カテゴリ:1971FX1200( 4 )


2016年 08月 20日

1971FX1200 エンジン組み立て

今日は、ちょっと前のことではありますが、熊本のK君持込のショベルヘッドのエンジン組み立てのお話。
今週末、また熊本からもう一基のエンジンをやりに来るので、その前にまとめ的にブログを書いておきます。


a0248662_23395212.jpg
a0248662_2340423.jpg
a0248662_23401683.jpg
a0248662_23402977.jpg


a0248662_23404486.jpg
a0248662_23411366.jpg

クランク組み立て、オイルポンプのチェックまでが前回のお話。
今回はまず、ガタがあったタペットローラー交換。
タイミングギア周りも本組みして、エンジン腰下完成。






a0248662_23412956.jpg
a0248662_23414141.jpg

a0248662_23585048.jpg

シリンダーボーリング・ホーニング済みで、ピストンリングのギャップ、クリアランスチェックし、シリンダー組み付け。


a0248662_23424100.jpg

a0248662_23424283.jpg

a0248662_23425740.jpg
a0248662_23431481.jpg

a0248662_23432837.jpg

バルブガイド、バルブシートは状態良くそのまま使います。
バルブを仮組みして、バルブスプリングの取り付け長チェック。
シム調整し前後シリンダーヘッドのバルブスプリングの取り付け長を合わせます。


a0248662_23435120.jpg

ロッカーアームブッシュも状態良かったのでホーニングのみ。


a0248662_2344825.jpg

a0248662_23442561.jpg

バルブ本組みしてロッカーカバートルク管理し組み付け。


a0248662_23444868.jpg
a0248662_2345372.jpg

今回、クランクケースシリンダーベース面面研、シリンダーのヘッド面面研、シリンダーのベース面面研をしていますので、一応仮組みしてピストンとバルブが干渉しないかチェック。問題は無し。


a0248662_23452834.jpg

a0248662_2345456.jpg

シリンダーヘッドをトルク管理し組み付け、プッシュロッド、オイルライン取り付けエンジン完成。


a0248662_2346328.jpg

というわけで、熊本に旅立っていったエンジンさんは車体に乗せ、既に2000Km以上走行し問題ないようです。良かった良かった。








1978XLH1000

a0248662_23464914.jpg

Tさんのアイアンスポーツは車検業務完了。
一回目のオイル交換、増し締めも終わり、ガンガン走り膿だしをしていきます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-20 00:23 | 1971FX1200 | Comments(0)
2016年 06月 03日

1971FX1200 クランク組み付け・オイルポンプチェック

今日はKさんのショベルヘッド、クランク・オイルポンプ周りのお話。
コンロッドのベアリングレース交換、ラッピング作業が終わり、その続きです。


a0248662_1250591.jpg

a0248662_12511630.jpg
a0248662_12512929.jpg
a0248662_12514268.jpg
a0248662_12515411.jpg

まずはスモールエンドブッシュ交換。
コンロッドの穴は楕円無く良好。JIMS製のスモールエンドブッシュを圧入後リーミング&ホーニングしピストンピンに対しクリアランス0.03mmに。


a0248662_12365243.jpg

a0248662_1237731.jpg

ビッグエンドローラーはフロント側レース径41.29mmに対し4.77mmのローラー(.0004”o.s)をいれクリアランス0.02mm。R側はレース径41.28mmに対し4.7625mm(STD)ローラーをいれクリアランス0.03mmに。
コンロッドスラストも問題なし。


a0248662_1239932.jpg
a0248662_12392714.jpg




クランク組み付け芯出し。
左右シャフトの振れ0.015mm程度に。

a0248662_12394611.jpg
a0248662_12395559.jpg
a0248662_1240552.jpg

スプロケットシャフトベアリング交換。
仮組みし冶具を使いスラスト量チェック。
2.70mmのシムの厚みで0.04mのスラスト量。
というわけでベアリング組み付け。

a0248662_1325676.jpg

ピニオンシャフトベアリングはSTDローラー(6.35mm)を使いクリアランス0.02mm


a0248662_12401847.jpg

ケース組みつけ回りっぷりチェック。
クルクル回り問題なし。



a0248662_12403392.jpg

a0248662_12404768.jpg

オイルポンプチェック。
ギア、ボディー内壁ともに状態良しでギアのでっぷりチェック。
0.1mm強のでっぷり。厚み0.13mmのジェームス製黒ペーパーガスケットを使います。


a0248662_1241057.jpg
a0248662_12411232.jpg

位置決めピンが無いショベルのオイルポンプ。組みつけ方で動きが渋くなってしまいます。
オイルポンプドライブギアを回しながら、回りっぷりがよいところで規定トルク10N.mで締め付け。


a0248662_12412679.jpg

a0248662_12413859.jpg

オイルを流し回りっぷりチェック。
問題なしで腰下周りの作業ほぼ終わり。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-03 13:14 | 1971FX1200 | Comments(0)
2016年 05月 31日

