Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1975XLH1000( 1 )


2017年 09月 04日

1975XLH1000 分解作業

今日は新入生Kさんのアイアンスポーツ、分解作業のお話。
分解しつつ、清掃、計測していきます。




a0248662_831393.jpg
a0248662_8311749.jpg
a0248662_8313663.jpg
a0248662_8314963.jpg

a0248662_8321066.jpg


まずはシリンダーヘッド分解。
シリンダーヘッドボルトはスタッド化されていて、抜き取り一苦労しつつ分解。
組み付け時はボルトかします。
ピストンは抱きつきを起こしています。


a0248662_8322055.jpg
a0248662_8325424.jpg
a0248662_8331185.jpg

ヘッドのカーボン除去後、バルブ周り計測。
ガイドにはガタがありましたので、ガイド交換で抜き取り。
後、計測しガイドはSTDサイズでいけます。

a0248662_8332587.jpg

ロッカーアームブッシュ・ロッカーアームシャフト計測
クリアランスは良好で、シャフトも段付き磨耗無く問題なし。





a0248662_8334341.jpg
a0248662_8335645.jpg
a0248662_834522.jpg

タイミングギア周り分解
残念ながら#3カムは虫食いがあり交換。



a0248662_834344.jpg

ニードルベアリングは全交換。
ブッシュ周りはカムブッシュは状態良いのでそのまま、ピニオンシャフトブッシュは磨耗していますので交換します。


a0248662_8344941.jpg
a0248662_835317.jpg

タペットはガイドとのガタは悪くないのですが、ローラーガタがありますので交換します。





a0248662_8352152.jpg
a0248662_8353612.jpg

トランスミッションはギア、シャフトともに問題なし。


a0248662_8355172.jpg
a0248662_836390.jpg
a0248662_8361496.jpg

ニードルベリングは全交換するとして、メインシャフト1STギアブッシュ、クラッチギアブッシュはガタがありますので交換します。
メインシャフトライトサイドのベアリングレースは磨耗少なく状態良しでそのまま使います。


a0248662_8362988.jpg
a0248662_8364028.jpg
a0248662_8365484.jpg
a0248662_837779.jpg


1STギアブッシュ抜き取り、片側ブッシュ片側ニードルベアリング軸受けの抜き取りが少々面倒なクラッチギアのブッシュ、ニードルベアリング抜き取り。







a0248662_837265.jpg
a0248662_8373891.jpg

クランク分解。
ビッグエンド部は楕円無く良好。クランクピンも段減り無く問題なし。
ローラー自体が大分減っていてガタが出ていたようです。

このあとは徹底清掃、ネジ周りの修正作業となります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-04 09:03 | 1975XLH1000 | Comments(0)