カテゴリ:1939EL1000( 53 )


2014年 07月 29日

1939EL1000 エンジン始動

W辺さんのナックルヘッドも遂にエンジン始動。
一発目はキャブからの吹き返しが酷い・・・。インテークマニホールドナットの閉め忘れでした。
気を取り直して2発目。
いとも簡単に始動し、いきなりアイドリングが安定しました。

a0248662_1302620.jpg




「あっいけね、動画撮らなきゃ」って感じで回しています。雑な動画でスミマセン。
メカノイズの少ないエンジンになりました。





夜の部

アイアンスポーツのFさんは引き続き、メカノイズ追求中。
E本さんはヴェロセットKSS MK2のミッション分解中。
助手のT本君はダイエット中と言いながら300gのハンバーグを平らげていました。

a0248662_1305685.jpg

a0248662_1323898.jpg

a0248662_1322817.jpg

トラヴィスサイクルズnewTが輝いています。





急募
土曜日・日曜日のレストアスクールの生徒さんがもうすぐ卒業間近ですので、スクールに空きが出ます。
という訳で、新入生大募集中です。
エンジン・車体含めたフルレストア、エンジン・ミッションOH、部分修理でもO.Kです。
1978年ショベル・ローライダーの教材車も仕入れ予定あり。
ご興味ある方はご連絡下さい。熱い問い合わせお待ちしています。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-07-29 01:48 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 07月 16日

1939EL1000 外装回り

W辺さんのナックルヘッド、外装回り取り付け。まずはマフラーから。

a0248662_244551.jpg

元々付いていたドラッグパイプの余計なステーをカットしバッフル取り付け。

a0248662_253382.jpg

シリンダーヘッドの凹に差し込むだけのナックルのマフラーは、マフラーステーでマフラーの位置をしっかり固定する必要があります。しっかり固定されてないと振動でヘッドエキパイ取り付け部の凹が広がっていってしまいます。

a0248662_261492.jpg
a0248662_264648.jpg

エキパイエンド部、中心部2点で固定。ヘッドに余計な力がかからないようにします。

a0248662_273824.jpg

リア側も同じく2点で固定。前後のバランスよく水平位置にくるようにステーを製作。
こういう作業が結構時間がかかります。

a0248662_282022.jpg
a0248662_282910.jpg

コチラはシフターロッド。以前作ったロッドが短かったので作り直し。
2.5速位置(中間地点)で作用角が90度程度になり、尚且つシフターノブ位置が操作しやすいところに来るようにしました。


a0248662_283836.jpg

そして車検用リアフェンダー製作中。
W辺さんのナックルも大詰めです。




急募
土曜日・日曜日のレストアスクールの生徒さんがもうすぐ卒業間近ですので、スクールに空きが出ます。
という訳で、新入生大募集中です。
エンジン・車体含めたフルレストア、エンジン・ミッションOH、部分修理でもO.Kです。
1978年ショベル・ローライダーの教材車も仕入れ予定あり。
ご興味ある方はご連絡下さい。熱い問い合わせお待ちしています。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-07-16 02:29 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 07月 10日

1939EL1000 シフター

今日はWさんのナックルヘッド・シフター回り製作のお話。

a0248662_0205269.jpg
a0248662_028253.jpg

メカニカルトップのジョッキーシフトだった車両、一旦シフトレバーを取り付けるもシフトが困難・・・。
レバーを製作も考えたもののどっち道扱いづらいと判断しエンジンマウントブラケットにシフターレバーをつける事に。
という訳で、製作模様です。

a0248662_029531.jpg

まずダミーブラケットを製作し、扱いやすいシフトレバー位置、ブラケットからの距離、シフターロッドの角度を考察。

a0248662_0293253.jpg

a0248662_029562.jpg

シフターピボット部分とブッシュを製作。ブッシュは片肉0.5mmの薄いもの。
寸法はシフターピボットスタッドの外径から逆算して考える。

a0248662_030540.jpg

シフターピボットスタッドも製作。もちろんガタ無し。

a0248662_0302056.jpg

でこんな感じに。

a0248662_033311.jpg

a0248662_0303052.jpg

シフターロッドもアセチレンガスで曲げ製作。

a0248662_0305539.jpg
a0248662_031525.jpg

溶接・塗装し完成。
ほぼ旋盤を触ったこと無かった生徒さんが、溶接以外自分で作りました。
これ結構凄いことじゃないですか?





