カテゴリ:1968BSA A65( 6 )


2017年 03月 06日

1968BSA A65 バルブガイド

今日はNさんのBSA A65のバルブガイドのお話。

ガタがあったバルブガイドは抜き取り、ヘッド側バルブガイドホール内径計測。
楕円、傷など無く良好で径も広がっておらず、EX側12.71mm~12.72mm IN側12.70mmでSTDサイズのバルブガイドでいけます。

a0248662_81450.jpg

a0248662_815389.jpg

a0248662_81408.jpg

a0248662_812951.jpg

使うバルブとバルブガイドはkibblewhite製。
粘り硬いアルミ青銅製のバルブガイドはヘッド側ガイドホールに合わせ外径研磨。
専用生爪に銜え。あらかじめ内径拡大。粘り硬いので0.01mm刻みのリーマーを使い、ステム径+クリアランス分のサイズまで拡大。



a0248662_82326.jpg
a0248662_825515.jpg
a0248662_83744.jpg

前加工を済ましたバルブガイドをヘッドを良く暖め圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだ内径をリーマーで内径拡大。
これがなかなか大変で、粘り硬い分すんなり切れてくれません。
こちらも0.01mm刻みでリーマーを使い内径拡大。



a0248662_834732.jpg

100分台のリーマーは切れすぎ防止か切れづらく、リーマーを通したものの内径が広がっていない場いいがありますので、リーマーを通した後内径計測し確認。
問題なくO.Kで、バルブシート周り加工となります。



a0248662_8195484.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study


東京都足立区入谷1-22-14
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-06 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 12月 17日

1968BSA A65 ホイール周り

今日はNさんのBSA A65のホイール周りのお話。
塗装作業、再メッキが終わり、組み付けてしきます。


a0248662_1415018.jpg

a0248662_143335.jpg

a0248662_1433129.jpg

まずフロントホイールから。
ホイールベアリングは新品に交換し、ベアリング圧入。BSAのホイールベアリングは前後ともに圧入きつめ。
ドラム側にはブレーキパネルの受けとなるスリーブが入ります。
ベアリングのロックリングは正ネジ。
写真にはないですがフロント側はアクスルシャフトがディスタンスカラー代わりとなります。



a0248662_1435598.jpg
a0248662_144171.jpg
a0248662_144352.jpg

a0248662_1445978.jpg

スポークは新品に交換しリム組み。
フロント側はハブにスポークをすべて付けた後に位置決めをしておき組み付け。
スポークが少々短めだったので、こういったやり方でないと組み付けが大変でした。
ドラム側は2クロス、左側は4クロスになるように組み付け。


a0248662_1452099.jpg
a0248662_1454492.jpg

リム組みが終わりリムの振れとり。


a0248662_1475153.jpg

a0248662_148619.jpg

a0248662_1481831.jpg

ライニングを張り替えたブレーキシューをパネルに取り付け、ブレーキドラムとライニングのあたりっぷりチェック。






a0248662_1522524.jpg

ここからはリアホイールハブ。
こちらも同じくベアリング交換し圧入。

a0248662_1524176.jpg

a0248662_1525351.jpg

スペードメーターギア側はホイールスリーブが飛びだし、メータギアの受けになります。


a0248662_153679.jpg
a0248662_1531725.jpg

リアホイール側はベアリングロックリング、エンドカバーともに逆ネジ。


a0248662_1533318.jpg
a0248662_1535199.jpg

でリム組み。
こちらもスポークは新品に交換。もともと何故か19”のリムが組んであったので18”リムに交換。
リア側はストレートタイプのスポークで2クロスになるように組み付け。

a0248662_1541938.jpg
a0248662_1544035.jpg

振れとりしリムはO.K


a0248662_155326.jpg

a0248662_1551843.jpg

QDタイプのリアドラム。スプラインはガタなく良好。
ドラムにもホイール側と同じサイズのベアリングががいります。
写真には無いですがCクリップ留め。スプロケットも新品に交換。


a0248662_1555734.jpg
a0248662_1561558.jpg
a0248662_1563018.jpg

リア側もライニングを張り替えたブレーキシューのあたりっぷりチェック、擦り合わせをしてO.K。
というわけで、ホイール周りのお話終わり。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-17 02:30 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 11月 08日

