Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:WL ENGINE( 9 )


2017年 11月 11日

1948WL オイルポンプ

今日はMさんのWLオイルポンプのお話


a0248662_8221283.jpg
a0248662_8222325.jpg
a0248662_8223340.jpg
a0248662_822447.jpg


フォード側、リターン側が別々になっているWLのオイルポンプ。
まずはフォード側から。
ロータータイプのフィード側はスプリングに押された爪によってエンジンクランクビッグエンド側にオイルを送ります。
またローラーバルブ内にはワンウェイのバイパスバルブがありまして、低中速時のオイル量をコントロールしています。(低回転時はバルブが開きリリーフバルブを開きづらくします。また高回転時はバルブが閉じリリーフバルブが開きやすくなる)



a0248662_8241845.jpg
a0248662_8243034.jpg
a0248662_8244021.jpg

そのリリーフバルブの取り付け長を9.5mmにしておき、トルク管理しカムカバーに仮組み、駆動である#1カムを付け回りっぷりチェックしO.K



a0248662_8245650.jpg

a0248662_825657.jpg

a0248662_8251615.jpg

a0248662_826107.jpg

お次はリターン側
ボディーの内壁は傷無く良好。
ボディーとギアの面はほぼ均一。
使うジェームス製ガスケット厚みは0.2mmで少々厚い気がするがそのまま使います。
こちらもトルク管理し取り付け後、オイルポンプギアの回りっぷりチェックし問題なし。



a0248662_8263140.jpg
a0248662_8264564.jpg
a0248662_827163.jpg
a0248662_827237.jpg

オイルポンプのブリーザーギアのタイミング合わせ。
ギアの青の印が入っているところの位置にギアが回ったときに、クランクケース側とブリーザーギアに通路が空き、クランクケース内のオイルがギアケース内に噴出。
ブリーザーギアのタイミングとピニオンシャフト側、オイルポンプウォームギアのタイミングを合わせ、調整済みのカムギア周り仮組み。




a0248662_827386.jpg
a0248662_8274874.jpg

オイルを流し、オイル流れっぷりチェックし問題なし。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-11 08:50 | WL ENGINE | Comments(0)
2017年 11月 04日

1948WL クランク組み付け


今日も先日に引き続きMさんのWLのエンジン周りのお話。
コンロッドのラッピング作業が終わり組み付け作業。

a0248662_8263537.jpg
a0248662_8264841.jpg
a0248662_827095.jpg


まずはコンロッドスラストワッシャー。
そこそこ減っていたコンロッドワッシャーは交換。
ドライブ側は良いものの、タイミング側のフライホイールワッシャー受け部は0.5mm程度楕円になっています。元々入っていたワッシャーが空周り気味だったのでしょう。
このまま普通のワッシャーを入れるとワッシャーとフライホイールに隙間が開き、ちゃんとカシメることが出来ません。フライホイール側を真円加工することも考えましたが、今回は楕円特製ワッシャーを作ることに。
もちろん厚み調整もしスラスト量は0.4mm程度。外輪が大きめのワッシャーを作っておきフライホイールに合わせながら削り取り付け。




a0248662_8271736.jpg
a0248662_8272923.jpg


クランク組み付け、クランク真だし。
タイミングサイド・ドライブサイドともに0.02mm以下に。

a0248662_8274341.jpg
a0248662_8275314.jpg
a0248662_828424.jpg


クランクスラスト調整。
ドライブサイド2.0mmタイミングサイド1.9mmのシムの組み合わせでスラスト量0.3mmに。
コンロッドがクランクケースの中心に来るように。



a0248662_8282854.jpg
a0248662_8283972.jpg

調整済みのタイミングギア周りを仮組みしクランク回りっぷりチェック。
問題なくO.K








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-04 08:46 | WL ENGINE | Comments(0)
2017年 11月 01日

