Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1980FLH1340( 12 )


2013年 10月 15日

1980FLH1340 トランスミッション

今日はS沼さんのショベル・ビッグツイン。

a0248662_9291745.jpg

まずはメインシャフトから。
メインシャフトはANDREW製の新品に交換。メインドライブギアブッシュも交換でJIMS製。
メインシャフトブッシュ摺動部分の直径は25.38mm。JIMS製のブッシュ内径は25.30mmで0.08mmも小さく作られています。

a0248662_929375.jpg
a0248662_9294730.jpg

専用生爪にブッシュを銜え旋盤で内径拡大。

a0248662_9295881.jpg

メインシャフトにブッシュがギリギリ入るくらいまで拡大。

a0248662_9301034.jpg

a0248662_9302185.jpg

メインドライブギアに圧入し、中古メインシャフトを使いラッピング。

a0248662_9304393.jpg

最後にホーニングして完成。

a0248662_934237.jpg

カウンターシャフトギアベアリング、カウンター1速ギア・2速ギアのブッシュも交換。

a0248662_9344697.jpg

ギアケースに仮組みし、カウンターシャフトのエンドプレイをシム調整。
0.2mm程度にしました。

a0248662_934578.jpg
a0248662_935927.jpg

シフターゲージを使い、シフター位置のチェック。
まずシフタープレートをニュートラル位置して、ケージをセットアップ。ケージブロックの位置を固定する。

a0248662_9352171.jpg

固定した。ケージブロックの位置のまま、ギアボックスにセットアップし、クラッチギア(ドッグギア)の位置を確認。
シフタークラッチ両側のギアとの隙間を均等にします。
カウンターシャフト1速と2速のクリアランス 2.0mm~2.3mm
メインシャフト3速と4速のクリアランス 2.5mm~2.8mm

この後1速~4速それぞれのシフターギア位置をチェック。今回は問題なし。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-15 10:09 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 10月 07日

1980FLH1340 ヘッド回り

今日はS沼さんのショベルヘッド、ヘッドまわりのお話。
経験者のS沼さんは作業が早く、私のブログが追いつかない・・・。
という訳でまずはバルブスプリング取り付け。

a0248662_1023012.jpg

a0248662_102441.jpg

まずはインナースプリングを取り付け、アウタースプリングの取り付け長を計測。
今回は左右ヘッドのスプリングの取り付け長の差異は少なく、シム調整は無し。

a0248662_1025424.jpg
a0248662_1012427.jpg

取り付け長までスプリングを圧縮し、スプリング圧計測。
同じスプリング圧のものを使います。

a0248662_10145768.jpg

熱変化の多いAMPCO45のバルブガイド、熱をかけた状態とその後の冷めたときの、バルブの動きをチェック。問題なければ、最後にホーニングします。

a0248662_1017729.jpg

でコチラは、ロッカーアームブッシュ。(JIMS製)

a0248662_10173657.jpg

JIMS製のロッカーアームブッシュの内径随分小さく作られているのでそのまま圧入すると、リーマー作業が大変です。予め、専用生爪を使い旋盤でブッシュ内径拡大し、ロッカーアームシャフトに渋めに入るぐらいにしておきます。

a0248662_10175631.jpg

オイル穴を合わせブッシュを圧入。

a0248662_101891.jpg

a0248662_10182075.jpg

専用リーマーでラインリーミング。

a0248662_10183879.jpg

リーミング後少々渋いのでラップロッドを使いラッピング。
最後にホーニングをして完成。

a0248662_10223077.jpg

a0248662_10224866.jpg

ロッカーアームエンドプレイを調整し、ロッカーボックスに組みつけ。シムの厚みを変え、0.2mm程度のスラスト。

a0248662_10184676.jpg

ロッカーカバーナットを20N.mで締め付け、ヘッド完成。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-10-07 10:55 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 09月 14日

