_111975.jpg
a0248662_113085.jpg

まずブリキのロッカーカバープレートを外します。
ロッカーカバーに溜まったオイルはエンジンの負圧でロッカーアームハウジングに戻されるので、このカバーの気密性が大事なのですが・・・。

a0248662_12359.jpg

ロッカーアームハウジングスクリューを外します。
ヘッド側のロッカーアームハウジングマウント部は振動などでよくクラックが入っているそうです。この車両も直してある跡がありました。

a0248662_122756.jpg
a0248662_123775.jpg

ロッカーアームシャフトナットを外し、ロッカーアームハウジングをスライドさせるとロッカーアームが外れます。

a0248662_125690.jpg

フロント、リア、インテーク、エキゾーストそれぞれ長さが違うロッカーアームとロッカーアームシャフト。

a0248662_131653.jpg

と言う訳で計測。
ロッカーアームシャフト径13.95mm~13.955mm ロッカーム内径14.04mm~14.05mm
 
a0248662_133236.jpg

ここのクリアランスを詰めるとなると、シャフトをハードクロームなどで太らせオーバーサイズにする。もしくはロッカーアームをボーリングし、ブッシュを入れるということになります。
どっちみち大変ですね。

a0248662_1284781.jpg
a0248662_1295414.jpg

バルブを抜き、バルブ、バルブガイド内径計測。
ここは以前にやっているらしく良好。

a0248662_130859.jpg

バルブはオーナー所有のバルブを使い、バルブとガイドのクリアランス IN 0.04mm EX 0.07mm
よい感じです。


問題点の多いナックルのロッカー周り、これから色々と楽しめそうです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-26 02:39 | 1939EL1000 | Comments(0)
2013年 03月 23日

1978FXS1200 試乗

TUNEのショベル・ビックツインも遂に試乗。
初めてのショベル初めてのハーレー。ハイテンションです。





この後、プライマリーベルトの張り過ぎによるクラッチトラブルがありましたが、調整し直し解消。
(ベルト張りすぎで、クラッチを切ったときにフリーになったクラッチハウジングがベルトに引っ張られクラッチに切れが悪くなる)

長いことかかりましたが遂に卒業ですね。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-23 22:50 | その他 | Comments(1)
2013年 03月 23日

1977XLCR ロッカーアームブッシュ

今日はハーレー・アイアンスポーツのロッカーアームブッシュ交換です。

a0248662_3465489.jpg

ロッカーアームシャフトとロッカーアームブッシュのクリアランス(ガタ)を計測。
0.05mm~0.07mm 縦方向にガタありってことでブッシュ交換です。

a0248662_347874.jpg
a0248662_3472026.jpg

タップを使いブッシュを抜きます。

a0248662_3475465.jpg

使うブッシュはJIMS製・ワンピースタイプ。純正のものは割りが入っています。
このジムス製のブッシュはAMPCO45(アルミ青銅)を使っている為、持ちが良い分、切削作業が大変です。
おまけにブッシュ内径が、シャフト外径よりも0.1mm程度小さく作られています。

a0248662_34864.jpg

と言う訳で、あらかじめ内径を拡大しておきます。
ロッカーアームブッシュ用に加工した生爪にブッシュを銜え、旋盤で内径拡大。

a0248662_3482470.jpg
a0248662_3483357.jpg

ブッシュをアームに圧入。
バルブ側のブッシュはオイル穴を合わしておきます。

a0248662_3491830.jpg

専用リーマーでラインリーミング。
熱を持つとブッシュが内側に膨張しリーマーが重くなるので、切削油を差し冷やしながら切っていきます。
4本目には汗だく、体力の無さを痛感します。

リーミング後もブッシュとシャフトは少々渋い。

a0248662_350785.jpg

最後の仕上げで、ドリルロッドにバルブコンパウンドを付けラッピング。

a0248662_3501545.jpg

この後、ホーニングをしロッカーアーム完成。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-23 04:23 | 1977XLCR1000 | Comments(0)
2013年 03月 20日

