Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1958VELOCETTE VENOM( 5 )


2017年 01月 16日

1958VELOCETTE VENOM シリンダースタッドシーリング

修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
リアセクションの作業は終わり、何箇所か手直し。


a0248662_8462730.jpg
a0248662_8464037.jpg
a0248662_846572.jpg

まずは、発電していなかった電気周り。
エンジンをかけ、直接ダイナモの発電チェックし、ダイナモは問題なし。
エレクトリックレギュレーターの不良かしらということで、レギュレーター交換しても変化無く、ダイナモ周りの配線を手直しし無事復活。


a0248662_8472472.jpg

a0248662_8473860.jpg

もうひとつ手直し。
ヘッドスタッドとヘッドのスタッド穴の隙間からヘッドに溜まったオイルがスタッドを伝って漏れる問題。
オーナー様からの依頼でここも手直し。


a0248662_8482531.jpg

ロックナットになっているスタッドナットは、そのまま緩めるとスタッドも抜けてきてしまうので、スタッドをしつつナットを緩める。何回かばらされているものは、このスタッドのマイナス部分がだめになっているものが多く、回しづらい。この車両は状態良く問題なし。


a0248662_8514225.jpg
a0248662_851549.jpg

ヘッドナットワッシャーを厚めの45cハイテンションワッシャーにOリング用の段つき溝を加工し、Oリングを取り付けシーリング

a0248662_848027.jpg

トルク管理しヘッドナット締め付け。トルク値20lb-ft

a0248662_8522269.jpg

螺子修正しロッカーボックッス取り付け。

a0248662_8523843.jpg

a0248662_8525079.jpg

ロッカーカバーガスケットの厚みが変わったので改めてタペット調整。
IN0.15mm EX0.2mm


a0248662_853839.jpg

というわけで、うちでの修理作業はこれで終わり。
引渡しとなります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-16 09:23 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2017年 01月 14日

1958VELOCETTE VENOM センタースタンド

修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
ホイールの調整取り付けが終わり、まずチェーン周り。

a0248662_848479.jpg
a0248662_8485726.jpg

チェーン取り付け。
チェーン周りがタイトなベロセットはレイノルドのチェーンを使います。仮組みしチェーンライン確認。干渉なくO.K。

a0248662_849972.jpg
a0248662_8493418.jpg

チェーンガードは新品のものを取り付けます。
こちらも仮組みし、チェーンの干渉ないかチェック。
もちろんポン付けとはいかず、マウント部の穴修正したり、位置をづらしたり。加工前提の商品だから塗装されてないのかしら。位置が決まり塗装しO.K。



a0248662_8494928.jpg
a0248662_850239.jpg
a0248662_8501122.jpg

a0248662_8502644.jpg
a0248662_8504542.jpg


ガタガタだったセンタースタンド修正。また、センタースタンドをかけたときに、Rタイヤが地面についていしまうのでそちらも修正します。
まず、センタースタンドピボットのカラーに随分ガタがあったので、R/Lそれぞれオーバーサイズのカラー製作。



a0248662_8511255.jpg

a0248662_8513013.jpg

センタースタンドのストッパー部を多めに肉盛溶接。

a0248662_8514441.jpg

a0248662_8515595.jpg

センタースタンドを仮組みしつつ、多めに肉盛ったストッパー部を削りつつ、左右ストッパーがちゃんと着座する位置で、センタースタンドの角度がいい位置にして、Rタイヤも少し浮いた状態になりました。


a0248662_852954.jpg

というわけで、リアセクションの作業終わり。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-14 09:08 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2016年 12月 09日

