Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 22日

TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド)

a0248662_8365416.jpg
a0248662_837787.jpg
a0248662_8371921.jpg
a0248662_837314.jpg


今日は修理でお預かりしているトライアンフのヘッドのシリンダーヘッドのお話。
そもそもロッカーカバーマウントボルトのメネジ部分の修理でお預かりのヘッドでしたが、バルブフェース面、バルブシート面の虫食いもあり、ガイドホールもEX側は下部が0.15mm~0.3mmとだいぶ広がっていたので交換することに。
もともと、ロッカーマウント螺子が駄目になり、そのためロッカーアームとバルブのあたり角度が変わりバルブとガイドが齧った車両で、バルブが変磨耗したのでしょう。

a0248662_8541815.jpg

a0248662_8374867.jpg
a0248662_838114.jpg

燃焼室内、ポート内のカーボンをブラストしガイド抜き取り。
いつものように抜き取り工具でガイドを引っ張り上げると工具の螺子は進んでいくが、ガイドは上がってこない・・・?
ガイドを見てみると、押しているポート内のガイドが変形している。ガイドが抜ける前に変形したようだ。
今回、ガイドを抜く前にアルミロウで螺子部を埋めるためヘッドを熱したときにガイドが焼きなまったのか?
こらはわたくし初めての経験です。
ともあれ、変形したままだとガイドが抜けないのでヘッドを傷つけないようにリューターでガイドの変形部分を削り、バルブガイド頭側に螺子をきりボルトを入れ抜き取り。




a0248662_8383192.jpg
a0248662_8384485.jpg
a0248662_8385615.jpg

抜き取り後、ヘッド側ガイドホール計測。
しっかりカーボン除去したおかげで縦傷は少ない。
しかしながら、入り口から出口にテーパー状にに少々変形している。
この年代のトラのバルガイドには鍔が無くそのため、バルブの動作方向に変形しているものと思われる。
シートに対して垂直にリーミングできる冶具を使いリーマーで真円拡大。



a0248662_8391667.jpg
a0248662_8393072.jpg

バルブ・バルブガイドははkibblewhite製のものを使います。
ガイドは鍔つきのものに。


a0248662_8394810.jpg
a0248662_840171.jpg

うちのブログで何度も書きますが、アルミ青銅製のバルブガイドは粘り硬く、切削が困難なのでガイド圧入前にバルブステム径+クリアランス分のリーマーで内径拡大。
切れずらいので0.01mm刻みでリーマーを通します。



a0248662_8402277.jpg
a0248662_8403698.jpg

それぞれのヘッド側ガイドホールにあわせ外径加工。ホール径+嵌め代分。




a0248662_8405629.jpg
a0248662_8411038.jpg

a0248662_8412369.jpg

a0248662_8415517.jpg

テーパー状になっているガイド鍔部分にあわせ押し工具を作りバルブガイド圧入。


a0248662_8421329.jpg
a0248662_8422512.jpg
a0248662_8423719.jpg
a0248662_8434896.jpg

圧入後、圧入部分は内径が縮みますので、あらためてリーマー加工。
こちらも同じく0.01mm刻みで切って行きます。
このリーマーというやつは100分台で内径を出すためのものなので、切れすぎたらまずい。そのため切れづらくなっています。
そのためリーマーを通してもその寸法に切れていないことがあります。
リーマー通した後計測確認。



a0248662_844316.jpg

ガイド加工後、バルブの当たりっぷりチェック。
すべて、バルブとシートは全面あたりしています。つまりシートに対しガイドが真直ぐ入ったということ。
これで、シートカットが少し気楽です。
というわけで次回バルブシートカットです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-22 09:24 | その他 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      1968BSA A65 カム... >>