1968BSA A65 スイングアーム

a0248662_10462152.jpg

a0248662_1048150.jpg

今日はNさんのBSA A65のスイングアームのお話
68年までのBSAのスイングアームピボットはサイレントブロック(ゴムダンパー)が使われています。
スイングアームに圧入される外輪スリーブとシャフトの受けとなる内輪スリーブの間にゴムが注入されているものです。
殆ど稼動距離のないスイングアームのピボットとしては、ゴムで受けているためベアリングなどと比べると持ちも良く、スラスト方向のガタも出ないので良いと思われますが、交換時期が良くわからない。
ゴムが破綻すれば交換なのでしょうが、ゴムの劣化としては、柔らかくなっていくよりも、硬くなっていく方向だと思われます。ということは硬化すると動きが悪くなっていくのでしょうが、初めて扱うサイレントブロックのスイングアームで正常ののものが解りません・・・。
というわけで今回新しいものに変えてみることに。



a0248662_10464020.jpg
a0248662_10465380.jpg

というわけで、抜き取り、圧入工具製作。


a0248662_10471315.jpg

a0248662_10472953.jpg

a0248662_10474976.jpg

まずは内輪側のスリーブをプレスを使い抜き取り。
で外輪側はスイングアーム側に止まりの段付きとなっていますので押し込んで抜くことが出来ない・・・。
外輪内側にフラットバーを溶接して橋渡しをして外側に抜き取り。
こいつの抜き取りに非常に苦戦しました。




a0248662_12113395.jpg

a0248662_12115441.jpg

分解しに曲がっていたスイングアームはフレーム修正屋さんで修正済み。
塗装もパウダーコート済みで組み付け作業。


a0248662_10483933.jpg

a0248662_10493563.jpg

外輪スリーブを押す圧入工具で圧入。
ここの嵌め代は0.1mm以上でなかなか圧入がきついです。



a0248662_1049297.jpg
a0248662_10495232.jpg

サイレントブロックの内輪の長さとフレーム側スイングアーム受けのプレートの距離をあわせるため調整。


a0248662_1050137.jpg
a0248662_1050355.jpg

a0248662_1050553.jpg
a0248662_1051665.jpg

圧入したサイレントブロックの左右内輪に芯があっていません。ゴムで受けている内輪スリーブであたりまえですね。
先端をテーパーにしシャフトと合うように尻側を凸にした棒を使いシャフト取り付け。
というわけでなんやかんや苦労したスイングアーム完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-08 12:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 09月 03日

1968BSA A65 フロントフォーク

気がつけば、BSA A65のブログネタを随分上げてなかったな・・・ということで、今日はNさんのBSA・フロントフォーク周り、今回は不幸自慢的なお話です。

この車両のフロントフォークはVMSに来た時点で固着し動いていおらず、分解するのもままならない状態のものでありました。

a0248662_2213672.jpg

a0248662_2225174.jpg
a0248662_2233755.jpg

a0248662_224470.jpg

とにかく、どうにかこうにかフロントフォーク分解。
熱をかけつつ分解したものの、片側のダンパーチューブ部分は錆で一体化し分解というよりも、壊してバラすという表現の方が正解。


a0248662_22152417.jpg

この車両は68年式ということですが、67年、68年式のA65は変換期でどちらの年式のパーツが付いているか微妙です。とりあえずアウターチューブはアウターチューブ自体にアクスルシャフトの螺子か切ってあるもので、アウターチューブは前期のものと思われるので、それを頼りにパーツを発注。



a0248662_225230.jpg
a0248662_227159.jpg

トラヴィスサイクルスの栗崎君に無理を言ってパーツを揃えてもらいました。
アウターチューブは新品が出ていないので、錆々だったチューブ内はサンドブラストし外側は再塗装。
他、インナーチューブ、スプリング、ブッシュや細かなパーツはパーツ交換。アウターチューブ以外はほぼ交換です。
ダンパーチューブは新品と中古の見分けだつかず・・・。


a0248662_2272272.jpg
a0248662_2273542.jpg
a0248662_2274879.jpg
a0248662_228431.jpg