1958VELOCETTE VENOM リアブレーキペダルピボット&プロップスタンドピボット


スイングアーム修正でお預かり中のベロセット・ベノム
ついでと言っては何ですが、ガタが酷かったリアブレーキペダルのピボット部とプロップスタンドのピボット部の修正作業をします。
うちに持ち込まれるハーレー達もそうですが、エンジンOH済み車両でも車体周りの細かい部分がガタが酷かったり、手をつけていなかったり。とりあえず走れるようにするのが旧車の常ということでしょうか。
いい機会なので、このあたりも修正します。


a0248662_05024100.jpg


a0248662_0504782.jpg
a0248662_0505823.jpg

まずはリアブレーキペダルピボット部。
目で見て隙間が分かります。
回転しないところなので、穴部は上下方向に変形しています。


a0248662_0511979.jpg
a0248662_0513358.jpg
a0248662_0514598.jpg

ペダルのピボット穴はアジャスタブルリーマーを使い真円拡大。

a0248662_052291.jpg
a0248662_0522137.jpg
a0248662_0523445.jpg
a0248662_0524658.jpg

ピボットボルトは真円拡大したペダルピボット部に合わせオーバーサイズピボットボルト製作。


a0248662_053712.jpg
a0248662_0532684.jpg

a0248662_0535643.jpg

45Cで作ってますので、焼入れして外径研磨し完成。
ガタなしさんです。






a0248662_0542820.jpg

a0248662_0545263.jpg

同じくガタガタだったプロップスタンド。
ピボットボルトは大分段付きに減っています。また、螺子部分はほぼ無くなり、螺子が効いていなかったのでワイヤリングして留めていました。


a0248662_0551796.jpg
a0248662_0553546.jpg

スタンドピボット部同じく、アジャスタブルリーマーで真円拡大。
ホーニング仕上げ。


a0248662_0555579.jpg
a0248662_0561692.jpg
a0248662_0562978.jpg

真円拡大したスタンドにあわせオーバーサイズピボットボルト製作。


a0248662_0565157.jpg

a0248662_0571932.jpg

a0248662_0573858.jpg

フレーム側は螺子部をタップで修正。こちらの螺子は無事。
フレーム側のマウント穴もホーニングし製作した製作したピボットボルトがピッタリ付くように。


a0248662_0575953.jpg
a0248662_0581113.jpg

ボルトを焼きいれ、オイル付けし取り付け。
こちらもガタ無しさんです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-09 01:24 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2016年 12月 03日

1958VELOCETTE VENOM スイングアーム&ブレーキパネル



修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
修正に出してあったスイングアームが帰ってきたので取り付けていきます。


a0248662_0104845.jpg

a0248662_22163067.jpg
a0248662_22164368.jpg

一応、前回と同じようにセットしチェック。
以前の状態と比べるとしっかり修正されているのが解ります。


a0248662_22165756.jpg
a0248662_22171090.jpg

スイングアームブッシュの状態は良かったのでそのまま取り付け。
良さそうですね。


a0248662_22173358.jpg

a0248662_22203010.jpg
a0248662_22204750.jpg
a0248662_2221381.jpg

ホイールベアリングは新品に交換。
まずリアハブフォロースピンドルに片側のベアリングを圧入。
このリアハブフォロースピンドルはベアリングカラーであり、スピードメーターを受けるクランピングスリーブの受けでもあり、ブレーキプレートロッキングボルトの受けでもあるので、両端が飛び出します。
そのため、ベアリングの外輪だけ押せるような圧入工具を製作し取り付け。



a0248662_22213250.jpg
a0248662_22214468.jpg
a0248662_22215625.jpg

割れてしまっていたブレーキプレートは新品のものに交換。
この新しいブレーキプレート、元々のものと比べると明らかに厚みがあり丈夫そうで、補強も多く入っていますが、すんなり付くのかしらと一抹の不安が・・・。


a0248662_22221174.jpg

ブレーキカムとブッシュのガタは良好でこのまま使います。


a0248662_22224189.jpg
a0248662_2223163.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーを取り付け、ブレーキドラム取り付け。
ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーでブレーキパネルが位置決めされます。
この車両にはシム2枚付いていましたので、それもつけて組み込み。


a0248662_22242971.jpg

ホイールを組み付けると、ホイールの動きが渋い・・・。何かが擦っているようです。

a0248662_22244763.jpg

ドラムをはずして組んでみると問題なく回ります。
ということは新しいブレーキプレートとドラムが干渉しているということ。


a0248662_2225470.jpg

ブレーキプレートに印を付けチェック。
外輪が擦っているようです。

a0248662_22252365.jpg

a0248662_22255169.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトを使いプレートを旋盤に銜え、芯だしをし切削。

