Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 21日

1958陸王RTⅡ オイルタンク・リアホイール

a0248662_21123516.jpg


今日はSさんの陸王リアホイール周りとオイルタンク周りのお話。


a0248662_2114145.jpg
a0248662_21141318.jpg

a0248662_2247931.jpg


エンジンをオーバーホールしたので、もちろんオイルタンクもリフレッシュしておきます。
オイルタンクを取るため両サイドカバーを取ります。レフトサイドカバーにはバッテリー、ライトサイドカバーにはレギュレーターが付いています。
この車両は6Vのダイナモが付いていますが、ハーレーの3ブラシのものとは違い、2ブラシのダイナモでボルテージレギュレーターが別途付いています。
ちなみにこのニューエラというレギュレーターは日本製のもので、今でも自動車電装部品を作っているようだ。
ともあれ、レギュレーターにしろイグニッションコイルにしろ電装品は当時ものが付いていまして、無事に動くことを祈るばかりであります。

a0248662_21142619.jpg
a0248662_21145552.jpg

オイルタンク抜き取り。
前側はサイドカバーがともに留めめられ4点、後ろ側はリアバンパー、バディーシートスプリングマウントと共留めで2点で留まっている。
ネジの種類がそれぞれ違い、貫通穴ではないのにシールテープが巻いてあます・・・この訳はまた後で知ることになります。



a0248662_21151941.jpg
a0248662_21153233.jpg

灯油を入れシェイク、汚れた灯油を捨て、また灯油を入れシェイクを繰り返し、灯油が透明になり鉄粉が出なくなるまで。
オイルフィルターを持たない車両ですので、大分鉄粉が出てきました。


a0248662_21161162.jpg
a0248662_21163472.jpg

a0248662_2117138.jpg

ばらばらのボルトが留まっていたオイルタンクはやはりメートリックのボルトが入っていてネジ山がやられていました。痛んだねじ山にシールテープを巻いて誤魔化していたようです。
まぁ国産バイクだからしょうがないともいえないが・・・。
ここに限らず、インチボルトとメートリックのボルトが混在し(特に車体周り)何が正解か分からなくなります・・・。
ともあれ、もともと付いていたまともなネジがインチサイズの頭だったので、インチサイズにネジを使いヘリサート加工。
面部分が無いものなのでセットに苦労しつつ穴あけヘリサート加工。5/16”-24山UNF。
ちなみにM8のピッチ1.0が5/16”UNFに近いのでこれを使っていたのでしょう。
というわけでオイルタンク取り付け。

a0248662_21171879.jpg
a0248662_21174051.jpg

a0248662_21175617.jpg

サイドカバーもネジが駄目。
こちらも5/16”-24山UNFでヘリサート加工。


a0248662_21181975.jpg

というわけで、思いのほか苦労したオイルタンク清掃終わり。
ネジ周りは統一され気持ちが良いです。



a0248662_21183946.jpg

ここからはリアホイール周り。
フロントホイール周りは以前に調整済み。

a0248662_21185052.jpg

a0248662_21191551.jpg

a0248662_21192733.jpg

レフトサイドにはスピードメーターギアが付いています。WLとはまったく違うもの。
リアチェーンガードもWLとは違い前後分割式になっています。
これ純正かしら?ちょっと手作り感があります。



a0248662_21203694.jpg
a0248662_21204858.jpg


スピードメーターギアはギアの爪がホイールのシールホルダーに刺さり、ホイールの回転で回る仕組み。ショベルなどのものと同じくグリスか固まり爪部分が折れてしまう恐れがありますので、分解し清掃・グリスアップしておきます。


a0248662_21211735.jpg
a0248662_2121287.jpg

a0248662_21215099.jpg


ホイールはフロントと同じくハーレーのスターハブと同じであります。
分解・清掃・計測。
入っていたローラーはSTDの6.35mm、インナーれーすとなるインナースリーブもラージ側31.75mmスモール側25.41mmと問題なし。
レース側はラージ側は少々広がっていて44.50mmでクリアランス0.05mm
問題はスモール側で38.26mmと大分広がっていてクリアランス0.15mmとなります。
なぜかスモール側だけ随分と広がっていましたが、まぁ見ておいて良かったです。
広がっているもののレース自体は状態は悪くありません。


a0248662_2122530.jpg
a0248662_21222498.jpg

というわけで、ローラーをオーバーサイズにしてクリアランス調整。
オーバーサイズローラーは.0002”(0.005mm)刻みでありMAXオーバーサイズは.002”

ラージ側は.0004”o.sのローラー(6.36mm)を使いクリアランス0.03mmに。
スモール側はMAXオーバーサイズの.002”(6.40mm)のローラーを使いホイールのクリアラスとしては少々大きいが、問題ないと考えクリアランス0.05mmに。

スターハブは恵まれていて、インナースリーブのオーバーサイズもあり、もっとクリアランスを詰めようとおもえば出来ます。
またハブ自体も新品があり、テーパーベアリング使用のものもある。素晴らしいです。



a0248662_21233680.jpg

焼きつき気味だったキューピータイプのスラストワッシャーは交換。

a0248662_21235545.jpg

a0248662_212489.jpg

カバースクリューはマイナス部が大分広がっていましたので交換。
またここもメートリックの皿ネジが使われていましたが、タップを立て問題なし。
ここのネジはハーレーでよく使われる1/4”-24山UNS、M6のピッチ1.0mmが近くそれを使っていたようです。



a0248662_21243048.jpg

a0248662_23594958.jpg

コルクシールを付けると動きが渋くなるので、シールを付けず仮組みし、シム調整しスラスト量調整。
0.1mmのスラストに。

a0248662_21252450.jpg
a0248662_2126492.jpg
a0248662_21262429.jpg

コルクシールを付け本組み。
接着剤的なもので留められていたベアリングカバースクリューはロックワッシャー(内歯ワッシャー)で固定。

a0248662_2154357.jpg

a0248662_21542759.jpg
a0248662_21544390.jpg

a0248662_0122790.jpg

a0248662_21552373.jpg

a0248662_0132236.jpg

a0248662_21562614.jpg


スピードメーターギアを分解し清掃。
ゴツイメーターのわりに爪部分は華奢、爪が折れる恐れがあると思い分解グリスアップでしたが、既に以前に直してある形跡があり。
しっかりグリスアップし組み付け。









a0248662_21574562.jpg
a0248662_2158012.jpg

ブレーキ周りも分解し清掃。
オペレーティングカムのピボット部はガタ無く状態良し。
パネル自体は以前に苦労し直した跡があります。


a0248662_215825100.jpg
a0248662_21583997.jpg

ブレーキのあたりをチェックするため印を付ける。


a0248662_21585581.jpg
a0248662_21592230.jpg

車体に付ける前に、ホイールの回りっぷりチェックし問題なし。
リムが大分歪んでいて、リム部分で見ると振れが随分ありましたが、タイヤ部分で見ると問題なし。


a0248662_21594327.jpg
a0248662_21595741.jpg

車体にホイールを組み付け、ブレーキをかけた状態にして、タイヤを回しブレーキのあたりっぷりチェック。

a0248662_2201776.jpg
a0248662_2203783.jpg
a0248662_2211018.jpg

ドラムは少々キズがあるものの、全面であたり偏芯は無いようだ。
ブレーキシューはリーディング側のあたりがほどほどでありますが、一旦これで乗ってみます。


a0248662_2213592.jpg

というわけで、ホイール組み付け。
今日はこれで終わり。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-21 00:50 | その他 | Comments(0)


<< 1973XLCH1000 リア...      1979FXS1200 タイミ... >>