カテゴリ:38VELOCETTE KSS MKⅡ( 6 )


2015年 12月 10日

38VELOCETTE KSS MKⅡ キャブセティング・手直し

ミッション、プライマリーのオーバーホールが終わり、試乗のはずがスイッチの不良からヘッドライトが点かず。
使ってない配線があったりということで配線引き直し。

a0248662_274778.jpg


a0248662_28150.jpg

a0248662_281965.jpg

a0248662_283027.jpg

a0248662_284299.jpg


a0248662_2111316.jpg

で第一回目の試乗。
プラグは真っ黒さん。初めは好かったものの、途中からオーバーフローしてい終了。
キャブ周りと試乗中に気になったところを手直ししていきます。


a0248662_2113631.jpg

a0248662_2115236.jpg

a0248662_212276.jpg

キャブレーター分解。
以前に苦労した跡ががあるフロートバルブ。バルブも駄目ですが、フロートのクリップの締結力が弱く、フロート位置が定まらない。


a0248662_212184.jpg

で新品バルブとフロートに交換。
この新品バルブには溝が2本切ってあるのですが、上の段に付けると、フロートがフロートチャンバーの蓋にあたりオーバーフローします。必然的に溝位置は下の段に。


a0248662_2123338.jpg

AMAL別体フロートはスローのJETをもたず、フロートレベル調整ということになってます。
基準値はエアースクリューの下6mm程度。
とりあえず、オーバーフローすることなくガソリンが止まるようになりました。


a0248662_2233581.jpg

a0248662_2234778.jpg

セッティングにあったってサイズが分からなかったニードルジェットとメインジェットをマニュアル値の#150に交換。ニードル位置は中間位置に。



で試乗中に気になったクラッチ回りの手直し。
普通にクラッチを繋いでいるときは良いのですが、ハイギアからエンジン回転を上げクラッチをミートしようとすると、クラッチ版が空回りしている感覚があったので分解してチェック。

a0248662_224873.jpg

スペーシングディスクの爪の部分に削れた跡が。
スペーシングディスクの凸部分とプレッシャープレートの凹部分のかかりっぷりが悪く、クラッチミート時にトルクがかかると抜けてしまったのでしょう。大分深い傷になっていますので以前から同じ現象があったのでしょう。
分解時にちゃんとチェック出来ていいませんでした・・・。

a0248662_2254127.jpg

a0248662_2251193.jpg

a0248662_22608.jpg

新品のプレートに交換し、予防で爪部分を曲げて調整。


a0248662_2262799.jpg

ガタがあったネックは調整。

a0248662_2264863.jpg

a0248662_227523.jpg

ガーターフォークのスラスト調整。
ガーターフォークはフォーク側とステアリング側がリンクアームとシャフトで連結され、シャフトが摺動部となり上下運動します。

a0248662_2275085.jpg

車体右側のリンクアームには雌螺子が切ってあり雄螺子が切ってあるシャフトと結合しています。
このシャフトを回すことでシャフト位置を変え調整します。


a0248662_228417.jpg

車体左側のシャフトの段つきの量でスラストを決めます。
両サイドのリンクアーム横のローレットワッシャーがガタが無く動く位置シャフトを動かし調整。
ガタが無ければ抵抗になり動きが渋くなり、ガタが多ければガーターフォーク自体のガタにつながります。

a0248662_2285692.jpg

サイドスタンドで調整すると横方向に力がかかった状態になりますので、車体を垂直に立てフォークを動かしながら調整すると分かりやすいです。

a0248662_3551496.jpg

a0248662_3553819.jpg

a0248662_356616.jpg

a0248662_3564976.jpg

大分オイルが吹いていたので、ガスケット製作して取り付けついでにタペットクリアランスチェック。

a0248662_2291012.jpg

a0248662_2292311.jpg

というわけで試乗。
クラッチ周り、、ミッション周りは問題なし。
プラグの焼けっぷりはいいものの、走った感じはもうちょいという感じ。
もうちょっと走りこんでみます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-10 02:14 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2015年 11月 21日

