Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 22日

1971 BSA A65 キャブ・電装・外装取り付け

今日は前回に引き続き、TさんのBSA A65の作業内容をお伝えします。


a0248662_11322462.jpg
a0248662_11323573.jpg
a0248662_11325224.jpg
a0248662_11331498.jpg


新品のアマルコンセントリックプレミアムさんは一応分解し、面チェック・各部チェック。
ツインギャブなので左右フロートレベルを合わせておきます。
ヘッド側マニホールド面も面研磨。
キャブレーター取り付け、スロットルケーブル取り付け調整。



a0248662_1134140.jpg
a0248662_11342750.jpg
a0248662_1136755.jpg

a0248662_11362359.jpg

a0248662_11363279.jpg


配線引きなおし。
一から配線を引きなおすと電気の流れ方を理解できます。
プラグコードも長さをあわせ製作、レギュレーターも今物に交換。
点火システムはペイゾンのフロトラ。点火時期をあわせ取り付け。



a0248662_1136528.jpg
a0248662_11371292.jpg
a0248662_1137229.jpg


オイルインフレームの純正エアクリーナーカバーはインナーカバーが左右共止めで取り付けがなかなか面倒です。
仮組みしてオイルタンク・エアクリナーカバー・サイドカバーともに塗装し美しくなりました。
塗装はトリニティー卒業生のSさんにお友達価格でやってもらっています。





a0248662_11375860.jpg
a0248662_11381023.jpg
a0248662_11382193.jpg
a0248662_11383222.jpg


エキパイ・サイレンサー取り付け。
新品エキパイはやはりスンナリ付かない・・・左側は良いが、右側のエキパイは角度がおかしいので熱して曲げ修正。クローム鍍金前のエキパイって売ってたら良いのに。
サイレンサー位置もマウントステーを加工しなるべく水平に。



a0248662_11384919.jpg
a0248662_1139019.jpg


シフトペダル・Rブレーキフットペダルも熱し曲げちゃんとした位置に修正。




a0248662_11392629.jpg
a0248662_11393819.jpg
a0248662_1139562.jpg

シートも新品に交換。マウントラバーの取り付けに苦戦しつつも取り付け。
グラブバーも取り付け。



a0248662_11414461.jpg

リアチェーン周り、ブレーキ周りの調整を終え、エンジン始動へと到る。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-22 12:12 | 1971 BSA A65 | Comments(0)


<< 1958陸王RTⅡ キャブレー...      1971 BSA A65 シリ... >>