カテゴリ:1976XLCH1000( 18 )


2017年 01月 21日

1976XLCH1000 外装周り

今日はZくんもアイアンスポーツ、外装周りのまとめ的お話。


a0248662_8394277.jpg


a0248662_839861.jpg
a0248662_8392165.jpg

オイルタンクは純正タンクを徹底清掃後取り付け。
上下ステー製作し取り付け。

a0248662_8395677.jpg

a0248662_840765.jpg

60年代のフレームに70年代のエンジンが付いているため、フットペグがすんなり付かない。(もともとちゃんと留まっていなかった)
フットペグを熱し曲げ位置を出し取り付け。


a0248662_8402322.jpg
a0248662_840373.jpg
a0248662_840491.jpg
a0248662_8411760.jpg
a0248662_841284.jpg

オーナーZ君が持ち込んだシーシーバーももちろんポン付けができず、単品加工(ほぼ製作)しフェンダー位置を合わせ取り付け。また、マフラーも位置あわせステー製作し取り付け。
シーシーバーにフェンダーステー、リアサイレンサーステー、テールランプ、ナンバーマウントを取り付け。
このあたりの作業はすべてTRUE CLASSICさんに出張してもらいやってもらいました。カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまで。


a0248662_8563375.jpg

a0248662_8415369.jpg

状態が酷く新品に交換したスプロケットカバーはチェーンを取り付けると干渉。
干渉している部分を削り取り付け。


a0248662_8432035.jpg

a0248662_8443240.jpg

a0248662_8433178.jpg

a0248662_8445135.jpg

ライトサイドマウント部の長さがおかしかったフロントアクスルシャフトは旋盤講習も兼ねピッタリカラーをZ君が製作。



a0248662_8451042.jpg

外装周りの作業も終わり、お車検業務。
無事車検も通り、試乗し膿みだし作業となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-21 09:05 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 19日

1976XLCH1000 車体周り

今日はZくんのアイアンスポーツのお話。
実は今日Z君のアイアンスポーツは車検取得しました。
しかしながら、ブログではそこまで話が進んでおらず・・・今日は車体周りのまとめ的ブログです。


a0248662_22315017.jpg

a0248662_2232653.jpg
a0248662_2232179.jpg

ネックベアリングは段つき磨耗していたインナーレース交換、ボールも交換し取り付け。


a0248662_22324118.jpg
a0248662_22325542.jpg
a0248662_223394.jpg

フロントフォークはシール交換し、+4”のインナーチューブに交換し組みつけ。


a0248662_2234519.jpg

a0248662_22334883.jpg

a0248662_22351252.jpg

フロントホイール周り。リアホイールは以前ブログにアップ済み。
リム組みをして、振れとり。 テーパーベアリングは交換しシムえを使いスラスト量調整。



a0248662_22353245.jpg
a0248662_22354586.jpg

a0248662_22355975.jpg

ホイールをフレームにつけホイールのセンターだし。


a0248662_2237422.jpg

a0248662_2238982.jpg

ガタが多く酷かったサイドスタンドは交換。
タイヤをつけローリングシャシーに。

a0248662_22383119.jpg
a0248662_22384516.jpg
a0248662_2239377.jpg

a0248662_22391719.jpg
a0248662_22392810.jpg

フロントブレーキキャリパー分解清掃し、シール交換。
74年から76年まで使われているこのキャリパーのブレーキパッドはリベット止め。
リベットをもみ抜き取り新たにパッド取り付け。


a0248662_22394357.jpg
a0248662_22395513.jpg
a0248662_22401377.jpg

長いフォーク、長いハンドルにあわせ、ブレーキホース製作。
マスターシリンダーはグリメカに中古をオーバーホールし使用。


a0248662_22404634.jpg

a0248662_2241935.jpg

a0248662_22413088.jpg

リアドラムはもともと付いていたものは歪んでいたので新品に交換。
ブレーキシューも張替え済み。
ブレーキクロスシャフトはフレームリアエンド側がリジットなので加工し取り付け。
また、ブレーキロッドもリジットのためブレーキアームをオフセットさせ取り付け。


というわけで今日はここまで。たぶん明日もZ君ネタだと思います。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-19 23:04 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 13日

