Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 09日

火曜日・水曜日の授業風景

1947FL1200


a0248662_10124714.jpg
a0248662_1013060.jpg
a0248662_10131780.jpg
a0248662_1013308.jpg
a0248662_10134266.jpg
a0248662_10135417.jpg


Iさんのナックルヘッド
オイルポンプの流れっぷりチェックを忘れていたので、プライマリー周りを組む前にチェック作業。
インナープライマリーカバーとアウタープライマリーカバーの合わせ修正を終わらせ、プライマリー側組みつけ。
クラッチハブを規定トルクで締め付け、クラッチハウジング・エンジンスプロケット・プライマリーチェーン取り付け。プライマリーチェーン・エンジンスプロケットは新品に交換。
錆が酷かったスチールプレートも新品に交換し組み付け。








1985FXEF1340


a0248662_10141270.jpg
a0248662_10142345.jpg
a0248662_10143724.jpg
a0248662_10145728.jpg
a0248662_10151182.jpg
a0248662_10152485.jpg


Tさんの4速エボはパウコ製スプリンガーフォークに交換にともないネックベアリング交換。
中古で仕入れたスプリンガーフォークは中古のためか、パウコ製のためか判らないがお世辞にも良い物とは言えず・・・
取り付けにあたりチェック・加工作業・製作作業が必要です。










1976FXE1200


a0248662_10163278.jpg

a0248662_10161196.jpg
a0248662_10164941.jpg
a0248662_1017534.jpg
a0248662_10172191.jpg


a0248662_1017385.jpg
a0248662_10174836.jpg


三重からお越しの新入生Hさんのショベルヘッド
ヘッド周りの燃焼室内の地獄のカーボン除去が終わり、バルブとバルブガイド計測。
ガイド交換ということになりガイド抜き取り。排気側ガイドホールは少々抜き取りの際に傷がついたものの軽傷でホーニング程度で問題なしで内径計測し必要ガイド径選出。
ロッカーアームとシャフトのクリアランスは少々あり、ブッシュ交換。
ピストンは純正STDのものが入っていたので、一瞬これは当たりかしらと思うものの、シリンダーは大分掘られている。計測するとピストン径88.77mmつまり1340cc用のSTDピストンが入っていました・・・。(1200cc用のピストンとすると.060”o.s相当)










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-09 10:45 | その他 | Comments(0)


<< 1948WL オイルポンプ      月曜日の授業風景 >>