1948WL コンロッドベアリングレース

a0248662_21254087.jpg
a0248662_21262384.jpg
a0248662_21263749.jpg

先日に引き続き今日もMさんのWLのお話。
虫食い・錆が酷かったコンロッドベアリングレース。
一応、レースラッピングをしてみたものの、虫食いが深くレースは使いものになりませんのでレース交換。



a0248662_21265396.jpg

a0248662_212771.jpg
a0248662_21271647.jpg

というわけでレース抜き取り、使う新品ベアリングレース、コンロッドビッグエンド部内径計測。
レースとコンロッドの嵌め代を恐ろしいほど大き、またコンロッド側が楕円に少々楕円になっているのが少々不安。


a0248662_21273099.jpg
a0248662_21282257.jpg
a0248662_21285047.jpg


鉄同士の圧入で嵌め代が随分大きく、また楕円もあるためベアリングレース側、コンロッド側ともに十分に“案内”部分であるC面加工しておきます。
圧入時に金属同士が噛み込んでしまうと金属を削りながら入ることになり、結果圧入っぷりが弱くなってしまいます。


a0248662_212918100.jpg

圧入後の新品レース内径は随分小さめで適正クリアランスにするには約0.3mm研磨する必要があります。また楕円も0.07mmもあり、これは骨が折れます。

a0248662_21292819.jpg

a0248662_2130040.jpg

a0248662_21294573.jpg

というわけで、研磨しては計測、研磨しては計測、をひたすら繰り返し。
ベアリングレースを0.3mmレッピングするのは大変です。



a0248662_21303861.jpg

レースは真円になりフロント・リアともに30.09mmに。


a0248662_21323241.jpg

a0248662_2133199.jpg

a0248662_21305445.jpg

クランクピンも虫食いが酷かったので純正新品に交換。
新品クランクピン径は25.37mm
フロント・リアともに6.35mm(STD)のベアリングローラーを入れクリアランス0.02mmに。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-01 22:12 | WL ENGINE | Comments(0)
2017年 10月 30日

1948WL クランクシャフトベアリング・タイミングギア周り


今日は暫く書いていなかったMさんのWLのまとめ的ブログ
クランク軸受けベアリングとタイミングギア周りのお話。


a0248662_22234491.jpg
a0248662_2224048.jpg

虫食いが酷かった両クランクシャフトベアリングレースは交換。
両ベアリングレースはSTDサイズでクランクケースとの嵌め代は0.06mm。
圧入後ベアリングレース内径は34.91~34.92mmでもちろん圧入前よりも嵌め代分縮んでいます。


a0248662_2225564.jpg
a0248662_22252580.jpg

a0248662_22253918.jpg

両クランクシャフトベアリングレース、ラインだしラッピング。
ドライブ側タイミング側ともに内径拡大し34.94mmに。
スプロケットシャフト・ピニオンシャフト外径は22.21mm
STDローラー6.35mmを使い、両クランクシャフトベアリングクリアランス0.03mmに。


a0248662_2226206.jpg
a0248662_22263491.jpg

クランクケース側カムブッシュ交換、ラインだし済みのカムシャフトはシム調整をしてスラスト量調整。ほぼ0.1mm程度に。



a0248662_22273100.jpg
a0248662_22271373.jpg
a0248662_22272244.jpg
a0248662_22274494.jpg

カムカバー側のカムブッシュは状態が良かったのでそのまま。
ピニオンシャフトブッシュは単品製作し圧入。サイドオイラーのカムブッシュ。



a0248662_22305830.jpg

使用するピニオンシャフトにあわせラッピングロッドとともにレースに軸受けするパイロット製作してピニオンシャフブッシュにラインだしラッピング。



a0248662_22312037.jpg

ピニオンシャフト・ピニオンシャフトベアリング仮組みしクルクルチェック。

a0248662_22375788.jpg
a0248662_2232047.jpg
a0248662_22321786.jpg

カムシャフト周りも組み付け、タイミングギア周り仮組み、同じくクルクルチェックし問題なしでタイミングギア周りO.K







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-30 23:04 | WL ENGINE | Comments(0)
2015年 09月 29日

WL スモールエンドブッシュ

今日はMさんのWL、コンロッドスモールエンドブッシュのお話。

a0248662_0294517.jpg
a0248662_0295567.jpg

状態が悪かったスモールエンドブッシュ交換。
ブッシュ抜き取り後、計測すると0.05mm楕円でしたが、今回はコンロッド側は加工せず、ブッシュで調整します。
使うブッシュはJIMS製で内径は小さめに作られていて、19.86mm。
ピストンピンは20.10mm。このままコンロッドに圧入すると、リーマー加工に苦労するので前加工します。


a0248662_030619.jpg

0.05mm楕円がある分、小さめに内径加工20.0mmに。

a0248662_0301930.jpg

a0248662_0303921.jpg

ブッシュ圧入後リーマー加工。

a0248662_0305857.jpg

リーマー加工後もピストンピンの入りが渋いので、中古ピンを使いラッピング。

a0248662_032296.jpg

初期タイプのピストンピンのクリップ溝のバリ取りなどしても、まだ少々渋い・・・。
ショベルなどのピストンピン(同径20.10mm)ピンはスムーズに通るのにこのピンだと渋い・・・微妙に精度が悪いのかしら。使うピンで直にラッピング。


a0248662_0325731.jpg

最後ホーニングして仕上げ。

a0248662_031833.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-29 00:51 | WL ENGINE | Comments(0)
2015年 09月 13日

