Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 12日

1967TRIUMPH TR6 エンジン分解・計測作業

新入生Oさんのユニットトライアンフエンジン分解・計測のお話。
友人から譲り受けたトライアンフですが色々と不安なところがあり、VMS入学です。
なんせ古いバイクです。自分のバイクの現状を知り、直し、メンテナンス・調整法を知り乗っていくということは、不安をかかえながら、ダマシダマシ乗っていくことよりも精神衛生上健全だと思いますし、バイクいじりは楽しいです。
とわいうものの、古いバイクですから分解すると色々とあります。
こいつもなんやかんやとドラマがあるでしょう。


a0248662_9461255.jpg

a0248662_9462883.jpg

a0248662_9465232.jpg




a0248662_947432.jpg

a0248662_9471919.jpg

a0248662_9473450.jpg


というわけで、シリンダーヘッド・シリンダーを降ろし、エンジン腰したを降ろしエンジン分解。

a0248662_9482287.jpg

まずはヘッド側から。
ロッカーボックッス分解し、ロッカーアーム・スピンドル計測。
ロッカーアームスピンドルに対しロッカーアームのクリアランスは0.06mm~0.07mmとベストではないですが問題ない数値。


a0248662_951756.jpg

a0248662_9502218.jpg

a0248662_9512211.jpg
a0248662_9513691.jpg
a0248662_9514979.jpg

シリンダーヘッド分解し清掃・計測。
以前にシリンダーヘッド回りも直した形跡があり、バルブステムに対しバルブガイドのクリアランスは0.03mm~0.04mmと状態良しでガイドの交換は必要ないでしょう。
しかしながら問題はあり、バルブの頭(ロッカーアームのあたるところ)が随分減っています。
シートリングを見てみると随分掘られています。
シートカット時にバルブシートを大分カットしそのため、バルブの突き出し量が多くなった為、バルブの頭の部分を削ったのでしょう。焼きが入っているバルブの頭の部分を削ったことでロッカーにたたかれ、随分と窪んでいます。
トライアンフはマニュアルにちゃんとしたバルブ突き出し量の記載がないため、正確な数値はわかりませんが、状態がよいもの(シートリングが減っていないもの)の数値は解るので、それを基準にしてシートリング交換予定。

a0248662_9525472.jpg

ピストンとシリンダー計測。
ピストンにはSTDの刻印があるもののピストン径は71.66mm~71.68mmと.030”オーバーサイズのピストンと思われます。
シリンダーとのクリアランスは0.06mm~0.09と状態は良いです。


a0248662_9533861.jpg
a0248662_954473.jpg

タイミングギア周り
カムブッシュはカムシャフトに対し0.09mm~0.1mmとクリアランスでブッシュ交換。



a0248662_9543624.jpg

a0248662_9545838.jpg
a0248662_9552997.jpg

クランク周り。
スラッジチューブのプラグボルトはヘキサゴンレントが使えるものに変えられています。
イモネジで周り止めされています。
ドライブ側のローラーベアリングはシャフトのとともに抜けるはずがレース側にくっついたまま抜けました。
と少々不安がありながら計測作業に。

a0248662_9555391.jpg
a0248662_9561243.jpg
a0248662_9563095.jpg

まずコンロッド計測
分解前に振れが多かったタイミング側の振れっぷりを計測、0.1mm以上あるのでこれはチョット。
ビッグエンドジャーナルは傷など少なく良好でDサイド・Tサイドともに40.987mm~40.98mm
一回リグライドしているのでしょう。
コンロッドはコンロッドナットを規定トルクで締め付けメタル内径計測。
Dサイドはジャーナル径に対し0.04mm~0.06mm
Tサイドはジャーナル径に対し0.08mm~0.16mmと大分やられています。
こちらはメタル交換でいけそうです。



a0248662_956468.jpg
a0248662_9571417.jpg
a0248662_9573281.jpg

a0248662_9574578.jpg

クランクシャフト周り計測。
クランクシャフトはDサイド・Tサイド共に28.565mmと問題なし。
ベアリングレースとクランクケースの嵌め代も問題なし。
動きが渋かったDサイドローラーは新しいC3のローラーベアリングを嵌めてみて様子も見てみます。



a0248662_9581267.jpg
a0248662_9583575.jpg
a0248662_9585564.jpg
a0248662_9591230.jpg

ギアボックス周り。
ハイギアブッシュはメインシャフトに対し0.1mmクリアランスがあったのでブッシュ交換。
レイシャフトの1STギアブッシュも測るまでもなくガタがあったので交換。
ハイギアベアリング・メインシャフトベアリング・レイシャフトベアリングは交換します。
特にレイシャフト軸受けベアリングであるニードルベアリングはローラー同士を削りながら回っていきますので、壊れやすく分解時には交換します。実際、インナーカバー側のニードルベアリングは分解時にバラバラになりました。

というわけで分解エンジン分解作業終わりであります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-12 09:28 | 1967TRIUMPH TR6 | Comments(0)


<< 1951TRIUMPH T10...      平日の授業風景 >>