38VELOCETTE KSS MKⅡ プライマリー周り組み付け その2

a0248662_135955.jpg

今日は修理以来のベロセットのお話。
干渉ポイントが盛り沢山のベロのプライマリー周り。仮組み、クランキングを繰り返し組み付けていきます。

a0248662_1352829.jpg
a0248662_1353868.jpg

a0248662_1355324.jpg

まずは前回仮組みした時に、プライマリーチェーンが何処かで干渉していた問題。
犯人はダイナモベルトカバーマウントのスタッドナットとチェーン連結部のクリップさん。
スタッドとスタッドナットを薄くし解消。


a0248662_136698.jpg

プライマリーチェーンの干渉は無くなり、クラッチを切った際にアウタープライマリーカバーがクラッチプレッシャープレートと干渉することも無くO.K。(クラッチの切れが悪いベロはここが干渉している場合がある。)


a0248662_1363078.jpg
a0248662_1364146.jpg

ダイナモベルトカバーも組み付け。ここも盲点で良く干渉してしまっている。
インナーダイナモベルトカバーはプライマリーカバーのマウントスタッドとマグネトーマウントのバンドに共留め。
バンド止めされているダイナモはシャフトがボディーに対しエキセントリックになっていて、ダイナモを回転させることでベルトの張り調整するのですが、一本のバンドで止められているため、スラスト方向にもダイナモがマウントできてしまいます。インナーベルトカバーもバンド留めなので、ダイナモとインナーベルトカバーは自由にマウントでいてしまいます。
とりあえずは、エンジン側のプーリーとダイナモ側のプーリーが平行になるように位置決め。

a0248662_1365699.jpg

a0248662_1371163.jpg

a0248662_1372929.jpg

でアウターダイナモベルトカバー取り付け。
以前にクランクシャフトとダイナモプーリーが干渉していた跡があるので、光明丹をつけてチェック。
干渉しているようなら、インナーカバーをスライドさすかシム調整って感じです。


a0248662_1374648.jpg

a0248662_138573.jpg

a0248662_1381593.jpg

プライマリーチェーンの遊び調整。
スプロケットを新品に変えたのでもちろん着つくなっています。
ミッションプレートにマウントされているボルト、上2本、下1本を緩め、アジャスターで調整。
このマウントボルトを緩めるのと、アジャスターを回すのが困難・・・おまけにしたのマウントボルト部にオイルホースがある為時間を費やす。


a0248662_1383365.jpg

リアドライブチェーンは干渉無しでO.K

a0248662_1385149.jpg

エンジンオイル、ミッションオイル交換。
で忘れていた、ミッションのなめていたドレンボルトは真鍮さんで製作。はずしやすいように頭は長めにしてあります。このボルトはBSP1/8-28(配管ボルト) 1/4Wのレンチで緩みます。


a0248662_1394777.jpg

というわけでエンジン始動。
エンジンのかかりも良くアイドリングも安定しています。
試乗しようと外を見ると既に真っ暗。バッテリーを付けライト周りをチェックするとなんだかおかしい。配線もちゃんと見なくてはなりません・・・・。というわけで試乗はお預け。また次回。

by sgf1906 | 2015-11-21 02:25 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2015年 11月 14日

38VELOCETTE KSS MKⅡ プライマリー周り組み付け

a0248662_055104.jpg

修理依頼のベロセットKSSマークⅡ。
クラッチチェーンホイールはインサートタイプからフリクッションが張り付いているもの(新品)に交換。

a0248662_0553916.jpg

a0248662_0554918.jpg

圧入工具を作り新品ベアリングをプレスで圧入。
しかしながら、圧入がきつくベアリングの動きが悪くなる。忘れてた新品ベアリングはこのパターンがあるのでした。

a0248662_0561598.jpg
a0248662_0562677.jpg

で計測。
スプロケットホイールベアリング圧入部の内径よりベアリング外径が0.1mm大きい。つまりハメ代0.1mmこれでは渋くなる。

a0248662_0565074.jpg

a0248662_057782.jpg

a0248662_0571910.jpg

というわけでスプロケットホイール圧入部、内径拡大。
取り付け冶具を製作しようと思ったが、幸い旋盤に銜え、スプロケット部分をダイヤルで計測すると振れは問題なく、切削できました。
約0.07切削しハメ代0.03mm。