1980FLH1340 バルブシートカット

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインのバルブシートカット。
S沼さん持参のNEWAY製バルブシートカッターを使いシートカットします。

a0248662_112113.jpg

カッター部分、左が60°の刃、右が46°と31°

a0248662_114875.jpg

シートカッターのステムは.001”刻みで用意されていて、バルブガイド穴にピッタリ合うものを使います。

a0248662_122084.jpg

まず、46°のカッターでシート面をカット、面が綺麗になる程度カットします。
切ったシート面は46°ですがバルブの傘面は45°なので、この状態だと当り幅は殆ど線です。
少々擦り合わせ、シートと傘面の当り位置と当り幅をチェック。
当り面がバルブの傘の真ん中で1.3mm程度になるように、31°面、60°面をカットします。

a0248662_124445.jpg
a0248662_125825.jpg

インテーク側はこんな感じ。

a0248662_132360.jpg

エキゾースト側。

a0248662_133575.jpg

最後にシート面とバルブ傘面を指で押し当てて、ポート内に灯油を入れ漏れチェック。
ここで漏れるようであれば擦り合わせやり直しです。

今回使ったNEWAY製バルブシートカッターは専用設計だけあって使いやすく、作業も早く終わりました。
いやーこれ欲しいな。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-14 01:30 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 09月 11日

1980FLH1340 バルブガイド

今日はS沼さんのショベルビッグツインのバルブガイド。
初めからバルブステムが通らないKIBBLE WHITH製AMPCO45のバルブガイド。
ヘッドに圧入後、100分台のハンドリーマーで内径拡大するとなかなか真っ直ぐ切るのは難しく大変なので、何時ものように圧入前に内径拡大をしておきます。

a0248662_0542099.jpg
a0248662_0543985.jpg

専用の生爪にバルブガイドを銜え、リーマーで内径拡大。
バルブステム外径+クリアランス分までリーミング。

a0248662_0553274.jpg
a0248662_0554451.jpg

今回問題だったのがヘッド側のバルブガイド穴に、大きめの縦傷が入っていた事。(入ってしまったこと?)
ここに傷があるとオイルが傷を通りオイル下がりの原因になります。
という訳で、ヘッド側バルブガイド穴リーミング冶具を製作。
リーマーサイズは.004”o.s(外径15.98mm)のガイドに合わせ、0.04mmの嵌め代分小さい15.94mmのリーマー。

a0248662_0555599.jpg
a0248662_0562111.jpg

バルブシート45度面に冶具をあてリーミング。縦傷は大分マシになりました。

a0248662_0584550.jpg

シリンダーヘッドを十分に暖めガイドを圧入。

a0248662_059016.jpg

圧入後、嵌め代分縮んだガイド内径をリーミング。
インテーク側クリアランス0.02mm エキゾースト側クリアランス0.05mmにしました。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-11 01:40 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 09月 02日

1980FLH1340 オイルポンプ

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインのオイルポンプ組み立て。

a0248662_11561321.jpg
a0248662_11563721.jpg

オイルポンプのドライブシャフトは少々磨耗し、ドライブギア部分のキー溝にガタがあったので新品に交換。

a0248662_11565598.jpg
a0248662_11572281.jpg

フィードギアとスカベンジャーギアのポンプボディーとの“隙間”をチェック。(ボディー面からギアが少しでます)
この隙間が少なすぎると油圧が弱くなり、隙間が多すぎるとポンプの動きが渋くなります。

a0248662_11574825.jpg

スカベンジャー側の隙間が少々少なかったのでボディー面面研。
フィード側、スカベンジャー側共に0.1mmに。

a0248662_11573533.jpg

使うガスケットはJAMES製の黒いペーパーガスケットで厚みは0.2mm。
規定トルク10N.mでカバーボルトを締め付けガスケトが縮み、ギアとボディー面のクリアランスは0.05mm程度になるはず・・・。

a0248662_11595518.jpg

仮組みしオイルポンプギアを回しチェック。
ギアの回りが悪い・・・?

a0248662_1203961.jpg

原因はコイツ。
ガスケットがズレ、ギアと干渉していました。

a0248662_1211793.jpg

ガスケットを取替え、ネトリとオイルポンプギアが回る感じに。
最後にフィード側にホースを付けオイルを流し作動チェック。
これでオイルポンプ完成です。

a0248662_121304.jpg







トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-02 12:29 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 08月 12日