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-07-10 01:02 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 06月 17日

オープンロッカー計画

初期ナックルヘッドのオープンロッカー計画始動。
非常にカッコイイオープンロッカーでありますが、ロッカーアームとロッカーアームシャフトにガタが多いと、オイル量コントロールが出来ずヘッド周りはオイルでべトべトになるそうです。
という訳で、良品ロッカーアームに合わせ30年代のロッカーアームシャフト製作しました。
4本ともシャフト長の違うナックル、しかも30年代のものはオイル溝・オイル穴が凝っていて面倒でありますが、白田工機さんで快く引く受け手貰いました。ガタ無しシャフト最高です。
今後の展開を乞うご期待。

a0248662_057814.jpg
a0248662_0571951.jpg
a0248662_0572964.jpg
a0248662_0574049.jpg
a0248662_058483.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-06-17 01:16 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 04月 29日

1939EL1000 なんやかんや製作

Wさんのナックルヘッド、今日は細かな製作作業。

a0248662_113029.jpg

a0248662_1131037.jpg

まずはキャブレーター。
インシュレーターを布メークライトの厚み15mmのもを使います。
ベークライトは耐熱性に優れた合成樹脂でシリンダーヘッドの熱をキャブレーターに伝わりづらくします。

a0248662_1132739.jpg
a0248662_113356.jpg

元々付いていたインシュレーターよりも厚みが増し、キャブレーター位置が変わってので、合わしてマウントステー製作。

a0248662_1135958.jpg

オイルポンプ。
コチラも元々付いてた40年代のオイルポンプから30年代のポンプに交換したため、オイルラインが変わりました。

a0248662_1142990.jpg
a0248662_1145439.jpg

元々付いていたオイルラインを手本にして銅パイプを曲げ、オイルライン製作。

a0248662_1151570.jpg

オイルフィッティングに合わせ、テーパー角15度のフレア加工。
純正のものはもうチョット広い角度のようです。

a0248662_1154325.jpg

一応、灯油で漏れチェック。

a0248662_116033.jpg
a0248662_116419.jpg

という訳で完成。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-29 02:10 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 04月 08日

1939EL1000 キャブレーター回り

今日はW辺さんのナックルヘッド・キャブ回り。
まずはマニホールドから。

a0248662_2213327.jpg
a0248662_2214551.jpg

マニホールドとブラスリング。
このブラスリングは以前に新品に交換したもののようですが、マニホールドとリングに隙間があります。
この隙間から2次エアを吸うのでは?マニホールド自体も個体差がるのでブラスリングをマニホールドに合わせ単品製作。

a0248662_2402162.jpg

a0248662_2215552.jpg

マニホールドに軽い圧入程度で入るようにしました。

a0248662_222815.jpg
a0248662_2221827.jpg

リンカートキャブの調整へ。
まず、フロートに灯油を入れフロートバルブ・シートが利いているかチェック。
灯油がピタッと止まり問題なし。
フロートレベルも調整。マニュアル値(1/4”)だと濃い目になる事が多いので少し低めに設定。
フロートの浮きっぷりが水平になるようにします。

a0248662_2223018.jpg
a0248662_2225617.jpg

スロットルシャフトはガタがあったので、ブッシュ交換。

a0248662_223583.jpg
a0248662_2232369.jpg

少々擦り合わせをして、シャフトも良品のものと交換しました。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-08 03:01 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 04月 01日

1936EL1000 シリンダー・シリンダーヘッド取り付け

今日はW辺さんのナックルヘッド、腰上組みつけ。

a0248662_2235626.jpg

シリンダーは以前にW辺さんがスリーブ加工に出し所有していたものを使います。
ピストンはWPC処理してあります。

a0248662_224679.jpg
a0248662_2244140.jpg

ピストンリングギャップ、リングクリアランスをチェック。
リングギャップは0.45mm リングクリアランスは0.06mm

a0248662_2255258.jpg

a0248662_226421.jpg

50年台まで使われていたL字型断面のピストンピンクリップ。
専用工具を使わないとつけるのが非常に難しいのですが、工具を使っても入れづらい・・・。

a0248662_2261710.jpg

シリンダーを取り付け、ベースナットを均等締め、トルク管理をします。

a0248662_2262871.jpg

ヘッドを乗せ仮組み。
このとき前後シリンダーヘッドのマニホールド面を平行になるように組みます。
(インテークマニホールドの2次エア防止)

a0248662_2263793.jpg

ヘッドもトルク管理をして取り付け。

a0248662_2264641.jpg

腰上が完成。ナックルヘッドさんこんにちわ。
次回は、プッシュロッド、キャブレーター回りです。

a0248662_2274233.jpg

お昼は最近お気に入りの定食屋「松永」へ。
味・コストパフォーマンス共にGOOD。昭和に匂いが残る私好みのお店です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-01 03:13 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 03月 25日

