2017年 04月 07日

1964XLCH900 トランスミッション組み付け

今日はS君のアイアンスポーツ、トランスミッションのお話。
ギア周り、シャフトは状態良く、消耗品、調整作業で良さそうなギアボックッス。


a0248662_19841.jpg
a0248662_193486.jpg
a0248662_194994.jpg
a0248662_110050.jpg

アクセスドアのメインシャフトベアリング、カウンターシャフトベアリング交換。


a0248662_110228.jpg

ケース側メインシャフトベアリングレースは楕円変形無く、内径33.14mmで状態良し。ローラー交換だけでO.K
カウンターシャフトのニードルベアリング交換。

a0248662_1105759.jpg

シフター周りは折れやすいスプリングは交換。

a0248662_1111327.jpg

クラッチギアブッシュは磨耗少なく、このまま使います。
消耗品であるニードルベアリングは交換。


a0248662_1113185.jpg
a0248662_1114385.jpg

抜きづらいクラッチギアのベアリングは内ガケプーラーで抜き取り。
難易度が高く、ぶっ壊れてしまうことが多い・・・。

a0248662_1115495.jpg

新しいニードルベリング、カラーを圧入。


a0248662_1121340.jpg

a0248662_1083499.jpg

a0248662_1122647.jpg

アクセスドア周り、ギア周り組み付けて、ドッグギア位置チェック。
カウンターシャフトは1STギアとドッグギアである3RDギアの隙間と2NDギアと3RDギアの隙間をチェック。
メインシャフトは3RDギアとドッグギアである2NDギア、4THギアと2NDギアの隙間をチェック。


a0248662_1125469.jpg
a0248662_113744.jpg

実際にギアチェンジし、それぞれギアの入りっぷりチェック。
2NDギアとドッグギアの入りが浅く、1STギアとドッグギアは、ドッグギアが1STギアを押してしまっています。

a0248662_1132146.jpg
a0248662_113378.jpg

ドッグギアを2NDギアよりにさせるため、シフターフォーク交換。
社外のシフターフォークは顎部分?が太く、組んだときにギアに干渉する恐れがあるので、少し削ります。

a0248662_1135593.jpg
a0248662_1141332.jpg

フォークを換え、2NDギアよりにドッグギアが行ったところで、シム調整しドッグギアと1STギア位置の調整。
ギアシフト調整はこれで終わり。
次回、ケースに取り付けスラストチェックであります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-07 10:22 | 1964XLCH900 | Comments(0)


<< 1964XLCH900 コンロ...      1964XLCH900 タイミ... >>