まずはダンパーチューブ周りの作業から。新品が出なかったダンパーロッドは製作。


a0248662_2282430.jpg

ダンパーバルブ周りのパーツ取り付け。

a0248662_2285990.jpg

a0248662_2292258.jpg

a0248662_2294017.jpg

ダンパーロッドブッシュ(ロッドのガイドとなるもの)はダンパーチューブにクリップ止めとなる。
片側のクリップはロッドブッシュが上に抜けないように、片側のクリップはロッドブッシュが下がらないように固定する。ロッドブッシュの入りが悪かったので、ダンパーチューブホーニングし取り付け。
新品2本中1本はダンパーバルブ周りを中に入れると随分動きが渋いので、状態が悪くなかったほうの中古ダンパーチューブを使う。

a0248662_22103722.jpg

ともあれダンパーチューブはO.K。

a0248662_2211655.jpg

ここからはブッシュ周りのお話。
アッパー側のブッシュはシールホルダーに締め付けられることで、アウターチューブに固定されインナーチューブを摺動する。ロワー側ブッシュはインナーチューブにプラグボルトで固定され、アウターチューブ内を摺動する。

a0248662_22114067.jpg

アッパー側ブッシュは問題なかったのですが、ロワー側はアウターチューブ内で動きが渋い。
ブッシュ外径研磨アウターチューブ内でスムーズに動くようにする。

a0248662_2212128.jpg

片側のアウターチューブはチューブ内中間部分が一部変形していて、その一部分だけ動きが渋くなってしまう。
こんな長もので止まり穴のアウターチューブをボーリングするのは至難の業なのでガタは少々大きくなってしまうが、泣く泣くブッシュ外径を小さくし対処する。


a0248662_22124210.jpg

a0248662_2213836.jpg

a0248662_2214712.jpg

シールホルダー螺子は部分はメッキで太り、入りが渋かったので螺子修正しオイルシール取り付け。
アッパー側ブッシュとシールの間のスペーサーもメッキで太り、インナーチューブに入らなかったので内径拡大し取り付け。

a0248662_22142528.jpg

a0248662_23172236.jpg


他にも、もろもろありながらとりあえず組み付け完了。
大変であった割に、パーツでお金がかかった割りに、残念ながら100%の出来とはいえない、まさに旧車のレストアという感じであります。









1970TRUMPH TR6

a0248662_2216532.jpg

a0248662_22162660.jpg
a0248662_22164452.jpg


a0248662_22171419.jpg

a0248662_22172917.jpg


Tさんのトライアンフはギア欠けしていたレイシャフトハイギア交換作業でしたが、レイシャフトのニードルベアリングに消耗が酷いことに気がつきベアリング交換。
写真では解りづらいですが、ローラー一本分の隙間が開いています。
ニードルローラーは一本一本隣合わせで組まれていますので、ローラー同士で磨耗していきj細くなり、隙間が開いてしまったのでしょう。このまま使っていると、ローラーがバラバラになり惨事が起きるところでありました。
ともあれれギアボックス、プライマリー周りみ終わり作業終了です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-03 23:27 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 01月 31日

1968BSA A65 エンジン腰下周り計測作業

今日はNさんのBSA A65の計測地獄作業、腰下編です。

a0248662_1947762.jpg
a0248662_19473610.jpg
a0248662_1948170.jpg

スラッジチューブプラグが固着し抜けなかったので、六角棒をプラグに溶接し抜き取り。
スラッジチューブ内清掃し、計測開始。

a0248662_19481798.jpg

ビッグエンドジャーナルは大きな傷など無く良好。ドライブサイド42.83mmタイミングサイド42.84mmでほとんど減っていないです。

a0248662_19483237.jpg

コンロッドビッグエンドメタルボア計測。
コンロッドナットを規定トルク30N.mで締め付け計測。
タイミング側、ドライブ側ともにクリアランス0.05mm~0.09mm横方向(進行方向)が広がってしまっています。こいつはメタル交換。