WL ENGINE クランクシャフトベアリングレース&カムブッシュ

今日はMさんのWLのお話。
まずはクランクシャフトベアリングレースから。

a0248662_21465368.jpg
a0248662_2147784.jpg
a0248662_21471826.jpg

虫食いが酷かったクランク軸受けのベアリングレースは一旦ラッピングし、虫食いが取れるか見てみたものの駄目。レース交換することに。


a0248662_21473362.jpg
a0248662_21474286.jpg
a0248662_214751100.jpg

a0248662_2231840.jpg

レース抜きとり冶具を製作し、レース抜き取り。


a0248662_21481247.jpg
a0248662_21482241.jpg
a0248662_21484997.jpg

抜き取り後計測。
入っていたレースはSTDサイズ。ケース側のレース受け部分はスプロケット側、ピニオン側ともに楕円なく良好。

a0248662_214912.jpg

a0248662_21491443.jpg

a0248662_21492852.jpg

で新品ベアリングレース圧入。
ベアリングレースはSTDサイズで外径44.52mm ケースとの嵌め城は0.06mm程度。
次回ラッピング作業。


a0248662_2154224.jpg

ここからはカムブッシュのお話。
ガタ多目で、鍔部分にも変形(タペットがあたったと思われる)があったのでブッシュ交換。
カムカバー側のブッシュは状態が良かったのでそのまま。


a0248662_21542196.jpg

a0248662_2155142.jpg

新たに使う、新品カムシャフトとケースのブッシュホール径に合わせかカムブッシュ製作。


a0248662_21553094.jpg

a0248662_21554268.jpg

a0248662_21563413.jpg

a0248662_21564588.jpg

a0248662_21565767.jpg

専用のハイスでオイル溝を掘り、オイル溝が上に来るように位置決めして、冶具を使いダウエルピン穴を開けます。
カムブッシュを交換する際に新たにケース側にダウエルピンの穴を開けるのが嫌なため、この方法でピンをとめます。

a0248662_21571430.jpg


a0248662_21573870.jpg

ケースを暖め、カムブッシュ側のダウエルピン位置とケース側の元々開いていたピン穴位置を合わせブッシュ圧入。


a0248662_21575042.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-13 22:23 | WL ENGINE | Comments(0)
2015年 08月 31日

WL ENGINE バルブシートカット・すり合わせ

今日はMさんのバルブ周りのお話。

a0248662_2149388.jpg

シリンダーは社外の新品。
バルブシートは45度面だけで30度面、60度面は切っていません。
バルブも新品。ステム径は IN8.61mm EX8.62mm~8.63m
ガイド穴はバルブステムに対し0.09mm~0.15mでこいつはこのまま行きます。


a0248662_21502430.jpg

ガイド圧入部分だけ穴が縮んでいるので、ステム系+0.1mm(クリアランス分)のリーマーで内径拡大。
OHVモデルと違いバルブガイドのオイルが行きづらいサイドバルブはクリアランス多めで。


a0248662_2154343.jpg

a0248662_21544926.jpg

バルブ内径に合わせ、シートカット専用ステム製作。
ガイド穴を軸にしてシートカッターを回転させカットするため、ステムとガイドにガタがあってはいけません。
ガイドに対し0.01mm~0.02mm細いステム製作。


a0248662_21505725.jpg

まず、シートカット前のバルブとシートのあたりっぷりチェック。
バルブとシートは全周であたっていますが、微妙な角度のズレであたりっぷりが悪い。


a0248662_21532844.jpg

まずは45度面。
新品でシートの状態はもちろん良いので45度面はカットせず、擦り合わせをしてシートとバルブがちゃんとあたる状態にする。


a0248662_21554469.jpg
a0248662_21555789.jpg

45度面が出たところで、30度面、60度面シートカット。


a0248662_21561723.jpg

a0248662_21563435.jpg

バルブに傘の中心にあたり位置がくるように、あたり幅が1.5mm程度になるように調整しつつシートカット。

a0248662_21565467.jpg

a0248662_2157525.jpg

同じくインテーク側も。

a0248662_21573211.jpg

最後にポート内に灯油を入れ漏れチェックして終了。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-31 08:43 | WL ENGINE | Comments(0)
2015年 08月 23日

