Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 02日

月曜日の授業風景

1943WLC750

a0248662_0562093.jpg
a0248662_0564295.jpg

a0248662_0584658.jpg
a0248662_059731.jpg

a0248662_0592276.jpg

a0248662_059491.jpg


HさんのWLCはギアボックス組み付け作業。
メインシャフト・クラッチギア・カウンターギア両軸のニードルベアリングサイズ選定し組み付け。
WLのギアボックスは軸受けニードルベアリングを4週類使うので混乱します。
新品スラストベアリングレースの厚みが厚く干渉するなどありつつ、組み付け。
2ND・3RDギアのスラスト、クラッチギアのスラスト調整しO.K。








1964XLCH900


a0248662_103562.jpg
a0248662_10591.jpg
a0248662_11296.jpg


a0248662_111412.jpg

a0248662_115890.jpg
a0248662_122885.jpg
a0248662_124923.jpg


S君のアイアンスポーツ
まず製作したシフターブッシュを交換し、ホーニング、少々ラッピングし取り付け。
キックブッシュも製作し取り付けですが、もともとスプロケットカバー側のダウエルピン穴が拡大されているため、位置決めが出来ない。
ケース側、スプロケットカバーに合わせ段付きダウエルピン製作し取り付け。
キックシャフト、スプロケットカバーを取り付け、擦り合わせ。
両軸の距離が長いアイアンのキックシャフト周りの調整はなかなか面倒です。




1973XLCH1000

a0248662_131413.jpg

a0248662_133764.jpg
a0248662_14396.jpg

a0248662_14236.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
駄目だったカムシャフトはアンドリュースのものに交換。
カムカバーはNOSものが手に入ったので交換します。
NOSのカムカバーを扱うのは初めてで、もともとメーカーがカムブッシュ・ピニオンブッシュのサイズをどれぐらいで作っているのか興味がありました。
それぞれ計測し非常に勉強になりました。
カムベアリングを取り付け、カムシャフトを組みスラスト量チェック。





38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_15364.jpg
a0248662_151561.jpg


久しぶりに登場のベロセットのEさん。
ストッパー部が減りブレーキロッドに干渉していた再度スタンドは、ストッパー部肉盛りし整形取り付け。
ねじを新たに作りつつ、始動準備。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-02 08:15 | その他 | Comments(0)


<< 火曜日の授業風景      日曜日の授業風景 >>