a0248662_19484380.jpg

ピストンピンブッシュ計測。ピンに対し0.02mm~0.06mm縦方向に楕円になっています。
こちらもブッシュ交換。

a0248662_1949452.jpg

BSA A65の肝の部分、タイミングサイドのクランクシャフト。
タイミング側のクランクシャフト軸受けがブッシュのA65、オイルポンプから圧送されたオイルはブッシュから受けのクランクシャフトを通りビッグエンドジャーナルを潤滑します。
シャフトとブッシュのクリアランスが多くなるとビッグエンドへのオイル量が少なくなってしまいます。

というわけで計測。
クランク外側38.06mmクランク内側は38.02mm内側は0.04mm磨耗しています。
38.06mmは磨耗していないSTDサイズ。(真ん中溝の部分がオイルライン)
シャフトの研磨が必要ですな。 

a0248662_19492285.jpg

ブッシュボア計測シャフト系に対し0.06mm~0.11mmのクリアランスでこちらも駄目。
シャフト研磨後、アンダーサイズブッシュで対応します。

a0248662_19493896.jpg

カムシャフト計測。
ドライブサイド側は20.57mm タイミングサイド側は22.20mmでこちらはほぼ減っていない。

a0248662_19494977.jpg

a0248662_1950731.jpg

カムブッシュ側も計測。
タイミング側は+0.08mm ドライブ側は+0.27mm随分広がっています。


a0248662_19523658.jpg

アイドラギアシャフト&ブッシュもシャフト径18.43mmに対し+0.08mm

タイミングギア周りのブッシュはすべて交換ということになります。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-31 23:56 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2015年 12月 21日

1978BSA A65 分解作業(エンジン)

今日は新入生NさんのBSA A65のエンジン分解作業。

a0248662_2317336.jpg


a0248662_23171550.jpg

a0248662_23172769.jpg

まずはヘッド分解。
シングルカムでシリンダーの後ろ側から4本のプッシュロッドが延びているBSA。
EX側のロッカーアーム下にヘッドボルトがあるため、ロッカーを抜き取り、ヘッドボルトを抜きヘッドを下ろす。


a0248662_23173940.jpg
a0248662_23174818.jpg

シリンダー抜き取り。
入っていたピストンはSTDだが残念ながら、ドライブ側のピストンが抱きつき気味の傷。


a0248662_2317592.jpg

スモールエンド部とビッグエンド部のガタは悪くなさそう。

a0248662_23181352.jpg

バルブ抜き取り。



a0248662_23182587.jpg

a0248662_23183763.jpg

タイミング側分解。
ガバナーはガタが使えないでしょう。

a0248662_23185442.jpg

タイミング側分解。

a0248662_23352182.jpg

評判が良くないアルミボディーのオイルポンプはどんなものか。
次回分解してチェックしてみます。

a0248662_2319661.jpg

ピニオンギアナットは逆ねじ。

a0248662_23193819.jpg


a0248662_23201391.jpg

a0248662_23202344.jpg

でギアボックス側分解。
シフトペダルが溶接されていたクアドラントコンプリート(カムプレートを動かす爪)は交換。


a0248662_23203468.jpg

キックスターターのラチェットギアは磨耗が酷く交換。

a0248662_23204574.jpg

a0248662_23205683.jpg

ギアボックス抜き取り。
ギア類は状態よさそう。

a0248662_2321869.jpg

フィルターカバーにスタッドは無理やりぶち込まれていました・・・。

a0248662_23212055.jpg

a0248662_23214240.jpg

クランクケース分解。
残念ながらドライブ側クランクシャフトベアリングは手スポ。
この後徹底分解して計測作業です。





38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_23221298.jpg

a0248662_2322231.jpg

ほぼキャブセッティングが終わったベロセット。
今日はオーナー様が試乗しに来てくれました。作業内容の説明とキックスタートと操作のコツを伝授(笑)
お待たせしましたが今年中に引渡し出来そうです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-21 00:04 | 1968BSA A65 | Comments(0)