1396EL1000

今日はW辺さんのナックル・スプリンガーフォークのブレーキ。

a0248662_9102670.jpg

ブレーキシュー・オペレーションシャフトのガタは問題無くそんまま。

a0248662_923056.jpg
a0248662_924023.jpg
a0248662_92505.jpg
a0248662_92591.jpg

ブレーキワイヤーは交換。ブレーキレバー・ブレーキコントロールアジャスターに合わせケーブルフィッテング製作。
このケーブルフィッテングを付けずに直接ケーブルをつけている車両をよく見かけまが、フィッテングをつけていない為アウターケーブルエンドがクチャクチャになっているものが多いです。

a0248662_931276.jpg
a0248662_93216.jpg
a0248662_9329100.jpg

ブレーキシャンクルのブッシュにはガタがあったので交換。
シャンクルバーとブッシュの嵌め代が少々キツイ。

a0248662_934082.jpg
a0248662_935182.jpg

ブッシュの外径を0.02mm程度切削し、圧入。

a0248662_922186.jpg

フロントブレーキ回り完成です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-25 09:26 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 03月 18日

1936EL1000 ロッカーアームスラスト

今日はW辺さんのナックルヘッド、ロッカーアームスラスト。

a0248662_1155110.jpg

ナックルのロッカーシャフトはプッシュロッド側はロッカーカバーにマウントされ、バルブ側はヘッドにマウントされます。ロッカーカバーはヘッドの3本の支柱にマウントされます。

a0248662_116481.jpg

ロッカーアームのスラストはロッカーアームスラストワッシャー(段付きになっている)の凸の量で決まります。

a0248662_1165319.jpg
a0248662_1171178.jpg

ロッカーカバーの位置はロッカーアームシャフトとスラストワッシャーの距離で決まります。
スラストワッシャーの凸の距離でスラスト量はでるので、ロッカーアームシャフトナットを締めすぎによりロッカーアームの動きが渋くなるということはありません。

a0248662_1174622.jpg
a0248662_1175684.jpg

ロッカーカバーをとめるヘッド側のマウント部分は折れて溶接で直しているものが多いようです。
3点の面と位置がでていることを確認します。

a0248662_1183952.jpg

ロッカーアームシールを入れる前に仮組みしてスラスト量を確認。
マニュアルの規定スラスト量は0.177mm~0.4mm

a0248662_1192331.jpg

R、インテーク側が少々小さかったので、専用生爪を製作し旋盤でスラストワッシャーを加工。
スラスト量を0.2mm~0.4mmの間に収めました。

a0248662_11111675.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-18 12:03 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 02月 22日

1939EL1000 プライマリー回り組み立て

a0248662_163234.jpg

ナックルヘッドのH辺さんは山梨県から通学中。
H辺さんの地元では先日の大雪で140cm以上積もったようです。。。
そんな中、東京・足立区までバイクいじりにやってきます。やる気の塊です。
という訳で今日はプライマリー回りの組み立て。

a0248662_164270.jpg

a0248662_17632.jpg

クラッチハブはスタッドが終了していたので、ハブごと交換。
ベアリングは7/32”のボールベアリング(55年以前)のものからローラーベアリングに交換。

a0248662_1122735.jpg

クラッチハブナットを規定トルクで締め付け。クラッチハブナットは逆ネジです。

a0248662_1224683.jpg

クラッチシェル、プライマリーベルト、エンジンプーリーを取り付け、エンジンスプロケットナットを締め付け。

a0248662_11351.jpg

a0248662_1131930.jpg

クラッチ組み付け。
スチールプレート、フリクッションプレートを交互に組み付け、リリーシングプレート組み付け。
クラッチスプリング取り付け長調整。リリーシングプレートとプレッシャープレートの距離で26mm程度。

a0248662_113481.jpg

ベルトの張りを調整しプライマリー回り完成。





コチラは夜の部、O仲君のアイアンスポーツ
マグネトー点火時期固定のタイプから進角コントロール出来る様に試案中。

a0248662_1144744.jpg
a0248662_1145667.jpg

64年まで使われていたアダプタープレート。点火時期固定タイプ。
この車両にはコイツが付いていました。

a0248662_115436.jpg

65年以降に使われていたアダプタープレート。進角コントロールできるタイプです。
コイツを使って進角コントロール出来る様にするのですが、この車両のハンドルは進角グリップが付かないもの。そこが問題です。

a0248662_1151683.jpg
a0248662_1153219.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-22 02:01 | 1939EL1000 | Comments(0)