Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1943WLC750( 12 )


2016年 03月 19日

1943WLC750 カムブッシュ製作


今日はHさんのWLC、カムブッシュ製作のお話。

a0248662_2335227.jpg

a0248662_23353621.jpg

ケース側のブッシュはすべて交換。
カバー側は3つのギア(ピニオンギア・#1ギア・#3ギア)と連結する#2カムギアブッシュはあまりクリアランスを詰め過ぎると動きが悪くなります。シャフトに対してのクリアランスは0.05mmだったのでそのまま使います。

a0248662_23355416.jpg
a0248662_2336453.jpg

工具類製作。

a0248662_23361781.jpg

a0248662_23362979.jpg

a0248662_23364140.jpg

カムカバーのプレート冶具
アイアンスポーツとカムブッシュのレイアウトが同じなので、ねじ穴を加工し使います。


a0248662_23365472.jpg
a0248662_2337330.jpg
a0248662_23371288.jpg

ブッシュ抜き取り。


a0248662_23372632.jpg

a0248662_23373861.jpg

それぞれ計測。
ブッシュホールは傷、変形などほぼ無く良好。


a0248662_2338926.jpg

a0248662_23382455.jpg

a0248662_23383549.jpg

a0248662_23384727.jpg

カムブッシュ製作。
それぞれケース側のブッシュホール径に合わせ+圧入代で外径を決め、圧入し縮む分も考慮し、シャフト+クリアランスで内径を決め製作。
ケース側は専用ハイスを使いオイル溝加工。

a0248662_2339378.jpg

a0248662_23391422.jpg

カバー側ブッシュ製作。
#3・#4ブッシュはケース側ブッシュとほぼ同じサイズだが全長が違う。
残念ながら全部製作することが出来ず。。。次回#1カムブッシュ、ピニオンシャフトブッシュを製作し、オイル穴やギア逃げ部分、ダウピン穴など追加工します。

というわけで一日かけてブッシュ6個しか作れなかったという話でした。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-19 00:05 | 1943WLC750 | Comments(0)
2016年 03月 17日

1943WLC750 エンジン腰下分解&計測作業

北海道から不定期通学する、新入生のHさんのWLC。
エンジン・ミッション持ち込みで入学です。
今日はエンジン腰下の分解作業のお話です。

a0248662_0481832.jpg


a0248662_0485030.jpg
a0248662_0491611.jpg
a0248662_0492751.jpg

a0248662_0494343.jpg

まずはタイミングギア周りから分解。
専用プーラーでガイドを抜きタイミングギア周り分解。
カムギアはギア、シャフトともに虫くいなど無く状態よし。
シャフト・カムブッシュ計測。
シャフト自体は状態良いのですが、ブッシュはケース側、カバー側ともに0.06mm~0.07mmのクリアランス。#1カム~#4カムほぼこんな感じで悪くは無いがよくも無い。せっかくなのでブッシュは交換。
またピニオンブッシュも同じくシャフトに対し0.07mmのクリアランスでこちらも交換。


a0248662_0515943.jpg

a0248662_052946.jpg

タペット計測。
タペットは#1~#4すべて18.56mmで状態よいのですがガイド内径はタペットに対し0.06mm~0.07mmでこちらも微妙な数値。
こちらも折角なのでオーバーサイズタペットを入れます。


a0248662_0502073.jpg

a0248662_0511082.jpg

クランク分解。
ピニオンシャフト・スプロケットシャフトは状態よし。
以前にやってあるようで、スプロケット側は2サイズオーバーのローラーが入り0.025mmのクリアランス。
ピニオン側は3サイズオーバーのローラーが入りクリアランス0.05mm。


a0248662_0503247.jpg

a0248662_0513979.jpg

コンロッド計測。
変な磨耗の仕方をしています。ナイフ側コンロッドは上下に楕円になっており38.07mm~38.10mmで0.03mm楕円。
フォーク側レフトサイドは38.07mm~38.09mmで0.02mm楕円。ライトサイドは38.09mm~38.12mmで0.03mm楕円。
それぞれ寸法がバラバラでラッピングに苦労しそうであります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-17 01:22 | 1943WLC750 | Comments(0)