1980FLH1340 クランク芯だし

今日はS沼さんのハーレー・ショベルヘッドのクランク作業です。

まずはコンロッドのスラスト調整。
a0248662_034523.jpg

V-TWIN製の.005”o.s(1.66mm)のスラストワッシャーを使います。

a0248662_0342398.jpg

a0248662_0343461.jpg

S沼さん所有のカシメ工具でスラストワッシャーをカシメます。

a0248662_0344880.jpg

スラスト量は0.6mm
マニュアルでは0.127mm~0.635mm


で、クランクの芯だしをしていきます。
a0248662_036785.jpg
a0248662_0361779.jpg

a0248662_0362935.jpg

ある程度トルクでクランクピンナットを締めおき、左右のフライホイールの隙間と上下左右でのフライホイールの距離を測っておきます。

a0248662_039820.jpg

簡単に言うとクランクシャフトの触れ方は2種類。
図Cの左右のフライホイールのズレと図A・Bのフライホイールの開き&閉じです。

左右のフライホイールの隙間で図Cの触れ、上下左右でのフライホイールの距離で図ABの触れの目安にすることが出来ます。


a0248662_040575.jpg

偏芯検査器を使って振れっぷりをチェック。

a0248662_0403663.jpg

で修正。

a0248662_0402050.jpg

クランクピンナットを締め付け。

a0248662_0533755.jpg

チェックし、修正。
を繰り返し0.02mmの振れで良しってことにしました。










トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-12 01:14 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 08月 10日

1980FLH1340 バルブガイド外径切削

今日はハーレー・ショベルヘッドのバルブガイドのお話。
使うバルブガイドはKIBBLEWHITE製のAMPCO45、79年以降の外径が太いヤツです。
シリンダーヘッド側の穴に合わし.001”オーバーサイズのバルブガイド(外径15.90mm)の外径を旋盤でひき15.87mm(シリンダーヘッドとの嵌め代0.04mm)にします。

a0248662_0104359.jpg

同じKIBBLEWHITE製のもので、左がOリングが付くNEWタイプ。右がOLDタイプ。
一緒に注文して、形状の違う二種類が来るのはどうしたものでしょうか・・・。


旋盤に芯芯でセットアップし、ダイヤルで振れを見てみます。
a0248662_0112153.jpg

NEWタイプは0.02mm針が振ります・・・。(汗)

a0248662_0113679.jpg

OLDタイプは0.06mm針が振ります・・・。(笑)

a0248662_0135194.jpg

a0248662_014527.jpg

ガイド圧入部分の上側から下側で針は振れないので、穴が斜めに開いている訳ではなく、芯がずれて開いていることになります。

a0248662_0142758.jpg

KIBBLEWHITEのガイド穴はバルブステムよりも小さく作られているので、生爪に銜え仕上げサイズ(9.58mm)までリーマーを通します。

しかしながら、ガイド外径の偏芯っぷりは変わらず・・・。

a0248662_0144383.jpg

とりあえず案ずるより産むが易し。外径を切削。

a0248662_0145916.jpg

NEWタイプは成功し15.87mmに。

a0248662_0151355.jpg

OLDタイプは振りが大きかった分追い込んで15.86mmまでに・・・しかしながら、一部分でぽよんっと0.015mm針が振ります。・・・まぁ当たり前か・・・。


この後ガイド圧入後、シートカット・擦り合わせをするわけですから、この辺りで問題は無いでしょう。
というよりも毎回こんなことチェックしていたらきりが無いですな。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-08-10 00:59 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 07月 22日