a0248662_0582788.jpg

圧入しベアリングもスムーズに回ります。

a0248662_0584130.jpg
a0248662_0585238.jpg

クラッチ組み付け。フリクッションディスクも新品に。

a0248662_059147.jpg

ギアボックッスとプラマリカバーの間のガスケットは耐油コルクで製作。

a0248662_0592944.jpg

オペレーティングパッドシムはもともと3枚入っていたのでそのまま3枚入れます。(普通2枚)
ここの厚みを調整し、ギアボックスボールベアリングのシーリングワッシャーとクラッチオペレーティングスラストカップが干渉しないようにしています

a0248662_0595714.jpg

クラッチスラストベアリングは状態が良くそのまま。

a0248662_101057.jpg

プライマリーマウントスクリューはワイヤリング。
ワイヤリングはねじが緩まないように締まる方向に巻きます。

a0248662_102335.jpg

クラッチスラストピンを忘れずに入れる。

a0248662_1110100.jpg

エンジンスプロケット、クラッチホイールスプロケット、プライマリーチェーンを組む。

a0248662_112483.jpg

もともと1枚の厚いものが入っていたスリーブギアワッシャーは2枚入れます。
これはクラッチスプリングの引っかかり突っ張りを防ぐために2枚入っているものと思われます。

a0248662_113656.jpg

長さがバラバラだったスプリングも新品にして均一に。

a0248662_115444.jpg

クラッチスプリングホルター(アジャスター)を入れ、スプリング、スリーブギアを組む。
スリーブギアはドッ付くまで締め込み。

a0248662_12573.jpg

クラッチスプリングホルター(アジャスター)はクラッチが切れ始めるところまで締め付け、キックスタータークランキングしつつ、1/4回転、1/8回転、緩めながらクラッチが滑らず、しっかり切れるところにします。

a0248662_122434.jpg

a0248662_1245100.jpg

a0248662_12574.jpg

エンジンスプロケットナットはドン付まで締めこむと、ロックピン穴が随分合っていなかったのでシムを製作調整。

a0248662_131331.jpg

a0248662_133582.jpg

a0248662_134859.jpg

さぁここからが厄介。
薄々プライマリーのベロセットはプライマリーチェーンやらドライブチェーンやらダイナモベルト付近やら干渉ポイントが多いので、一旦仮組み。干渉している場合はあの手この手で解消していきます。
ドライブスプロケットは干渉していませんが、プライマリー側は一部干渉している音が・・・。

a0248662_141615.jpg

アウタープライマリーのダイナモカバーマウントのスタッドボルトのナットが干渉しています。
以前に溶接されてしまっているので削るしかありませんな・・・。

というわけで今日はここまで。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-14 02:06 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2015年 09月 12日

38 VELOCETTE KSS MKⅡ ミッション組み付け


今日は修理依頼のベロセットKSS MKⅡのミッション周りのお話。


a0248662_23575116.jpg

a0248662_235826.jpg

a0248662_23581553.jpg

ギアボックス、レイシャフトの2nd、3rdギアのブッシュのガタが多く、スラストも多かったのでブッシュ交換。
シャフトに圧入で留まっている1st、2ndギアをプレスで抜く。
固着しているのか、抜くのをやめてしまいたくなるぐらいの圧入がキツイ。


a0248662_23582531.jpg

a0248662_23583638.jpg
a0248662_2358471.jpg

それぞれ計測し、ブッシュ製作。


a0248662_23591973.jpg

a0248662_23592967.jpg

a0248662_2359394.jpg

ギア側にオイル穴が開いていますので、位置合わせをして、オイル穴とおいる溝を作る。

a0248662_2359504.jpg

a0248662_001145.jpg

それぞれギアにブッシュ圧入し、ホーニング。
シャフトとのクリアランスは余裕を持って0.04mm~0.05mm。


a0248662_002787.jpg

a0248662_004311.jpg

a0248662_005292.jpg

レイシャフトにドッグギア、2速、3速ギアを入れておき、1速、4速ギアを圧入。
ギアの入りっぷりで2速、3速ギアのスラスト量が変わります。スラスト量を確認しつつ圧入。
圧入がキツイ為、調整に少々苦戦。


a0248662_01899.jpg

a0248662_01243.jpg

a0248662_014585.jpg

ガタガタだったレイシャフトベアリング交換。
車上でやるため、押し込み冶具をつくり、ケースを暖め、圧入。
ベアリングとシャフトの入りっぷりも、ずずずっと入る感じで良し。もちろんガタなし。


