カテゴリ:1939EL1000( 53 )


2017年 03月 15日

ナックルロッカーアーム

今日はオープンロッカー計画のWさんのナックルヘッド、ロッカー周りのお話。
ナックルのロッカーアームはシャフトにより距離が決まり、ロッカーアームシャフトのタイミング側はロッカーボックスで受け、ドライブ側はヘッド側で受け、ロッカーボックスとヘッドはネジで留められます。そのためまずロッカーアームシャフトの位置決め作業が必要です。


a0248662_83327100.jpg
a0248662_8334134.jpg
a0248662_8335279.jpg

シャフトの距離で位置がヘッドとロッカーボックスの距離が決まるるため、物によりロッカーボックスとヘッドをマウントすると、ドライブ側ヘッドとロッカーアームシャフトに隙間が開きます。
無理にねじ込めば留めることはできますが、ヘッドの損傷につながります。
この車両は、F側は良かったもののR側に隙間があります。


a0248662_8341739.jpg
a0248662_8343464.jpg
a0248662_8345027.jpg
a0248662_835212.jpg
a0248662_8351854.jpg

で、距離が合わない状態で無理に閉めこむとロッカーボックス側のネジもやられます。
という訳でヘリサート加工。




a0248662_8361117.jpg
a0248662_8362269.jpg

a0248662_8355643.jpg

ロッカーアームシャフトの隙間を計測すると0.6mm
元々付いている段付きのスラストワッシャーの内側に0.6mmのシムをいれシャフト組み付け。
これで余計な隙間無く、ヘッド側、ロッカーボックス側にも負担をかけません。


a0248662_8364551.jpg

ロッカーアームシャフトの位置決めが終わったところでロッカーアームを組みつけスラスト調整。
こちらもシム調整し、スラスト量0.2mm~0.3mmに。


a0248662_8431856.jpg

オープンロッカー用の目玉カップ(フロッグアイズというらしい)を留めるための加工となります。

a0248662_840791.jpg
a0248662_8432932.jpg

ロッカーアームシャフトを加工し、目玉取り付け用のネジスリーブを入れます。

a0248662_8435195.jpg
a0248662_844770.jpg
a0248662_8441846.jpg

ドリルを少しずつ大きくしシャフトにスリーブ圧入部を拡大。


a0248662_8443328.jpg
a0248662_84444100.jpg
a0248662_8445882.jpg
a0248662_8451554.jpg

ネジスリーブの外径を調整しスリーブをシャフトに圧入。


a0248662_846264.jpg

という訳で、フロッグアイズ完成。
すっとぼけた顔をしています。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-15 09:07 | 1939EL1000 | Comments(0)
2016年 01月 06日

KNUCKLE HEAD インテークマニホールドブラスリング

a0248662_10161284.jpg

今日はパンヘッドの前期まで使われていた、インテークマニホールドのブラスリングシールについてのお話。
このブラスリングはヘッド側にねじ込まれているニップルにナットを回しブラスリング面とニップル面を密着させることで、シーリングする仕組み。なのですが、もちろん金属同士をくっつけてのシールなので2次エアを吸ってしまうことが多いです。
その為、今回はマニホールドに合わせピッタリのブラスリングを製作し2次エア吸いを予防します。

a0248662_10162515.jpg

例えばこのマニホールドは随分ナットを締め付けていたようで、ブラスリングが変形し、マニホールドも変形してしまっています。こうなった場合はマニホールドを切削し真っ直ぐにする必要がありますが、肉厚が薄くなりそうなので、こいつは使わず。


a0248662_10163915.jpg

という訳で状態が良いマニホールドを使いブラスリング製作。
計測すると左右で大きさが違うので、それぞれ大きさを合わせマニホードに対しプラス0.02mm~0.03mmのブラスリングを作ります。

a0248662_10165474.jpg

今回はすべてオーナーのWさんが製作。
失敗しないようにチェックしながら、動作を確認しながら。もちろん時間はかかりましたが勉強なので。
ちゃんと狙った寸法に出来ました。


a0248662_10171089.jpg
a0248662_10171956.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-06 10:42 | 1939EL1000 | Comments(0)
2015年 12月 09日