1971FX1200 タイミングギア


今日はKさんのショベルヘッド、タイミングギア周りのお話。

a0248662_8435357.jpg

a0248662_84472.jpg

a0248662_844205.jpg
a0248662_8443036.jpg

まずはカムギアシャフト。
ブッシュ側シャフトが段減りしてしまっていたので、芯を拾い切削研磨。
オイルシールはギリギリ利くかしら。


a0248662_844464.jpg
a0248662_8445862.jpg

シャフト径が小さくなりましたので、専用リーマーが使えません。
それぞれのカムシャフトにあわせ専用ラッピングロッド製作。



a0248662_8452999.jpg

a0248662_8451212.jpg
a0248662_8454036.jpg

a0248662_8462327.jpg

a0248662_8455172.jpg

カムブッシュもそれぞれ、カムシャフト、ピニオンシャフト、カバー側にあわせ単品製作。



a0248662_8463984.jpg
a0248662_8465267.jpg
a0248662_847582.jpg

ダウエルピン溝、オイル穴を開けブッシュ圧入。



a0248662_8474972.jpg
a0248662_848116.jpg

a0248662_8483568.jpg

カムベアリング交換し、ケースとカバーを合わせ、ラインを出しラッピング。
カムシャフトがスルスルに回るようになったところで、カムスラスト調整。
元々ついていたシムでスラスト量0.08mm。



a0248662_8485162.jpg

a0248662_8491141.jpg

ピニオンシャフト、ブッシュの受け部はブッシュが当たっていた部分は減り、先端部のブッシュがあたっていなかったところは、太っています。先端部だけ切削。
シャフトベアリング受け部、アウターレースは状態良し。
STDローラー(6.35mm)を入れクリアランス0.02mm
ベアリング、シャフトを組み、ケースとカムカバーを合わせピニオンブッシュ側、少々ラッピング。


a0248662_8492781.jpg

ラッピング作業終わり、カムギア・ピニオンギアを組み回りっぷりチェック。
渋くなるところなど無く問題なし、O.Kです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-31 09:05 | 1971FX1200 | Comments(0)
2016年 02月 10日

1971FX1200 ビッグエンドベアリングレース

今日はKさんのショベルヘッドのコンロッドビッグエンドベアリングレースのお話です。
随分遠いところから通われる生徒さんのため、時間がかかる作業は私が予めやっておきます。


a0248662_1191217.jpg

a0248662_1193131.jpg

ビッグエンドベアリングレースの磨耗は少なかったものの、R側は剥がれてしまっているためレース交換。

a0248662_1194484.jpg

クランクピンは3ホール(オイル穴)のJIMS製、ベアリングレースもJIMS製です。

a0248662_1195989.jpg
a0248662_1201452.jpg

カシメを削りレース抜き取り。
Wさんに頂いた、歯科技師用のリューター刃は良く削れる。

a0248662_1203172.jpg
a0248662_120458.jpg

a0248662_121044.jpg

レースとコンロッドの嵌め代を確認し、レース圧入。


a0248662_1212282.jpg

a0248662_1321261.jpg

a0248662_121344.jpg

レースはコンロッドの外面と面一。内側は少し出ます。
コンロッド側面が削れてしまっていると、ナイフ側(フロント側)のコンロッドが入らなくなる場合があります。
こいつが大丈夫です。


a0248662_1214792.jpg

a0248662_122341.jpg

元々小さめに作られているベアリングレース。
圧入後のレース内径は41.02mm~41.09mm

クランクピン径31.725mm STDベアリングローラー4.7625mm クリアランス0.03mmだとすると41.28mmまでレースを拡大しますので、0.2mm程度拡大しなければなりません。

ラッピングで0.2mm研磨するのはなかなか大変です。結局2時間ちかくかかりました。


a0248662_1221896.jpg

a0248662_122307.jpg

というわけでレース内径41.28mmまでラッピング。

a0248662_1224231.jpg

0.02mm楕円になっていたフロント側はラッピングして真円に。
こちらは41.29mmに。

レースはO.Kです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-10 01:48 | 1971FX1200 | Comments(0)