Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 17日

1979FXS1200 オイルポンプ仮組み


a0248662_23195893.jpg

a0248662_23205156.jpg

今日はSくんのショベルヘッド、オイルポンプ周りのお話。
もともと付いていたオイルポンプはオイル管理が悪かったのか、オイルポンプボディー内壁にザックリと傷が入っています。
これは使いものになりませんので、良品中古オイルポンプに交換。
新たに使うオイルポンプ81年以降のモデルについていたポンプであります。

a0248662_2321674.jpg

新たに使うポンプカバーを見るとドライブチェーン・プライマリーチェーンのオイラーがなくなっています。84年以降の4速エボ、またはFXBなどベルトプライマリーモデルについていたものと思われます。


a0248662_23212258.jpg
a0248662_2321388.jpg

一番の違いはリリーフバルブ周りの経路
もともと付いていたもの(80年以前)はリリーフバルブに行った余剰オイルはチェーンオイラーの経路をとりリターン側経路に行きます。
81年以降のリリーフバルブの余剰オイルはある一定までフィード側オイルラインへ。リリーフバルブが上がりきるとタイミングギアケースに行くようになります。


a0248662_23215574.jpg
a0248662_23221926.jpg
a0248662_23224195.jpg

というわけで、この年式のケースにショベル後期のオイルポンプをつける場合はタイミングギアケースへの穴加工が必要となります。(S&Sのオイルポンプを使う場合も同じ)
冶具を使い位置決めをして穴あけ加工。ドリルサイズは3.2mm


a0248662_2323646.jpg


仮付けし通路が通っているかチェックし問題なし。


a0248662_23232615.jpg
a0248662_2323408.jpg

ここからは通常通りのチェックごと。
チェックバルブは光明丹チェックし問題な無そう。


a0248662_23235962.jpg

ギア自体の高さは元々付いていたギアと同じ高さで問題なし。

a0248662_2324149.jpg
a0248662_23243054.jpg
a0248662_23245885.jpg

ギアをボディーに付け、ボディー面とギアのでっぷりチェック。
フィード側・リターン側ともに0.2mm程度。
使うジェームス製黒ペーパーガスケットも厚み0.2mmでよい感じであります。
(ここの隙間がありすぎると油圧が逃げることになり、少なすぎるとギアの回りが渋くなります)


a0248662_23252521.jpg

a0248662_23254619.jpg
a0248662_23261123.jpg
a0248662_23272959.jpg

キーを入れてCクリップを入れてと細かい組み付け講習をしつつ、オイルポンプ仮組み。


a0248662_23275713.jpg
a0248662_23281248.jpg

オイルポンプボディー・カバーを動かしつつスムーズにギアが回るところ探しつつ、規定トルク10N.mで締め付け、抵抗無くスルスルギアが回りO.Kです。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-17 09:11 | 1979FXS1200 | Comments(0)


<< 1979FXS1200 タイミ...      1973XLCH キックスター... >>