KNUCKLE HEAD シートカット

オープンロッカー計画中のWさんのナックルヘッド。
バルブガイド圧入後のお話。

a0248662_23461318.jpg

a0248662_23463032.jpg

ガイド圧入後、バルブステム+クリアランス分のサイズのリーマーでガイド穴内径拡大。
でシートカット擦り合わせ。

a0248662_2347078.jpg

ガイド圧入後のバルブのあたりっぷりはこんな感じ。
全周でシートとバルブはあたっているものの、面あたりしていません。これをカットして面あたりするようにします。

a0248662_23471161.jpg

a0248662_23472391.jpg

まずはF・Rともにインテーク側から。
まず45度面をシートカットしバルブの傘に対ししっかり面あたりするようにします。


a0248662_23475021.jpg

バルブ傘との当たり位置を確認しつつ、30度面、60度面シートカットし、擦り合わせ。

a0248662_23481393.jpg

a0248662_23483116.jpg

あたり幅は1.5mm弱、インテーク側は傘の外側に当たるようにしました。


a0248662_23491818.jpg

で問題だったのは、フロントエキゾースト。
画像は45度面をカットしたものでありますが、このシートが非常に硬くシートカッターの刃がたたず、滑ってしまいます。熱のせいで焼きが入ってしまったのか?そもそも硬いシートリングが入っているのが?これだけ刃が立たないのは初めてです。インディアンのバルブガイドも随分硬かったなぁ。
ともあれ刃が滑ってしまうので、ひとつ刃を犠牲にしてバルブコンパウンドを付け研磨することに。

a0248662_23493118.jpg

a0248662_23494293.jpg

45度カット後、30度面、60度面カットし擦り合わせ。
1つのシートを切るのに一日作業。Wさんお疲れ様でした。

a0248662_23495931.jpg

EX側はバルブの傘の中心にあたりが来るようにしあたり幅1.5mmに。
リア側エキゾーストは虫食いが酷かったもののサクサク切れ一安心。
というわけでブログに書けば一瞬、実際は随分時間がかかり苦労したシートカットのお話でした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-09 00:18 | 1939EL1000 | Comments(0)
2015年 12月 01日

KNUCKLE HEAD バルブカップ

オープンロッカー計画中のWさんのナックルヘッド。
バルブガイドの加工も終わり、ガイド取り付けですが、オープンロッカーで使われるカップの位置決め作業をやらなければ。

a0248662_2394756.jpg

a0248662_237548.jpg

a0248662_2371910.jpg

バルブガイドと共止めのナックルのバルブカップ、オイルラインとともにロッカーアームの可動部の“逃げ”の部分の位置決め作業が必要です。


a0248662_2373328.jpg

a0248662_2381184.jpg

というわけで、中古バルブを加工しカップ留め冶具製作。

a0248662_2533419.jpg

a0248662_2383620.jpg
a0248662_238546.jpg

ロワー側のカップをロッカーアームの中心に来るように位置決め。
ロワー側の位置でアッパー側の位置は決まってしまうので、ロッカーアームを仮組みして可動部のチェック。
干渉しない位置にを確認しつつ、どうしても干渉してしまうところはロッカー側もしくはカップ側を削る。
現物合わせの作業で、なかなか面倒ですね。


a0248662_240038.jpg

a0248662_2401260.jpg

位置決めが終わったカップはパーカ処理。


a0248662_240503.jpg

a0248662_24159.jpg

下ごしらえが終わりバルブガイド圧入。
ロッカーアームを付け、確認しつつ位置決めした位置でカップとともにガイド圧入。



a0248662_2412928.jpg

a0248662_2414545.jpg

圧入後、嵌め代分縮んだガイド穴をバルブステム径+クリアランス分のリーマーで内径拡大。
というわけでカップ・ガイドはO.Kです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-01 03:07 | 1939EL1000 | Comments(0)
2015年 07月 14日

