Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 19日

日曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_22252267.jpg

a0248662_22253138.jpg

a0248662_22375021.jpg

a0248662_22254116.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
フルトラが付いていたサーキットブレーカー周りは機械式ポイント点火に変更取り付け。
スターター周りのケーブルは長さを合わせ製作・取り付け。
スピード・タコ周りの配線を終わらせたら、配線作業終わりです。







1985FXEF1340

a0248662_22274618.jpg
a0248662_2228186.jpg
a0248662_22281558.jpg

a0248662_22283067.jpg

a0248662_22284385.jpg


Tさんの4速エボ
パウコ製のスプリンガーを取り付けるべくなんやかんや。
リジットフォークに圧入されたいるはずのステムシャフトは手スポでイモネジで固定されている。
またトップツリーとステムの位置が合わず、ステム位置の帳尻合わせをして、リジットフォークにステムをロウ付けする必要があります。
ロッカーアームブッシュはナイロン的ブッシュであり、スタッドと溶けるように一体化しているものもありで、ブッシュは単品製作します。
ともあれ、パウコ製のスプリンガーは作りが良くないです・・・。







1974XLH1000

a0248662_2235149.jpg

a0248662_22352730.jpg

a0248662_22353747.jpg

a0248662_22355785.jpg


K君のアイアンスポーツ
カウンター1STギアのシム調整、カウンターシャフトのスラスト調整も終わり、メインシャフト側に。
メインシャフトスプロケット側のベアリングローラーは一個足りなかった(23個入り)ためSTDサイズローラーを新たに入れ、レース径は問題なしでクリアランスは0.04mm。
クラッチギア側のベアリングも交換。
メイン側もスラストチェックし問題なし。
T/M本組みでプライマリー周り本組み。ここでVMSでの作業はこれで終わり。








a0248662_22192588.jpg
a0248662_22193559.jpg


花咲G投入のため珍しく日曜日に登場のMさん。
寒い中お外でジャブジャブ。





a0248662_2219518.jpg
a0248662_22201517.jpg
a0248662_22202740.jpg
a0248662_22204594.jpg


卒業生F君はスターハブのスラストが大分大きくなったとのことでタイヤ持込。
原因はラージベアリング側のリテーニングリングが磨耗しスタッパー部分が大きくなり、スラスト量が増えたようです。リテーニングリング交換し新たにスラスト量調整し組み付け。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-19 23:33 | その他 | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      土曜日の授業風景 >>