2017年 04月 19日

1968BSA A65 バルブシートカット&バルブスプリング



今日はTさんのBSA A65のヘッド周りのお話。
バルブガイド加工圧入済みでバルブシートカット&スプリング組み付け。


a0248662_7321889.jpg

a0248662_7324140.jpg

バルブガイド及びバルブはkibblewhite製新品に交換。
軽く擦り合わせた状態でベタあたり。
バルブフェース面が細く作られているA65のバルブではフェース面が全部あたっている状態。
バルブシートはほとんど減っていない状態で良好。


a0248662_7325847.jpg
a0248662_7332147.jpg
a0248662_7343735.jpg

バルブシートカット、擦り合わせをしバルブ傘面とシートのあたり幅1.5mm程度に。
60度面をメインにカットし30度面は整える程度に。
一部30度面カットに苦戦、同じシートカッターを使いつつも車種によって、やり方を変える必要があるな・・・などと考える。
無事、シートカット擦り合わせ終わり。


a0248662_7393739.jpg

灯油漏れチェックしO.K


a0248662_7385053.jpg

a0248662_814024.jpg

a0248662_739260.jpg

ヘッド面やマニホールド面など面研して、バルブを付けヘッドに熱をかけバルブの動きが渋くならないかチェック。



a0248662_7395798.jpg

ここからはバルブスプリングのお話。
バルブのスプリング長チェック。マニュアル値44.45mm
4本とも数値的の問題ないので交換せずそのまま使用。


a0248662_7402273.jpg
a0248662_7413553.jpg

a0248662_742066.jpg

インアースプリングだけ取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。



a0248662_7421793.jpg
a0248662_872355.jpg

シム調整をしIN同士、EX同士のスプリング取り付け長を合わせる。
丁度ハーレー用のスプリングシムがピッタリであります。



a0248662_7425385.jpg
a0248662_743773.jpg

アウター・インナースプリングのスプリング圧をそれぞれ計測し、組み合わせを変え、4本のスプリング圧を均等にする。
またA65のバルブスプリング(アウター)はサージング防止プログレッシブになっています。
巻きが細かいほうが下にして組みます。

a0248662_7432324.jpg

というわけで組み付けバルブ周り完了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-19 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)


<< 1968BSA A65 カム...      土日の授業風景 >>