Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 23日

1964XLCH900 クランクケース組みつけ

a0248662_8561015.jpg

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
クランク芯だし、ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングも終わり、クランクケースを組み付け。


a0248662_8565286.jpg
a0248662_8572647.jpg

a0248662_8573775.jpg
a0248662_8575278.jpg

ケース周りの修正ごとから
クラックが入っていたクランクドレンボルト部はクラック部溶接し、ボール盤にセットし座面だし面研とともにヘリサート加工。


a0248662_8581179.jpg
a0248662_8582460.jpg

a0248662_8583844.jpg

座面部の状態が良かったT/M側は元螺子山で位置を取りヘリサート加工。


a0248662_8585565.jpg
a0248662_859799.jpg
a0248662_85918100.jpg

ドレンボルトは真鍮で製作。

a0248662_8595382.jpg

ワンウェイバルブであるトランスファーバルブは駄目になった際、組んである状態で抜き取るのが大変なので今のうちに、抜き取りプラグ製作。ミッションブレーザーは別のところからとります。


a0248662_90115.jpg
a0248662_903690.jpg

a0248662_905289.jpg
a0248662_911555.jpg

0.15mmもガタがあったスプロケットシャフトベアリングレース受け部は真円加工後、レース外輪を溶射・肉森・研磨しています。
ケース暖め圧入。

a0248662_925423.jpg
a0248662_93345.jpg

a0248662_942220.jpg

スプロケットシャフトベアリングのスラスト量をチェック後、ベアリング圧入。


a0248662_943755.jpg

a0248662_945077.jpg

ピニオンシャフトベアリングはラッピングしたレースにあわせオーバーサイズベアリングをいれクリアランス調整。
液体ガスケットをつけクランク組み付け。


a0248662_97670.jpg
a0248662_972815.jpg

というわけで、次回オイルポンプ周り、タイミングギア周り組み付けとなります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-23 09:28 | 1964XLCH900 | Comments(0)


<< 1964XLCH900 オイル...      1943WLC750 T/Mク... >>