ナックルヘッド バルブガイド加工

今日はオープンロッカー計画中のWさんのナックルヘッド、ガイド加工。
何時もは加工事は私がやってしまうのですが、今回は生徒さんであるWさんが自ら加工。
本当勉強熱心な方です。

a0248662_1304133.jpg
a0248662_1305395.jpg

バルブガイドを抜いたヘッド側のガイドホール傷、変形無く良好。
使うガイドはKIBBLE WHITH製の鋳鉄ガイドSTDサイズ外径16.36mm 


a0248662_1311824.jpg
a0248662_1312826.jpg

まずはガイドを両センターで旋盤に加え外径研磨して、ヘッド側ガイドホール内径+圧入代分の外径にします。
今回は0.01mm~0.02mmの研磨なのでペーパーで。


a0248662_132277.jpg

a0248662_1331274.jpg

a0248662_1321399.jpg

外径を加工後、専用の生爪にガイドを加え、内径をリーマー加工。
使うKIBBLE WHITH製のバルブステム径+クリアランス分のサイズまで内径拡大。
いきなり大きなサイズのリーマーで掘ると刃がくってしまう恐れがあるので、0.01mm~0.02mm刻みで掘っていきます。


a0248662_1334880.jpg
a0248662_1343030.jpg

インテーク側はオイルを吸わないように、テーパー加工。

a0248662_1344054.jpg

という訳でガイド加工終わり。
Wさん「いやーガイドを加工するのでも時間がかかるんですね。でも勉強になりました。」
それを分かってくれただけでも嬉しいです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-07-14 02:02 | 1939EL1000 | Comments(0)
2015年 02月 03日

4SPEED T/M メインドライブギアブッシュ

ギアボックス持込でより深く勉強中のWさん。
今日はメインドライブギアブッシュ。

a0248662_045363.jpg

ガタガタだったブッシュを抜き取り。
固着してしまっていたので壊しつつ抜く。

a0248662_0455149.jpg

使うメインシャフト、ドライブギア、ニューブッシュ(JIMS製)を計測。

a0248662_04618.jpg

a0248662_0461372.jpg

ギアブッシュホールは楕円、傷なく良好。ブッシュとのハメ代は0.06mmとキツメ。
ブッシュ内径は圧入前で、使うシャフト径より0.14mmも小さい。

a0248662_0464885.jpg

a0248662_0465816.jpg

何時ものように専用生爪に銜え、内径拡大。
クリアランス+ハメ代分(圧入すると内径が縮む)を考慮して内径を計算し切削。

a0248662_0471095.jpg

a0248662_0473899.jpg

ブッシュ圧入。

a0248662_0472677.jpg

メインドライブギアは64年以前のオイルシールが付かないものと、65年以降のオイルシールが付くものがあります。ブッシュもそれぞれ長さが違う。
基本りプロパーツは65年以降のシールが付くタイプのブッシュの長さになっています。

a0248662_0474730.jpg

ブッシュの出っぷりを調整。
この出っぷりが足りないと、ドライブギアとメインシャフトのスプラインが干渉してしまう場合があります。


a0248662_048167.jpg

仕上げでホーニング。


a0248662_0482390.jpg

a0248662_0481370.jpg

メインドライブギア、ニードルローラー、メインシャフト、キック側ボールベアリングを仮組みして、回りっぷりをチェック。
抵抗なくスルスル回ります。
私が撮影会をしている横では、今日の作業をノートにまとめるWさん。学校的です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-03 01:23 | 1939EL1000 | Comments(0)
2015年 01月 27日

4SPEED T/M メインドライブギアベアリング

39年ナックルヘッドで卒業したWさん。
ストックしてあったギアボックスを持ち込み、改めて入学。
より深く学びたいと、勉強熱心なお人です。なんせ毎週山梨県から通っているのですから。
私もWさんのアグレッシブさを学ばなくては。
というわけで、今日はトランスミッション、メインドライブギアベアリングのお話。


a0248662_141186.jpg
a0248662_1411431.jpg

a0248662_1412974.jpg

分解後、清掃を済まし計測作業。
ベアリングレースは大分広がっていると同時に、虫食いがあるため交換決定。


a0248662_1414867.jpg
a0248662_1415731.jpg

専用工具を使いベアリングレース抜き取り、ケース側計測。
楕円、傷など無く良好。


a0248662_142149.jpg

メインドライブギアはWさんのコレクションから良品を選ぶ。

a0248662_142243.jpg

ベアリングレースはSTDサイズではハメ代が心細い。
JIMS製の.002”オーバーサイズのベアリングレースを使います。
ちなみにSTDレース外径は58.78mm .002”o.sは58.83mm