1976XLCH1000 エンジン腰上組みつけ

先日エンジン始動したZ君のアイアンスポーツでありますが、ブログを見てみると作業内容をほとんど上げていなかったにで、今日はまとめ的ブログです。



a0248662_9114915.jpg
a0248662_912126.jpg
a0248662_9121134.jpg

シリンダーはボーリング済み、上面、下面ともに面研済み。
ピストンリングギャップ、クリアランスを点検後、トルク管理してシリンダー組みつけ。



a0248662_9122685.jpg
a0248662_9123612.jpg
a0248662_9124794.jpg
a0248662_9131295.jpg
a0248662_9134954.jpg

ヘッドも組み付け作業が終わっていますので搭載。
ここでひとつ問題。シリンダーヘッド面を面研したため、シリンダーインロー凸部分が少し出た状態になり、STDサイズのヘッドガスケット厚み0.4mmのものだと、どっついてしまう恐れがありましたので、1.1mmの厚いヘッドガスケットを入れ対処。
マニホールドの角度をあわせヘッドもトルク管理し取り付け。




a0248662_914865.jpg
a0248662_9143089.jpg



a0248662_914457.jpg
a0248662_915693.jpg
a0248662_9153139.jpg
a0248662_9154236.jpg
a0248662_916075.jpg


プシュロッド取り付け、タペットクリアランス調整。プッシュロッドはクロモリ製のものにコンバート。
キャブレーター清掃・チェック後取り付け。
スロットルケーブルも長さ調整し取り付け。
これでエンジン周りの作業は終わり、この後は外装周りであったのですが、これがなかなか苦労したのであります。
というわけで、また次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-13 09:40 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2015年 12月 14日

1976XLCH1000 プライマリー周り組み付け

今日はZ君のアイアンスポーツ。プライマリー周り組みつけのお話。

a0248662_0343647.jpg



a0248662_034587.jpg

まずはキックスターター周り。
溶接モリモリで駄目だったスプロケットカバーは新品に交換。
そのためキックシャフトの左右軸受けブッシュの位置関係が変わったため、現物で少々ラッピング。

a0248662_035148.jpg

クラッチスプロケットスペーサー(スターターラチェットブッシュの受け)はストックしていた良品と交換し、ガタ良好。ギアも問題なし。

a0248662_0355447.jpg

a0248662_0362616.jpg

キックシャフトのでっぷりはシムで調整。出過ぎるとクラッチシェルと干渉し、出が少ないとスタータークランクとケースが干渉します。
クラッチハウジングを仮止めしチェック。


a0248662_0363755.jpg

a0248662_0374094.jpg

a0248662_0372082.jpg

クランクスプロケットシャフトシール付け、フレームに腰下搭載。

a0248662_039213.jpg

クラッチハウジングベアリング交換。

a0248662_0393594.jpg

クラッチスプリング取り付け長を調整するスペーサーはSTDサイズ。

a0248662_0394699.jpg

スチールディスクの曲がりチェック。問題なし。
クラッチ周りは以前に修理しているようで状態良し。

a0248662_040525.jpg

a0248662_0401621.jpg

スプロケットシャフトナットはやられていたので新品に交換。
ねじ修正し取り付け。

a0248662_0403250.jpg

チェーンアジャスターの螺子もやられていたのでヘリサート加工。


a0248662_041885.jpg

クラッチハブを規定トルクで締め付け。

a0248662_041302.jpg

a0248662_0415214.jpg

クラッチ周りを組みつけ。
大きな2本のスプリング(アウターとインアー)と同じ長さのクラッチスペーサーでスプリング取り付け長を決めている71年以降のクラッチは細かな調整いらず。

a0248662_042593.jpg

a0248662_042186.jpg

スプロケットシャフトナットも規定トルクで締め付けプライマリー周りO.K。




今日のスイーツ

a0248662_1322337.jpg

卒業生Sさんからの差し入れ。
コンビニスイーツのレベルがどんどん上がっている中、やっぱりお菓子屋さんのお菓子は一味違う。
「チーズ大福」 冷たいレアーチーズ的なチーズが大福さんに。甘すぎずGOODです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-14 01:42 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2015年 10月 01日

