Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 31日

1973XLCH1000 タイミングギア回り


今日はKさんのアイアンスポーツ、タイミングギア周りのお話。

a0248662_8213714.jpg

もともと入っていたカムギアは虫食いが多くギアもやられていたので、アンドリュース製PBカムに交換。

a0248662_8382866.jpg

a0248662_8215115.jpg

クラックが入っていて、溶接困難、溶接後も加工が必要だったカムカバーはNOSのカムカバーが手に入ったのでこちらを使います。


a0248662_822586.jpg
a0248662_8222238.jpg

NOSのカムカバーを手に取るのは初めてで、メーカーがカムシャフトとカムブッシュのクリアランスをどれぐらい取っているか興味津々。
というのは、マニュアルに表記されているカムシャフトブッシュとシャフトとのクリアランスは.0005”~.002”(0.0127mm~0.0508mm)で、6つのギアからなるギアたちを0.01mm台のクリアランスで組もうともうと至難の業なのです。
計測し納得の数値でありました。


a0248662_8234733.jpg

a0248662_8251565.jpg


a0248662_8242042.jpg

a0248662_8254767.jpg


ケース側のカムベリング交換し、カムシャフトを一個づつ取り付けスラスト量チェックし、シム調整。
既製品では0.12mm、0.177mm、0.38mmのシムがありますが、3種類のシムで調整できない場合がありますので、0.5mm、0.6mm、0.7mmと厚いシムを作ってあります。
シム調整し4つとも0.1mm程度のスラスト量に。


a0248662_8273940.jpg
a0248662_8275120.jpg

a0248662_828431.jpg
a0248662_8281630.jpg

a0248662_8282935.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースをラッピングするため、スプロケットシャフトベアリング(ドライブ側クランクシャフトベアリング)をとりつけ。
計測し、クランクケースとベアリングレースのハメ代は問題なし。
特殊工具で圧入しベアリングのスラスト量チェック。



a0248662_8291673.jpg

a0248662_828473.jpg

両クランクケースをあわせ、ピニオンシャフトベアリングレースラッピングし真円加工。



a0248662_831272.jpg

.0004”オーバーサイズ(4.772mm)のローラーを入れクリアランス0.03mmに。

a0248662_8312290.jpg

a0248662_8313836.jpg

4つのカムギア・ピニオンギア・アイドラギアを入れクルクルチェック。
さすが、NOSカバーさん加工ごと無しでクルクルO.Kでタイミングギア回りの作業終わりです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-31 09:09 | 1973XLCH1000 | Comments(0)


<< 1968BSA A65 ギア...      1964XLCH900 キック... >>