a0248662_22263997.jpg
a0248662_22265031.jpg

もうひとつ問題が、プレート側面の逃げ部分。
元々のプレートと比べると逃げ部分の幅が少ない。こちらも擦っているようなので、芯だしし突っ切りで切削。


a0248662_22271528.jpg
a0248662_22273790.jpg



a0248662_22275846.jpg

これで、プレートが擦ることはなくなりました。


a0248662_22282397.jpg

曲がってしまっていた、ブレーキカムステディーとブレーキトルクステイも交換。
ブレーキトルクステイの取り付けが悪く、プレートに変な力がかかると、ブレーキが擦ってしまったり、プレートが割れてしまう場合があります。今回はブレーキトルクステイの取り付けは問題なし。

a0248662_22284213.jpg

a0248662_2229952.jpg

ブレーキカムステディーは普通に取り付けると、位置が合いません。
ブレーキカムステディーを少々曲げ修正。


a0248662_2230812.jpg

a0248662_22302438.jpg

スピードメータードライブはクランピングスリーブとの受け部分が減ってしまい、取り付けると動きが渋くなってしまいます。このパターンは結構多いです。ハーレーアイアンスポーツのカムシムがぴったり合いますので、シム調整。


a0248662_22293176.jpg

a0248662_22294682.jpg

リムのセンターチェック。
ズレていたら、タイヤをはずしスポークで調整、センターだしをしようと思っていましたが、問題なし。
フレームの背骨部分と真っ直ぐです。

というわけで今日はここまで。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-03 01:00 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2016年 10月 22日

1958 VELOCETTE VENOM

今日は修理依頼でお預かりしたベロセットのお話。


a0248662_23372571.jpg

a0248662_23435867.jpg

a0248662_23441919.jpg

この車両は走行中にリアブレーキのトルクステイマウントボルトが外れ、リアブレーキパネルが空回りしロックしたものです。
幸いオーナーさまは怪我無く、転倒も無かったようで車体リア周りだけで済んだようです。
ともあれ、リアブレーキパネルにはクラックが入り、リアホイールも随分歪んでいますので、この辺りをチェックしていきます。


a0248662_23443497.jpg
a0248662_23444959.jpg
a0248662_2345157.jpg

まずリアホール分解・清掃・チェック。
割れている、リアブレーキパネルはもちろん、曲がっているブレーキカムステディーも交換。
ホイールベアリングは少々ガタがきていますので交換したほうが良いでしょう。


a0248662_23455797.jpg
a0248662_23462335.jpg
a0248662_23464096.jpg

リアフェンダーも外し序に清掃。


a0248662_23471531.jpg

a0248662_2347456.jpg

a0248662_2348896.jpg

スイングアーム分解。
ベロセットのスイングアームはブッシュが圧入されているフレーム側にスイングアームシャフト(トラニオンシャフト)が入り両端にアーム(トルクチューブ)がクランプされます。なかなか変わった仕組みですね。
左右トルクチューブがクランプされている部分がズレていただけなどというオチなら良いのですが・・・。
ちなみにトラニオンシャフト(trunnion)の意味を調べてみると、[機械部品に取り付けられた円筒形の突起である。 この突起は他の部品によって支持され、部品を旋回させる回転軸となる。]とありました。



a0248662_23482584.jpg

a0248662_234842100.jpg

清掃し計測。
シャフト径に対しフレーム側のブッシュは+0.05mm~+0.08mmで問題ない数値と思います。


a0248662_23485721.jpg

a0248662_23491359.jpg

a0248662_23492841.jpg

a0248662_23494786.jpg
a0248662_2350041.jpg

a0248662_2350151.jpg


トラニオンシャフトを旋盤に両センターで銜え、シャフトの左右両センターの位置だしをして印をつけておき、
トルクチューブクランプ部に位置決めをして組み、定番の上で平行チェック。
やはり左側のトルクチューブが右側に比べ5mm程度上に上がり内側に入ってしまっているようです。
ともあれ、この修正はうちでは出来ませんので、フレーム修正屋さん行きです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-22 00:34 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)