1980FLH1340 コンロッドビッグエンド

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインのビッグエンドベアリングレースラッピング。

a0248662_031835.jpg

何時ものようにベアリングレース内径計測。
コイツは優秀でほぼ楕円が無い。殆どの車両は縦方向に0.02mm~0.03mm程度楕円になっています。
フロント側が少々逆樽状(レース外側が広がっている)なっている事と、リアのドライブ、タイミング側の径が0.01mm違うことぐらい。
これを修正します。

a0248662_033214.jpg

a0248662_034197.jpg

旋盤にラッパーを付けラッピング。
うちではラッピング中にコンロッドをスライドさせなせん。時間は掛かりますが、レースが逆樽状になる危険性を防ぐ為です。
ラッピング後レース内径 41.275mm

a0248662_0233316.jpg

ベアリングローラーサイズは.002”o.s 4.759mm
クランクピンはジムス製で31.27mm

ビッグエンドクリアランスは0.03mmになります。

a0248662_035818.jpg

スモールエンド部の振れは フロント0.8mm リア0.2mm
良い感じです。




トリニティースクールでは生徒募集しています
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

               

by sgf1906 | 2013-07-22 00:35 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 07月 11日

1980FLH1340 カムブッシュ&ベアリング

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインカム周り作業です。

a0248662_1321235.jpg

a0248662_1351674.jpg

カムは虫食いがあるので、アンドリュースJカムに交換。

a0248662_1322742.jpg

ブッシュもイースタンパーツ製のものに交換。

a0248662_136330.jpg

元々入っていたブッシュを手本にして、ダウエルピン穴、オイル穴加工をします。

a0248662_136276.jpg

a0248662_1363944.jpg

ダウエルンドリル冶具を使いドリルド加工。
穴位置を間違えると、傘が割れてしまうので、この作業は何時もドキドします。

a0248662_137370.jpg

a0248662_1401454.jpg

特製工具でブッシュ圧入、嵌め代は0.05mm。その後ダウエルピン挿入。

a0248662_1412891.jpg
a0248662_1414896.jpg

クランクケース側のニードルベアリングも特製工具で圧入。
ケースのベアリング圧入部分はオイルが来るように、上側が開いています。ベアリングは最後までしっかり圧入します。

a0248662_1423673.jpg
a0248662_1425636.jpg

カムカバーを付け、カムブッシュラインリーミング。

a0248662_1445748.jpg

最後にホーニングをしてフィニッシュ。

a0248662_2104957.jpg

a0248662_1462843.jpg

カムカバーガスケットを付けた状態でカムスラスト調整。
1.92mm厚のシムで0.05mm。

a0248662_147060.jpg








トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-11 02:13 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 06月 30日

1980FLH1340 ピニオンシャフトベアリングレースラッピング

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインのクランク・ピニオンシャフト回りのお話。

a0248662_23514348.jpg

ピニオンシャフトベアリングレース内径計測。
一番大きいところと小さいところの差で0.02mm。
エンジン内側よりも外側が広がっています。

a0248662_23515379.jpg
a0248662_2352758.jpg
a0248662_23521818.jpg

ラッパーを使い真円拡大します。
スプロケットシャフトベアリングを軸にし、ラッパーにバルブコンパウンドを付け、ラッパーがギリギリ回るぐらいのところまで広げ研磨。(ラッパーとレースにガタが無い状態にします。)
ラッパーが軽く回り始めたら計測。真円が出ていなければラッピング。を繰り返します。

a0248662_2353836.jpg

レース内径44.495mmまでラッピングし、真円状態。

a0248662_23532068.jpg
a0248662_23533045.jpg

ピニオンシャフトはJIMS製の新品で外径 31.745mm
ローラーは0.0004”オーバーサイズで6.355mm

クリアランス 0.025mmとなります。

a0248662_2354882.jpg
a0248662_23541853.jpg
a0248662_23542689.jpg

ベアリングローラー、カムカバーを組みピニオンシャフトを回しチェック。
引っ掛かり無くスムーズに回ります。
カムカバーのピニオンシャフトブッシュは楕円無く磨耗も少なかったのでそのまま使います。
新品シャフトとのクリアランスは計算上0.01mmと小さい。
クランク芯だし後、仮組みし引っ掛かるようであれば、ホーニングして調整します。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-30 00:16 | 1980FLH1340 | Comments(0)