Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 23日

火曜日・水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_311412.jpg

a0248662_312420.jpg

a0248662_315225.jpg
a0248662_321478.jpg

a0248662_371944.jpg
a0248662_373913.jpg


Iさんのナックルヘッドはプライマリー周り組み立て。
プライマリーチェーン張り調整後、クラッチの切れっぷり調整。
クラッチカバースクリューの雌ねじがクラッチのプレッシャープレートと干渉していたようで、ねじ穴が無くなっていたので、ナット溶接。プレッシャープレートと干渉しないかチェック。
またクラッチプレートのボルトの長さ調整。
NO.8のボルトがついていたプライマリカバーはNO.10のスクリューに交換し取り付け。
プライマリー周りO.Kです。






1946WR750

a0248662_382430.jpg
a0248662_384041.jpg
a0248662_385036.jpg
a0248662_385849.jpg


MさんのWR
ガスタンクの花咲Gを終わらせ、フォークのトップツリー、ライザー。
マグネトーキルスイッチをつけるためハンドルにねじ穴を開け、配線、ケーブル中通ししハンドル取り付け。









1940WL750

a0248662_2542745.jpg
a0248662_2552578.jpg

a0248662_2554198.jpg

a0248662_2555149.jpg

a0248662_2561894.jpg
a0248662_2563160.jpg

a0248662_2564542.jpg
a0248662_2565419.jpg

a0248662_2574274.jpg

a0248662_2575559.jpg


I君のWLはタイミングギア周りの計測。
ピニオンシャフトベアリングは状態良しだが、カムブッシュ・ピニオンブッシュはガバ目
バルブシートが削れタペットを随分削っていたEX側のカムはフロント・リアともに随分とやられている。
同じくタペットローラーもEX側があまり見られないやられかたをしています。
タペットガイドのガタもそれなりにありますので、オーバーサイズにする必要がありそうです。
これでエンジン周りの計測作業は終わりで、問題点が見えてきました。
I君は東京ライフを円滑に進めるべく足バイクのFTRを手に入れ、しっかり整備をしています。










1973XLCH1000

a0248662_228239.jpg
a0248662_2281483.jpg
a0248662_2291353.jpg
a0248662_2294414.jpg
a0248662_2295435.jpg
a0248662_2301248.jpg
a0248662_2302012.jpg
a0248662_2303774.jpg
a0248662_2304655.jpg
a0248662_231225.jpg
a0248662_231193.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
73年のアイアンはこの年式だけFブレーキがバナナキャリパー。大きなキャリパーなためガタが出やすいフォークとのマウント部のガタチェックし問題なし。
随分削れていたパッドピン交換、オイルシール交換し仮組み。
またフロントフォークシール周り交換。
よくやられている、フェンダーマウント部のネジ穴はしっかり無くなっていましたのでヘリサート加工。
ベアリングレース部が錆びていたネックカップは抜き取り。錆で固着していましたが計測し問題なし。テーパーベアリングにコンバートします。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-23 03:51 | その他 | Comments(0)


<< 1979FXS1200 バルブガイド      月曜日の授業風景 >>