1976XLCH1000 オイルポンプ

今日はZくんのアイアンスポーツ、オイルポンプの組み付け。

a0248662_2442197.jpg

オイルポンプボディー、内壁の傷は少々あるものの、これぐらいは許してという感じでこのまま使います。

a0248662_2461998.jpg

ボディー面とギア面のクリアランスチェック。
フィード側、リターン側ともに、ほぼゼロでO.K。
アイアンのガスケットはペラペラで0.15mm程度。この厚みがクリアランスとなります。

a0248662_2463948.jpg

問題がチェックバルブ。
元々入っていたチェックバルブは随分硬いものが入っていました。以前チェックバルブの効きが悪く苦労したのでしょう。

a0248662_247414.jpg

チェックバルブのあたりっぷりをチェックし擦り合わせ。

a0248662_2475266.jpg

光明丹をつけチェック。

a0248662_2481310.jpg

a0248662_2482533.jpg

で灯油チェック。これで漏れが止まってくれれば良いが。


a0248662_2491342.jpg

a0248662_2514811.jpg

a0248662_2494072.jpg

オイルポンプ仮組み。
70年代アイアンのオイルポンプは位置決めピンが無いので、ボディーを動かしつつ、ブリーザーバルブギアを回しながらポンプボルトを締め付け、スムーズに回る位置にをだします。
ギアが良く回る位置はボディーに印を付けておきます。

a0248662_2495555.jpg

a0248662_2501012.jpg

オイルポンプ本組み。締め付けトルクは10N.m程度。
ブリーザーギアのタイミングを合わし、オイルポンプドライブギア取り付け。
オイルポンプドライブギアの印が上に来るときに、ブリーザーギア〇がインアースリーブの凹の位置に来るようにします。

a0248662_2502373.jpg

ホースを取り付け、オイルチェック。

a0248662_2503462.jpg

a0248662_2505114.jpg

a0248662_251326.jpg

ビッグエンド、ロッカーへのオイルライン、リターン共に問題なし。
というわけでオイルポンプO.Kです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-01 03:31 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2015年 05月 04日

1976XLCH1000 リアホイール

今日はZ君のアイアンスポーツRホイール周りのお話。

a0248662_9292663.jpg

a0248662_9293943.jpg

a0248662_9295152.jpg

まずはベアリング交換。
78年までのKフレームのリアハブはボールベアリング。
ドラム側は2連で入り、ディスタンスカラーを入れ車体左側はベアリングを入れロックナットを締めます。


a0248662_9302468.jpg

a0248662_9303634.jpg

a0248662_9304772.jpg

リムは16”から18”に交換。
リアのスポークは40本同じもの。ドラム側から順に1本ずつ組んでいけます。
4クロスになるように組み振れ取り。


a0248662_9312596.jpg

a0248662_9315284.jpg

後付けリジットになっているフレームに装着し、フレームとホイールのセンターが出ているかチェック。
もともと付いていたカラーだとリアエンドを広げないと入らず・・・。
どうにか広げて入れてみると、ハブ自体がドラム側(車体左側)に押されリムのセンターが随分ずれている。
カラーの長さ短く調整し、リアエンドを広げることなく組んでみると、ホイールのセンターも良いところに。


a0248662_932257.jpg

a0248662_9321364.jpg

a0248662_932252.jpg

ここで一つ問題がスプロケットが横方向に随分と振れている・・・。
スプロケットをはずしてドラム自体を見てみても振れてます。ホイールハブ自体は問題なし。
ブレーキドラム自体は歪んでいるようです。こいつは新品に交換することに。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-04 09:54 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2015年 03月 01日

1976XLCH1000 スプロケットシャフトベアリング

今日はZ君のアイアンスポーツスプロケットシャフトベアリングのお話。
クランクの芯だしが終わり腰下組み付け作業突入です。

a0248662_22255644.jpg
a0248662_222695.jpg

76年までのアイアンスポーツのスプロケットシャフトベアリングはレースが一体式になっているテーパーベアリングが使われます。

a0248662_2237087.jpg

シャフトにベアリング圧入。

a0248662_22262090.jpg
a0248662_22263043.jpg

ケース側にもベアリングレース圧入。
Cクリップを忘れずに。

a0248662_22273598.jpg

両サイドベアリングの間にはスペーサーシムが入ります。
このスペーサーの厚みでスプロケットシャフトベアリングのスラスト量が変わります。
厚くなればスラストが増え、薄ければ減ります。
このベアリングはレースが一体式なので、備え付けのスペーサーシムの厚みで問題はない筈なのですが一応チェック。

a0248662_22274598.jpg

マニュアル上のスラスト量は0.025mm~0.177mm。0.1mm以上は少々大きいと思うが・・・・。
実測値 0.05mmで問題なし。


a0248662_22275822.jpg

クランク、ピニオンベアリング、カムギア、ピニオンギアを仮組みして回りっぷりチェック。
変な渋み、引っかかりなど無く問題なし。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-01 22:53 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2015年 02月 10日