58.83mmの外径のままだとハメ代が多すぎてケースに入らないので、専用冶具をつくり外径を0.02mmほど研磨。

a0248662_1423322.jpg

ケースをよーく暖め、ベアリングレース圧入。圧入後内径計測。
JIMSのレースは内径が小さめに作られていますので、このままでは使えません。

a0248662_1424834.jpg

キック側のベアリングを軸にしてラインを出すと同時に、レース内径拡大。

a0248662_1425773.jpg

ラッピングしては計測を繰り返し、内径を0.035mmほど拡大。

a0248662_143618.jpg

a0248662_1432044.jpg

レース内径47.765mm メインドライブギア外径41.385mm STDローラー3.175mm
でクリアランス0.03mmに。
  

a0248662_1434313.jpg

スプロケットを仮組みしてスラスト量チェック。
0.3mm程、マニュアルエンドプレイ範囲内ということでO.K。




エンジン、ミッションなど部分修理コースもやっていますので、ご興味ある方はご連絡ください。
宜しくお願いします。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-27 02:23 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 11月 03日

1936EL1000 卒業

Wさんのナックルヘッド遂に完成!
100Km程度コチラで試乗し、地元山梨県まで自走で帰って行きました。

山梨から週一で通い約1年7ヶ月、70年以上前のバイクでもちろん一筋縄では行きません。
使えないパーツも沢山あり、東京まで来て絶望の中帰る日もしばしば。(特にミッション、オイルポンプでは苦労しました)
それでも休むことなくコツコツと進めていき、非常に良いナックルになりました。
文はひとなりといいますがバイクも同じ、「レストアはひとなり」という事でしょうか。

随分とバイクイジリにハマッたWさん、この後、在庫しているパーツでミッションやらヘッドやら組む予定であります。

a0248662_2334523.jpg
a0248662_233506.jpg

帰路途中でWさんから送られてきた写真。山梨富士とナックル。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-11-03 23:59 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 09月 30日

1939EL1000 マグネトー

Wさんのナックルヘッド。
バッテリー点火使用で車検取得後、試乗を繰り返し駄目だし、キャブセッティング、各部調整、増し締めをして問題が無い状態に。
ここでマグネトー点火へ交換します。

a0248662_1233527.jpg
a0248662_1242444.jpg
a0248662_1243491.jpg

使うマグネトーハウジングアッセンブリーはメーカー不明。
進角位置、遅角位置の調整スクリューが付き、アダプタープレート位置を動かせるようになっています。(イモネジで固定する)


a0248662_1255588.jpg

a0248662_126565.jpg

a0248662_1262160.jpg

a0248662_1244429.jpg

遅角位置・圧縮上死点前5度、タイミングホールの右側に〇印が見え隠れするところ
フル進角位置・圧縮上死点前35度、タイミングホールに棒印がくるところ
それぞれ点火時期調整。


a0248662_1272272.jpg

配線もバッテリーレス使用に引き直し。




という訳でエンジン始動&試乗。
バッテリー点火のときと比べ、やはりエンジン始動には苦労しますがオーナーいわく走っているフィーリングは良いようです。
クランキングスピードが遅いときは火花が弱く、クランキングスピードが速いときは火花が強くなるマグネトー点火、バッテリー点火時とキャブセッティングが変わると思われるので、この後煮詰めて行きます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-30 02:00 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 08月 19日

1939EL1000 車検取得


a0248662_1423336.jpg


Wさんのナックルヘッド、汗だくになりつつ一発合格で車検取得。
これで心置きなくキャブセッティング、駄目だし試乗が出来ます。

ちなみにうちでは、オーバーホール後50M、100M、500Mごとオイル交換、各部増し締めを推奨しています。
とくにエンジン・ガスケットが入っているところは、アルミの熱膨張によりガスケットがつぶれ、ネジが緩みます。
ガスケットが縮みきるまで増し締めをする必要があるわけです。
これを怠ると、せっかくOHしたエンジンはガタガタになってしまいます。
卒業して行った生徒さんたちはこの作業をちゃんと行っているだろうか?
急に心配になった次第です。








靖国

a0248662_2132347.jpg

a0248662_2142727.jpg

a0248662_2145724.jpg

a0248662_2151434.jpg

a0248662_2191768.jpg


今年も「戦没者を追悼し平和を祈念する日」には仕事の合間で靖国神社へ行って参りました。
人それぞれ様々な思想があるでしょうが、年に一回ここで手を合わせることで清い気持ちになれます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-19 02:31 | 1939EL1000 | Comments(0)