Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 20日

1971 BSA A65 シリンダー・シリンダーヘッド組み付け



今日はだいぶ前の事になりますが、TさんのBSAエンジン腰上組みつけのことを紹介しておきます。

a0248662_23264320.jpg
a0248662_23265414.jpg

+.020”のピストンでボーリング加工済みのシリンダーさん
ピストンリングのギャップとクリアランスチェックし問題なし。

a0248662_2327466.jpg
a0248662_2327136.jpg

ヘッド側面は面研磨。


a0248662_23343565.jpg

a0248662_23272481.jpg

シリンダー自体にタペットホールが開いているBSA A65
タペットを取り付けた状態でタペット頭部分にCクリップをつけ、タペットが落ちないようになっていますが、タペットをシリンダーに取り付けた状態でCクリップを取り付けるのは非常に大変でありますので、ホースを使いタペットが落ちないように留めておきます。



a0248662_23273496.jpg
a0248662_23274572.jpg

ピストンを取り付け、シリンダー組みつけ。
71年からシリンダーベーススタッドは5/16”から3/8”に変わっています。
締め付けトルク27N.m-38N.m
規定トルクで締め付け。


a0248662_23275678.jpg
a0248662_23281016.jpg
a0248662_23281886.jpg


シリンダーにシリンダースタッドをつけヘッド取り付け。
ヘッドスタッドナット、ヘッドボルトを順番どおり規定トルクで締め付け。
締め付けトルク43N.m-46N.m



a0248662_23354387.jpg

a0248662_23362430.jpg

a0248662_23283263.jpg

ヘッドボルトが取り付けられないので、BSAはヘッドを取り付けてから、ロッカーアームをヘッドに取り付けます。
ロッカーアームのスラストワッシャー・スプリングワッシャーが落ちないようにドキドキしながら取り付け。



a0248662_23284725.jpg
a0248662_23291230.jpg

プッシュロッド取り付け。
長い方がEX、短い方がIN
タペット外側にインテーク、内側エキゾーストがくるように組みます。(あるマニュアルにはこれが逆に書かれています)



a0248662_23292148.jpg

タペットアジャスターは摺動部がドーム型したものに交換。
タペットクリアランスはIN0.2mm EX0.25mmとBSAさんはクリアランス多めです。



a0248662_23365621.jpg








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-20 09:11 | 1971 BSA A65 | Comments(0)


<< 1971 BSA A65 キャ...      月曜日の授業風景 >>