a0248662_01572.jpg

組み付け。
まずはスリーブギアをベアリングに圧入。こちらも入りっぷり良し。
で、スリーブギアにはドッグギアが付いているのですが、そのドッグギアとスリーブギア(4速ギア)の間が合っているところと、ズレているところがあります。
ギアがずれているところで、レイシャフトギアを入れようとしても、ドッグギア部分が邪魔し入りません。
写真のように、4速ギアとドッグギアの間があっているところを下向き(レイシャフト側の向き)にして組みます。
ちょっと写真では解りづらいですね・・・・。

a0248662_02348.jpg

a0248662_024778.jpg

スリーブギアをベアリングに圧入語、レイシャフトASSYとメインシャフト2速、3速ギアとレイシャフト側メインシャフト側それぞれのシフターフォークをギアボックスに入れ、レイシャフトASSYをベアリングに差し込む。
車上でやったのは初めてで少々苦戦。
車体、左側から(プライマリー側)メインシャフトを差込み、シフターフォークシャフトを差し込む。


a0248662_03040.jpg

a0248662_031130.jpg

カバー側のメインシャフトベアリングも交換し組み付け。

a0248662_032114.jpg

スターターも付け、一旦仮組みして、ギアチェンジチェック。
問題ないので本組み。
という訳でギアボックス完成。キックギアが抜けなければ良いのだが。







1968XLH900

a0248662_034024.jpg

a0248662_035458.jpg
a0248662_041332.jpg

Sさんのアイアンスポーツ、修理作業も終わり復活!






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-12 00:43 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2015年 09月 02日

38 VELOCETTE KSS MKⅡ ミッション分解

修理以来のベロセットKSS MKⅡのお話。
クラッチ周りに問題があった車両、パーツがそろったので作業に取り掛かります。

a0248662_1235352.jpg


a0248662_1245282.jpg

まずはスリーブギアのオイルリテーニングシム。
オイル漏れを嫌ってか、リテーニングリングがスリーブギアベアリングのインナーレースにかぶってしまっています。スリーブギアベアリングのインナーレースにはディスタンスカラーがあたりクラッチのバックプレートがともに回ります。
オイルリテーニングシムはリテーニングリングで止められているので、オイルリテーニングシムがベアリングと一緒に回ってしまうと、シムが破綻もしくはリテーニングリングが緩んでしまう原因になります。

a0248662_125406.jpg

a0248662_1255340.jpg

カシメをとり、以前製作した専用工具でリテーニングリングを取ります。
ここは固着して取れないことが多いので、無事取れてホッと一息。

a0248662_126736.jpg
a0248662_1261716.jpg

当時ものと思われるスリーブギアベアリングが入っています。
回りっぷりもゴロゴロ・・・・。うーんベアリング交換することに。


a0248662_1265379.jpg

スリーブギアベアリングを交換するにはミッションを分解しなくては。
ということで車上でミッション分解。
シフターシャフトを抜いてギア抜き取り。

a0248662_127469.jpg

a0248662_1272193.jpg

結構なスラッジ。


a0248662_1291169.jpg

とりあえず綺麗にしてネジ修正。


a0248662_1275381.jpg

a0248662_128654.jpg
a0248662_1281836.jpg

でスリーブギアベアリングとオイルリテーニングシムを組み付け。
ディスタンスカラーが当たらない位置にシム付け、リテーニングリングを締めます。

a0248662_130850.jpg

ギア類は問題なし。

a0248662_1302793.jpg

a0248662_1303966.jpg

レイシャフトのボールベアリングは酷いガタ。
こいつも交換ですが残念ながら在庫なし。パーツ待ちです。

a0248662_131554.jpg

でもうひとつの問題。
垂直に立っているはずのキックアームが斜め。キックアームが戻りきっていません。
ベロのスターターはキックアームを踏むと回転しながらラチェットギアが押しスプリングに押され、レイシャフト1STギアと結合しクランキングし、リターンスプリングにより元に位置に戻ります。
つまり、ラチェットギアが戻りきっていないので、1STギアと干渉してしまいます。またキックのストローク量も減ってしまいます。

