Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 19日

1979FXS1200 タイミングギア周り・コンロッドビッグエンドベアリング

a0248662_22201428.jpg
a0248662_22202419.jpg

今日はS君のショベルヘッド、まずはタイミングギア周りのお話から。
元々付いていた純正Hカムはカム山に虫食いが有り交換。ということでS君が入手してきたのがS&S514カム。
IN オープン/クローズド 23度/43度 EX オープン/クローズド 43度/23度 Duration246度
と、うちでもよく使うアンドリュースJカムとそんなに変わらないバルブタイミング。
しかしながら、バルブリフトが.514”(純正カム.390”)とリフト量が大分多いです。
ヘッド周りの加工も必要となるでしょう。
日頃うちではハイカムを入れることはありませんが、オーナーさんの熱望もあり今回は実験的に組むことにします。



a0248662_2220443.jpg
a0248662_22205696.jpg
a0248662_2221732.jpg

このカムギアが何年式のものか分かりませんので、カムギアは元々付いていたものを使います。
カムギアに印を付けギア抜き取り、それぞれシャフトとギアを計測し嵌め代チェックしギアを圧入。
タイミングがずれている恐れがありますので、後日仮組みしタイミングチェックします。



a0248662_22212184.jpg
a0248662_22213583.jpg

カムシャフト、ブリーザーギアを仮組みしスラスト量をシム調整。
カム・ブリーザーともに0.2mm態度に。


a0248662_22215238.jpg
a0248662_2222472.jpg

ここで早速問題が。
やはりリフト量が多いカム、リアインテークカム山がケースに干渉。
忍びないがケース側の干渉部分を削る。


a0248662_22221757.jpg

ピニオンシャフトブッシュ、カムブッシュは状態が良かったのでそのまま使います。
というわけで、ブリーザー・カムシャフト、ピニオンシャフト・ピニオンギアを組み付け、クルクルチェック。
スムーズに周り問題なしでO.K



a0248662_2222352.jpg
a0248662_22225140.jpg
a0248662_2223366.jpg

状態が良かったクランク周り。クランクの芯振れが無ければ、バラさなかったのですが。
コンロッドビッグエンドベアリングレースもほぼ減っておらず。
フロント側が0.01mm程度楕円、リア側の左右レースの径が0.01mm差異がありましたので、ラッピングをして真円加工。
F側41.29mm R側41.28mmに


a0248662_22232176.jpg
a0248662_22233547.jpg

a0248662_22235275.jpg

a0248662_2224678.jpg
a0248662_22242133.jpg
a0248662_22243331.jpg


ローラーサイズを選定しF側クリアランス0.02mm R側0.03mmに。
コンロッド組み付け、規定トルクでクランクピンナットを締め付けクランク仮組み。
コンロッドスモールエンド部の振れ幅はF側0.7mmR側0.3mmと良い感じであります。
コンロッドのスラストワッシャーはほぼ減っておらず、スラスト量も0.4mm程度なのでこのまま使います。
というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-19 01:20 | 1979FXS1200 | Comments(0)


<< 1958陸王RTⅡ オイルタン...      1979FXS1200 オイル... >>