カテゴリ:1976FX1200( 4 )


2016年 10月 14日

1976FX1200 オイルポンプ&クランクシャフトベアリング

今日は引き続きKくんのショベルヘッド、オイルポンプとクランクシャフトのお話。
オイルポンプはオイルポンプボディー内壁に傷が多かったのでS&S製のオイルポンプに交換。
うちでS&Sのオイルポンプを使うのは初めてです。


a0248662_2433555.jpg

a0248662_2434955.jpg
a0248662_244435.jpg

オイルポンプチェック。
オイルポンプギアをオイルポンプボディーに組むとギア面がボディー面より約0.1mm出ます。
ガスケットの厚みは0.2mm。
組み付けガスケットが潰れ0.05mm程度のクリアランスになると思われます。



a0248662_2443091.jpg
a0248662_2444643.jpg
a0248662_2445799.jpg


a0248662_2473877.jpg

a0248662_2475422.jpg


S&Sのオイルポンプは81年以降のオイルポンプと同じ仕組みとなっています。
そのため80年以前のクランクに組む場合は加工が必要です。

80年以前のオイルポンプと81年以降のオイルポンプの違いはリリーフバルブの経路です。
そもそもリリーフバルブはエンジン高回転時に行き過ぎてしまうオイル量をコントロールするもので、ある一定の油圧がかかると、オイルをエンジン側に行かさず、別の場所に逃がします。

80年以前のものは、ある一定の油圧がかかるとリリーフバルブが開き、リターン側のオイル経路へオイルを逃がします。81年以降のものはリリーフバルブが開くとフィード側のオイル経路にオイルを逃がします。

問題なのが、リリーフバルブの上部のオイルで、ここにオイルが溜まってしまうとリリーフバルブが開きづらくなるので、こちらも逃がし経路があります。
80年以前のものはリリーフバルブのプラグボルトに経路があり、リターン側オイル経路とつながります。

81年以降、S&S製のものはリリーフバルブの上部からカムギアケースにオイルが逃げるようになっています。そのためケース側に逃がしの穴を開ける必要があります。


というわけで、ケースに穴をあけます。画像上のオレンジの点の位置にドリル冶具を使い穴を開けタイミングギアケース(ブリーザーギア上)に穴が開いています。


a0248662_245865.jpg

a0248662_2462247.jpg

オイル経路9AからCの部分の穴を開けたということになります。


a0248662_2554790.jpg

a0248662_25613.jpg

締め付けトルク10N.mで締め付け、ギア回りっぷりチェックしO.K。




a0248662_2513511.jpg

a0248662_2515382.jpg

a0248662_2521237.jpg

a0248662_2523373.jpg

オイルポンプの加工ごとチェックが終わり、クランクシャフトベアリング周りの作業に。
スプロケットシャフトベアリングはレース圧入し、テーパーベアリングのスラストチェック。
シム調整をしてスラスト量0.04mmに。


a0248662_2504479.jpg

a0248662_253443.jpg

a0248662_2532144.jpg

a0248662_2533867.jpg

a0248662_2535568.jpg

スラスト調整後、ベアリング圧入し、シール圧入。


a0248662_2541696.jpg

ピニオンシャフトベアリングはレースラッピングした、レース内径44.595mmにあわせ、6.41mmノローラーを使いクリアランス0.025mmに。

a0248662_2542766.jpg
a0248662_2543961.jpg

a0248662_254508.jpg

クランクケースを閉じ、タイミングギア周り、オイルポンプを組み、腰下完成。
VMSでの作業はここまでで、後は熊本で腰上組みつけとなります。

K君お疲れ様でした。また何かあったらご連絡下さい。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-14 03:47 | 1976FX1200 | Comments(1)
2016年 10月 14日

1976FX1200 クランク組み付け

少し前のお話になりますが、今日はKさんのショベルヘッドまとめ的ブログです。


a0248662_23284253.jpg

a0248662_2329168.jpg

a0248662_23292044.jpg

a0248662_23295155.jpg

まずはスモールエンドブッシュ。
縦方向に0.07mm~0.08mmとガタが出ていたのでブッシュ交換。
コンロッド側ホールをホーニングし整えとおき、JIMS製ブッシュ圧入。
リーミング&ホーニングしピストンピンに対しクリアランス0.03mmに。


a0248662_2330517.jpg

a0248662_23301832.jpg
a0248662_23305258.jpg
a0248662_23311581.jpg

ビッグエンドベアリングレースラッピング。
フロント側(ナイフ側)はタイミングサイドの広がり多くテーパー状になっています。
リア側(フォーク側)もタイミングサイド側レースが広がっています。
このチョット変形したレースを小さいほうをより削れるようにラッピングし、フロント側41.33、リア側もドライブサイド、タイミングサイドともに41.33mmにして真円に。



a0248662_2334176.jpg
a0248662_23342474.jpg

クランクピンはJIMS製の新品に。
クランクピン径31.73mmに対し、フ4.79mmのローラーを入れクリアランス0.02mm。



a0248662_2335168.jpg

a0248662_2336251.jpg

a0248662_23364189.jpg

段減りしていたフライホイールワッシャーは交換。
STDサイズ(厚み1.5mm)の銅ワッシャーを入れ、規定トルクでクランクピンナットを閉め仮組みしスラスト量計測。0.3mmでO.K


a0248662_23371390.jpg
a0248662_23372761.jpg

a0248662_2338827.jpg

フライホイールにドライブサイド、タイミングサイドそれぞれクランクシャフトを組み付け、まずフライホイール振れっぷりチェック。フライホイールとシャフトの垂直をみてクランク芯だし。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-14 02:31 | 1976FX1200 | Comments(0)
2016年 08月 27日