a0248662_1312737.jpg

ギアが干渉しないように、ガスケットの厚みを増して逃がしていました。


a0248662_1331047.jpg

スターター分解。
スターターハウジングにはOリングが入るように加工してあります。

a0248662_1332578.jpg

ラチェットギアは少々磨耗していますな・・・。
とりあえず一回組んでみて抜けるようなら交換します。


a0248662_1351040.jpg

a0248662_1352186.jpg

リターンスプリング、押しスプリングともにへたっていたので交換。

a0248662_1353694.jpg

少々コツがいるベロのスターター組み付け。
ハウジング内にスプリング類を入れておき、ラチェットギアを固定し、ハウジングをグルっと回転させて、キックアームを取り付ける。

a0248662_1355729.jpg

a0248662_1361471.jpg

アーム、ラチェットギア、ちゃんと戻っています。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-02 02:39 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2015年 06月 24日

1938VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_1443358.jpg

修理以来でお預かりしたベロセットKSS MKⅡ
オーナー様が最近手に入れた車両ですが、ちゃんと走ってくれずウチに来た時にはエンジンがかからない状態でありました。
ちゃんと走れるようにして欲しいとの依頼。
とりあえずエンジンがかからないと状態もわかりませんので、エンジンがかかるようにします。



a0248662_1445457.jpg

a0248662_145515.jpg

a0248662_1451738.jpg

まずは全然効いたいなかったデコンプ。
ロッカーカバーを開けてみるとEX側のロッカーアームが随分開いてしまっています。
ロッカーピンのロックナットが緩んでしまったのでしょう。
ランニングのタペットクリアランスはIN側0.15mmEX側は0.25mm
タペットクリアランスを合わしたらデコンプは効くようになりました。


a0248662_151586.jpg

a0248662_153191.jpg

a0248662_1533728.jpg

バルブタイミングと点火タイミングをチェック
バルブタイミングを見るときはタペットクリアランスをチェッキングクリアランス(IN、EXともに0.63mm)にして見ます。

バルブタイミング実測値
IN OPEN BT40 CLOSE AB75 EX OPEN BB70 CLOSE AT60

KSS MKは純正で2種類カムがあるらしく、1939年以降に使われていた17/7というカムにプロフィールが近い。
17/7CAM TIMING
IN OPEN BT35 CLOSE AB65 EX OPEN BB70 CLOSE AT30

点火時期チェック。
フル進角位置、圧縮上死点前35度 遅角位置 圧縮上死点前5度 進角レバーに印を付けておきます。


a0248662_1484824.jpg

滑りまくっていたクラッチ分解、チェック。
クラッチが滑ってしまい、エンジンがかかりづらいのはベロではよくあること。

a0248662_149934.jpg

a0248662_1491993.jpg

クラッチスプリングはそれぞれ高さが違う・・・。
スリーブギアナットのシムは随分厚いものが入っています。シムを厚くしてスプリング圧を増やしていたのでしょう。


a0248662_1493227.jpg

単品製作したと思われるスリーブギアベアリングのシールワッシャー
このシールワッシャーはスリーブギアベアリングを止めるリテーニングリングでベアリングのアウターレース部分と共止めになるのですが、インナーレース側に被さっていてはいけません。ディスタンスカラーを介しクラッチバックプレートの力がかかり、回転してはいけないシールワッシャーに回転する力がかかってしまいます。



a0248662_1495097.jpg

心配していたスラストベアリングは良好。

a0248662_1501111.jpg

a0248662_1502235.jpg

スチールクラッチプレートは歪んでいます。

a0248662_1503490.jpg

a0248662_1504537.jpg

クラッチインサートは裏と表で随分と減りっぷりが違います。

a0248662_1541720.jpg

とりあえず一旦組み直し、エンジン始動。
クラッッチの滑りは無くなりエンジンがかかったものの、クラッチの調整しろは以前とほぼ変わらず。
つまりまた滑ってしまうでしょう。クラッチ周りは一新したほうが良いでしょう。





a0248662_1543288.jpg

a0248662_1544244.jpg

で試乗してみました。気になるところが何点かあるもののちゃんと走ります。
NGK5番をつけたもののプラグは真っ黒。キャブも見なくてはいけません。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-24 03:38 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)