1971FLH1200 スターターモーターハウジング

今日はショベル・ビッグツインのスターターハウジングのお話。

a0248662_1412599.jpg

65年~84年まで使われているこのタイプのハウジング。
見た目は同じでも年式、モデルによって微妙に違います。

a0248662_1414892.jpg

a0248662_1415973.jpg

FLモデルは二種類。
65年~E79年までは、2つのマウントボルトはプライマリーケース側にねじ山が切ったり、モーター側から止めます。

a0248662_1413846.jpg

a0248662_1421320.jpg

a0248662_1422469.jpg

L79年~82年のものはスターターハウジングの片側にねじ山が切ってあり、片側のボルトはスターターモーター側から、片方のボルトはプライマリーカバー側から止めます。
つまり、インナープライマリーも違うことになります。

おまけに73年以降のFXモデルは日立製モーターを使っているので、モーターマウント部のボルト径、位置が違います。(FLモデルはプレストロイト製)

a0248662_295857.jpg

a0248662_1423429.jpg

今回使うスターターモーターハウジング(65年~71年)にカシメられている筈のスラストワッシャーが無かったので、製作し装着。

a0248662_1425289.jpg

無事セルモーターが付きました。
この車両はプライマリーベルト、おまけにインナープライマリーはクラック&穴あき状態で使い物にならず、プライマリー周りをほぼYAHOOオークッション中古パーツかき集めで揃えた為、年式違いパーツで苦労しました。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-20 02:30 | 1971FLH1200 | Comments(0)
2013年 03月 19日

1939EL1000 分解&計測(クランク・タイミングボックス編)

分解作業中のハーレー・ナックルヘッド。
クランクを分解し、ビックエンドを計測。

a0248662_1214668.jpg
a0248662_1215982.jpg

ローラーベアリング。
フロントは3/16”×.726” リアは3/16”×.360”の2連
ローラーの直径実測値 フロント4.76mm リア 4.74mm
これはSTDサイズローラーが減ったものと思われます。(リア側は特に減っている)

a0248662_1221443.jpg

クランクピン直径は 縦方向31.70mm 横方向31.71mm

a0248662_1225668.jpg

ベアリングレース内径は フロント 41.31mm~41.33mm
                リア ドライブ側 41.29mm~41.31mm
                    タイミング側 41.30mm~41.31mm
共に縦方向に0.01mm~.0.02mm楕円になっています。

a0248662_1223563.jpg

クリアランスは フロント 約0.11mm  リア 約0.13mmとなります。
クランクピン、リア側のローラーが当る部分に虫食いが・・・
クランクピンも交換です。




カムギアボックスも計測

a0248662_1232649.jpg

カムシャフト外径計測。
カムカバー側、ケース側共に同数値で楕円無く20.59mm。

a0248662_1233922.jpg

カムシャフト軸受けブッシュはケース側、カムカバー側共に楕円、ガタがあり。要交換です。

a0248662_1235625.jpg
a0248662_124584.jpg

サーキットブレーカーギアシャフトは大分段付きになっているので交換。
アイドラーギアブッシュも交換です。

a0248662_1514250.jpg


入っていたローラーサイズなどから考えると、腰下は今まで弄られてなかったエンジンでしょう。
残念なのがクランクシャフト、クランクピンの虫食いですね。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-19 02:35 | 1939EL1000 | Comments(0)
2013年 03月 18日

授業風景


a0248662_5184346.jpg




1971FLH1200

a0248662_5195021.jpg

a0248662_521435.jpg

I籐さんのショベル・ビッグツイン。
インナープライマリー、スターターモーターハウジング、スターターモーターの年式違いに悩まされながらも、問題解決しスターターモーター取り付け。
プライマリー回り本組みです。



1976FX1200

a0248662_5222542.jpg

a0248662_5232314.jpg

H本さんのショベル・ビッグツイン。
T/Mシフター組み立て。ガタがあるとシフトタッチが気持ち悪くなるシフターシャフトブッシュも交換。



1978FXS1200

a0248662_525271.jpg
a0248662_5255931.jpg

a0248662_5263736.jpg

N村さんのショベル・ビックツイン。
イーストアーバンさんからガソリンタンクの塗装が上がり、テンションも上がり気味で試乗のための準備。
・・・しかしながら時間オーバー、試乗は次回にお預け。
イメトレはばっちりです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-03-18 06:06 | その他 | Comments(0)