Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 22日

1943WLC750 T/Mクラッチギア周り

今日はHさんのWLのトランスミッション、クラッチギア周りまとめブログです。

a0248662_8161469.jpg

まずはクラッチギアブッシュ抜き取り計測。
クラッチギアブッシュはリプレイス品が使えそうなので、単品製作せずに使います。


a0248662_817679.jpg
a0248662_8172115.jpg

a0248662_8174529.jpg

とわいうものの、内径はシャフトよりも小さめに作られているので、専用生爪にブッシュを銜え内径拡大。クラッチギアに圧入し縮む分も考え、シャフトに対し0.05mmのクリアランスに。



a0248662_8181659.jpg

a0248662_8212015.jpg
a0248662_8213651.jpg

クラッチギアにブッシュ圧入。
シャフトとブッシュのクリアランスは良いがメインシャフトクラッチギア摺動部が一部段磨耗していましたので、旋盤に銜え研磨し、ガタなく入るように。

a0248662_823521.jpg
a0248662_824325.jpg

a0248662_8243233.jpg

こちらはクラッチギアのベアリングレース。
スラスト側に虫食いがあったレースは新品に交換。
もともとのレース抜き取り、計測。
新品レースとの嵌め代は0.05mmで良好。圧入しレース内径は役0.02mm程度縮む。

a0248662_8244844.jpg
a0248662_8245930.jpg

クラッチギアベアリングレースラッピング工具は市販されていなかったので製作しました。
詳しくはこちらへ



a0248662_8251569.jpg

a0248662_8255788.jpg

a0248662_8253368.jpg
a0248662_8262080.jpg

ベアリングレースラッピング。
ラッピングし0.02mm程度内径拡大し、新品STDローラーを入れクリアランス0.03mmに。
というわけでクラッチギア周りO.K







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-22 08:46 | 1943WLC750 | Comments(0)


<< 1964XLCH900 クラン...      土曜日の授業風景 >>