1976XLCH1000 クランク芯だし

今日はZ君のアイアンスポーツクランク組み付けのお話。

a0248662_1188.jpg


a0248662_111922.jpg

組み付け前に再度、オイルラインチェック。
クランクピン、3つあるうちの一つのオイル穴の通りが悪い・・・液体ガスケットのカスが詰まっていました。
危ない危ない。


a0248662_113249.jpg

a0248662_115073.jpg

a0248662_1207.jpg

空回りしていたコンロッドのスラストワッシャーは交換。
外径が小さいダミーワッシャーを入れ、スラスト量を計測し、必要なワッシャーの厚みを逆算する。
2mm厚のスラストワッシャーを製作し、スラスト量0.3mmに。

a0248662_121869.jpg

クランク芯だし。
タイミング側、ドライブ側ともに0.01mm程度の触れに。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-10 01:13 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2015年 01月 18日

1976XLCH1000 カムブッシュ その2

今日はZ君のアイアンスポーツ、カムブッシュのお話。

a0248662_20522712.jpg
a0248662_20523831.jpg

#3,4カムブッシュは製作、オイル溝、ダウピン穴加工が終わり、冶具を使いカムカバーに圧入。

a0248662_205385.jpg

真っ直ぐ入るように冶具を使い、ケース側にカムニードルベアリングも圧入。

a0248662_20532552.jpg

ケースとカムカバーを組み、専用リーマーでラインリーミング。

a0248662_20525561.jpg

リーミング後ホーニング。

a0248662_2055562.jpg

a0248662_20551659.jpg

使うカムカバーガスケットを付け、それぞれカムを一個ずつ組み、スラスト量をシムで調整。
これがなかなか時間がかかる。
0.127mm、0.177mm、0.381mmそれぞれの厚みの専用シムがアフターパーツから出ており、組み合わせて調整します。

a0248662_2056819.jpg

a0248662_20553677.jpg

4つのカム、ガスケット、ピニオンシャフト、クリアランス調整したローラーベアリング、カムカバーを組み、カムギアの回りっぷりチェック。

状態が悪かったカム周り、どうにかここまで完成です。





a0248662_20565937.jpg

a0248662_20571130.jpg

土曜日はトリニティーの新年会でした。
やっと来れたトリニティー跡地の飲み屋さんで牡蠣を堪能。
オイルの香りもせず綺麗になってしまった店内から見える外の風景は昔のままでありました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-18 21:27 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2015年 01月 15日

1976XLCH1000 ピニオンブッシュ

今日はZ君のアイアンスポーツ、ピニオンブッシュのお話。

a0248662_0143942.jpg

ピニオンシャフトのブッシュ受け部分(先端部)が少々減っていましが、JIMS製のブッシュは内径が大分小さく作られているので、このシャフトを使います。

a0248662_014528.jpg

ブッシュのあたっていたとろが減り、あたっていなかった先端部で少々段つきになっています。
このままブッシュが入るようにしてしまうと、実際の摺動部分ではクリアランスが多くなってしまいます。
ペーパーを使い段付きを無くします。

a0248662_031651.jpg

専用生爪を使い、ピニオンシャフト径に合わせブッシュ内経拡大。

a0248662_0152256.jpg

a0248662_0153618.jpg

外径は問題なく、カムカバーに圧入。


a0248662_0313748.jpg

a0248662_0163254.jpg

使うピニオンシャフトのサイズに合ったリーマー用冶具製作。
クランクケースとカムカバーを組み、ピニオンベアリングレースを軸にしてラインリーミング。


a0248662_016437.jpg

ホーニングしてブッシュ完成。

a0248662_0165567.jpg

でこちらはピニオンシャフトベアリングローラー.0004”オーバーサイズでローラー径4.77mm
レース内径34.96mm シャフト径25.39mm でクリアランス0.03mmなのですがこのローラーもともと付いていたローラーよりも全長が0.3mmも長い。そのためケージに嵌まり込みローラーが回らない。
ブツブツと愚痴りなら13本のローラーの全長を切削。


a0248662_0173780.jpg

カムカバー、ローラー、シャフトを組みスルスル回るかチェック。
うふふ。ここまではよい感じ。次回はカム周りのお話です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-15 00:54 | 1976XLCH1000 | Comments(0)