WL ENGINE 分解・計測作業その2

今日はMさんのWL分解作業の続き。

a0248662_1974182.jpg
a0248662_1975116.jpg

まずはコンロッドの虫食いが酷かったベアリングレース。
とりあえずラッピングしてみて、虫食いがとりきれるか?
ちなみにMAXo.sのローラは+.001”で6.37mm。クランクピン直径25.35mm。クリアランス0.03mmとするとビックエンドレース内径が38.12mmで虫食いが無くならなくてはいけません。


a0248662_198288.jpg

残念ながらフロント、リア共に取り切れず・・・。レース交換します。

a0248662_1984112.jpg

a0248662_1992571.jpg

こちらはクランクシャフトベアリングレース。
こちらも虫食いが酷い。
スプロケットシャフト、ピニオンシャフト共に直径22.22mmとして、同じくMAXo.sのローラは+.001”で6.37mm、クリアランス0.03mmだとすると、レース内径34.99mmで虫食いがとりきれなくてはならない。

a0248662_1994822.jpg

a0248662_1910020.jpg

a0248662_19101072.jpg

a0248662_19102123.jpg

専用ラッパーを使いラッピング。
こちらも残念ながら駄目。レース交換します。

a0248662_19104522.jpg
a0248662_19105671.jpg

こちらはカムブッシュ。
状態が悪かったケース側ブッシュは全交換。
カムカバー側はピニオンブッシュだけ交換。

a0248662_19111311.jpg

a0248662_19112990.jpg

a0248662_19114185.jpg

a0248662_19115539.jpg

クランクケースブッシュホール、新品カムシャフトにあわせブッシュ製作。
オイル溝きり専用、ハイスバイトを使い溝きり。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-23 23:24 | WL ENGINE | Comments(0)
2015年 08月 03日

WL ENGINE 分解・計測作業

今日は新入生MさんのWLエンジンのお話。

a0248662_034372.jpg


a0248662_0342699.jpg

a0248662_12960.jpg

a0248662_122857.jpg

まずはクランクから計測。
随分なガタがあったビッグエンド部分、計測してみるとクリアランス(ガタ)は0.2mm~0.3mm
クランクピンは新品に交換。幸いローラーが随分減っていたようで、レース自体の減りは少ない。
レースラッピングをして虫食い、錆びをとり、使えるか判断します。



a0248662_0343866.jpg
a0248662_035095.jpg

ピニオンシャフト・スプロケット周り
同じくレースは錆・虫食いが酷い。こちらもラッピングしてみて使えるか判断します。


a0248662_0351844.jpg
a0248662_0352873.jpg

カムシャフト、ブッシュ周り計測。
カムギアはギア、カムともにやられているので交換予定。
ブッシュは新品カムシャフトのサイズにもよりますが、ケース側は駄目そうです。


a0248662_0354434.jpg

a0248662_0355542.jpg

タペットとガイドのガタは0.05mm程度でこちらはそのまま使います。
ローラーは全交換。


a0248662_036952.jpg

a0248662_0362225.jpg


シリンダーとピストンは社外製の新品。
ピストンとシリンダーのクリアランスは0.04mmでつめつめ。
社外製のシリンダーはヘッド、ベース面に対し垂直に穴が開いていない場合がありますので、1サイズオーバーのピストンでボーリングします。

バルブガイドは新品バルブステムに対し0.1mm~0.18mmのクリアランス。
こいつはこれで良しとします。




a0248662_0363976.jpg

シリンダーとケースのフィッティング。
社外のシリンダー、ケース収まらない・・・などということがあったら困るので予めチェック。







住吉神社例際

a0248662_0371877.jpg

a0248662_0373031.jpg

a0248662_0374763.jpg

今日は地元、月島・佃で3年に一回行われるお祭りでありましたので、お仕事の後に久しぶりの月島へ。
残念ながらお神輿は担げませんでしたが、宴会には合流。
久しぶりの面々とお決まりの小・中・高時代のお話でタイムスリップ。
昔と変わらない路地裏とともに、増え続ける高層ビルと商業施設の町並みに自分の年波を感じるのでありました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-03 01:37 | WL ENGINE | Comments(0)