Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 26日

1964XLCH900 トランスミッション組み付け2

S君のアイアンスポーツ
ベアリング周り交換、シフターフォークの調整ごとが終わっていますので、ミッションの本組み。

a0248662_9465875.jpg
a0248662_9471594.jpg
a0248662_9473011.jpg
a0248662_9474192.jpg

まず仮組みして、メインシャフトのスラスト量、シム調整。
シムの厚みを変え0.1mm程度のスラスト量に。


a0248662_9475799.jpg
a0248662_948137.jpg

カウンターシャフト側もシム調整し0.2mm程度に。


a0248662_9483815.jpg
a0248662_9485439.jpg

a0248662_949119.jpg

a0248662_9492841.jpg

随分とガタがあったシフターシャフトブッシュはシャフト、カバー側にあわせブッシュ製作。
擦り合わせをして取り付け。



a0248662_950470.jpg
a0248662_9501758.jpg

スラストチェックも終わり本組み。
この年式の車両のクラッチギアにはクラッチギアエクステンッション(プッシュロッドシールとクラッチハウジングのOリングがつく)がつきますので、圧入。
また、カウンターオイルプラグ(穴位置を上に)を圧入し組み付け。

a0248662_9503118.jpg

スプロケットナットをトルク管理し取り付け、ミッション周り終わりです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-26 10:03 | 1964XLCH900 | Comments(0)


<< 金曜日なんやかんや製作物      1964XLCH900 オイル... >>