1976FX1200 タイミングギア周り(ピニオンシャフト)

突然ではありますが、VMSレストアスクールの営業曜日・営業時間をお知らせします。
レストアスクールは月・火・水・土・日曜日のA.M10:00~P.M6:00営業。
また有難いことに修理依頼も頂いてまして、月・火・水曜日のスクール終了後と木・金曜日に修理と生徒さんの単品製作物や加工物の時間にあてています。

レストアスクールの見学は随時受付していますので、何時でもご連絡ください。

というわけで今週も木・金曜日と作業をしていたのですが、木曜日から腰のほうが調子がおかしい・・・。
金曜日の朝にはベットから起き上がるときにはコリャヤバイなと。
とりあえず作業をしていたのですが、知らないうちに前かがみのおじいちゃんスタイルとなっていました。
作業を早めに切り上げ、接骨院に行きましたが、明日もまずいかもしれません。
土・日曜日に来る生徒さんにはご迷惑をおかけするかも知れませんが、明日も営業しますのでよろしくお願いします。




今日は熊本からエンジン持込のK君のショベルヘッド、ピニオンシャフト周りのお話です。


a0248662_0254415.jpg

a0248662_0260100.jpg

ピニオンシャフト、ベアリングレースともに虫食いが酷かった車両。
ピニオンシャフトはJIMS製の新品に交換。
レースはとりあえずラッピングし、虫食いがとりきらなければレース交換となります。



a0248662_0261962.jpg
a0248662_0263365.jpg
a0248662_0264450.jpg
a0248662_027119.jpg

ケースをあわせ左右ケースのラインが出ている状態でラッピング。
もともとのレース径が44.49mmだったのに対し虫食いがなくなったのが44.58mmで0.09mmラッピングしています。本当一日作業です。
社外パーツメーカーで出ているMAXオーバーサイズローラー.002”o.s(6.41mm)でJIMS製ピニオンシャフトのローラー受け部分の径は31.75mm。
ローラー径に合わせクリアランス調整しレースを44.595mmまでラッピングしクリアランス0.025mmに。




a0248662_030533.jpg

a0248662_0311879.jpg

a0248662_0314688.jpg

ピニオンシャフトブッシュはケースブッシュホール径、ピニオンシャフト径に合わせ製作。
オイルの逃げ、ダウエルピン加工をしカムカバーに圧入。



a0248662_0273064.jpg

a0248662_0274655.jpg
a0248662_0275886.jpg
a0248662_0281441.jpg
a0248662_0282656.jpg
a0248662_0283829.jpg

JIMS製のラインリーミング用のリーマー冶具(ほのかにテーパーになっていて、ピニオンシャフトベアリングレースに軽圧入する)は、MAXサイズまで広げたレース径に対応できずスッポリ入ってしまいます。
これでは冶具になりませんので、冶具製作。
テーパーは0.1度以下、受けるリーマーにガタがないように。



a0248662_029144.jpg

a0248662_0291737.jpg
a0248662_0293649.jpg

a0248662_0324999.jpg

というわけで、ラインリーミング。
しかしながら、ピニオンシャフトを通すと少々渋い。中古ピニオンシャフトを使いラッピングし、ガタなくスムーズに。
ホーニングしブッシュ周り完成。



a0248662_0295821.jpg

a0248662_0301226.jpg

カムギア、ブリーザーギア、ピニオンギア取り付け、クルクルチェック。
問題なくスムーズに周り、タイミングギア周りの作業O.Kです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-27 01:15 | 1976FX1200 | Comments(0)
2016年 08月 23日

1976FX1200 タイミングギア周り(カムシャフト)

今日はKくんのエンジン持込ショベルヘッドのタイミングギア周りのお話。

a0248662_858827.jpg

a0248662_8583890.jpg

a0248662_8582470.jpg

段つきに磨耗してしまっていたカムシャフトのカムカバー側軸受け部分、芯をチェックし段つき部分を切削。
段つきがなくなった状態で25.32mm。0.1mm程度切削しています。


a0248662_8594440.jpg

a0248662_90642.jpg

a0248662_904694.jpg

a0248662_92762.jpg


加工したカムシャフト径にあわせブッシュ製作。
ダウエルピン穴加工しカムカバーに圧入。


a0248662_923347.jpg

a0248662_925295.jpg

カムシャフト径が変わっていますので、専用リーマーは使えません。
サイズに合わせラッピングロッドを製作し、クランクケース、カムカバーをあわせラインが出ている状態でラッピングしクリアランス調整し、カムシャフトがクルクル回るように。

a0248662_931322.jpg

a0248662_933388.jpg

シム調整してカムシャフトスラスト量0.17mmに。

というわけで次回はピニオンシャフト側のお話となります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-23 09:25 | 1976FX1200 | Comments(0)