Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 08日

土曜・日曜日の授業風景



1955FLH1200

a0248662_7165929.jpg
a0248662_7171649.jpg
a0248662_7172936.jpg

a0248662_7181281.jpg
a0248662_718245.jpg


Yさんのパンヘッド
チェック済みのキャブレーター取り付け。
一旦キャブを組み付け、位置決めした上でマニホールド本組みし、キャブレーター取り付け。
スロットルケーブル、チョークロッド取り付け、作動チェック。
クランクを点火時期位置に合わせデストリビューター取り付け。
此方も進角ケーブルを取り付け、点火時期調整。







1967 TRIUMPH TR6

a0248662_7191031.jpg
a0248662_7193267.jpg
a0248662_720545.jpg

a0248662_7203130.jpg
a0248662_7204726.jpg
a0248662_721250.jpg


Oさんのトライアンフはエンジン腰下分解。
どうも以前にクランク周りまで手が入っている車両のようであります。
ドライブサイドのローラーベアリングはローラーとレースが齧り気味でケース分解の際、圧入されているシャフトとベアリングが抜けたり、ズラッジチューブのプラグボルトがイモネジでカシメられていたりとなんやかんやありそうです。
とにかくこの後計測地獄となります。








1979 TRIUMPH T140E

a0248662_7215465.jpg

a0248662_7221149.jpg
a0248662_723076.jpg
a0248662_7232356.jpg
a0248662_7233934.jpg

a0248662_7235919.jpg


新入生のTさんのトライアンフ
国内もので走行距離も少なそうな車両で、エンジンの状態は良さそう。ということで、とりあえずエンジンを降ろし、車体周りを中心にOHしていきます。
エンジン腰上をばらし、ビッグエンドのガタチェックし良好。
リアブレーキのマスターシリンダーのマウントが共止めになっているエンジンマウントプレートの抜き取りに苦労しつつエンジンをおろしました。







1951 TRIUMPH T100

a0248662_7243558.jpg
a0248662_724493.jpg
a0248662_725117.jpg
a0248662_7253467.jpg
a0248662_7255767.jpg

a0248662_7495115.jpg

a0248662_750416.jpg

a0248662_7262282.jpg
a0248662_7264860.jpg
a0248662_7272337.jpg
a0248662_727275.jpg
a0248662_7274171.jpg


Hさんのトライアンフ
フロントホイールのスピンドルスリーブとブレーキパネル軸部に約1mmのガタがありましたので、片肉0.5mmにスリーブを作り圧入。
ガタがなくなったところでホイール、ブレーキ周りを仮組みしブレーキの当たりっぷりチェック。
左右両ブレーキーシューにしっかり当たっていますんで問題なくO.K
Rホイールはベアリングにグリスをしっかり付け仮組み。
初めてやるハブクッションなのでそれぞれのパーツの役割を確認しつつ仮組み。
後付けだと思われるスペーサーなど入っていましたので、確認も含め仮組み。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-08 07:56 | その他 | Comments(0)


<< 1973XLCH1000 バル...      金曜日コンクリート再び >>