Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 11日

1973XLCH トランスミッション

現在、ガレージでは業務用エアコン設置中のため仕事になりません。
というわけで、今のうちにKさんのアイアンスポーツのトランスミッション周りのまとめ的ブログアップをします。


a0248662_114173.jpg

フライホイールはサビサビ、コンロッドベアリングレース、カムギアは虫食いと状態がKさんのアイアン。トランスミッションも不安だらけでしたが、トランスミッションのギア周りは無事で一安心。


a0248662_1143877.jpg
a0248662_1151238.jpg
a0248662_1152826.jpg

一個一個やって生きます。
まずはクラッチギア。
アイアンのクラッチギアは片側ブッシュ、片側ニードルベアリングの軸受けになっています。
計測しガタがあったクラッチギアブッシュは交換。消耗品のニードルベアリングも交換で抜き取り。


a0248662_1154485.jpg
a0248662_1155699.jpg
a0248662_116122.jpg
a0248662_1162538.jpg
a0248662_1163643.jpg

クラッチギアブッシュリプロ品でも問題ないので、ブッシュ圧入。
圧入後、縮んだブッシュ内径をラッピング・ホーニングしシャフトとのクリアランス調整。
ブッシュの調整が終わった後にニードルベアリング圧入、カラー圧入。




a0248662_117014.jpg
a0248662_1172275.jpg
a0248662_1173542.jpg
a0248662_1174727.jpg

カウンターシャフト1STギアブッシュ。
このブッシュはリプロ品を使うと、圧入がきつすぎたり内径が縮みすぎたりで、どちらにしろ加工が面倒なので単品製作。
オイル溝きりもして圧入、ホーニングしクリアランス調整。




a0248662_118563.jpg

ベアリング周りのお話に。
まずアクセスドアのボールベアリング、ニードルベアリング交換。

a0248662_1183695.jpg
a0248662_1185517.jpg
a0248662_119786.jpg

広がっていて少々虫食いがあったライトサイドメインシャフトベアリングレースはJIMS製のものに交換。ニードルベアリングも交換。




a0248662_1193397.jpg
a0248662_1194688.jpg
a0248662_11103931.jpg
a0248662_11105713.jpg

ライトサイドメインシャフトベアリングは隣り合わせで組むバラにニードルベアリングが入ります。
ベアリング同士が接しつつ組まれるため、ベアリングのクリアランスを詰めすぎると、23本のローラーが入らなかったり、組んでも渋かったりします。
ラッピングしつつ、計測しつつで内径拡大しSTDサイズのローラーを入れクリアランス0.035mmに。


a0248662_11114746.jpg

ミッション仮組みをしていきます。
まず曲がって組まれるためよく折れるシフターのリターンスプリングは交換。

a0248662_11152338.jpg

カウンターシャフトの2速ギアは、4速ギアの圧入っぷりでスラスト量を調整します。
この車両は4速ギアが入りすぎて2速ギアの周りが渋かったので調整。


a0248662_11111732.jpg
a0248662_111212.jpg

a0248662_11121874.jpg

a0248662_11122928.jpg

ミッション仮組みし、ドッグギアのシフト位置を調整。
アイアンはシフターフォークのサイズでドッグギア位置を調整します。
この車両はもともとメイン側STDサイズカウンター側は.020”o.sが入っていました。
マニュアルでは、ドッグギアの隙間を基準に調整するようになっていますが、シフターカム溝とシフターフォークにそれなりのガタがありますので、実際のドッグギアの入りっぷりを見て調整します。




a0248662_1112563.jpg

1速、2速はシフターフォークの距離を2速ギアの入りっぷりでサイズを選択しておき、1STギア側のシムの厚みで1速ギアの入りっぷりを調整。
3速・4速ギアのはもともとのシフターフォークで問題なし。


a0248662_1113129.jpg

1速
a0248662_11132479.jpg

2速
a0248662_11133946.jpg

3速
a0248662_11135123.jpg

4速

というわけでシフターの位置合わせ終わり。

a0248662_11155569.jpg

a0248662_11161786.jpg

a0248662_11163684.jpg
a0248662_1117621.jpg

メインシャフト・カウンターシャフトのスラスト量調整。
それぞれシムの厚みを変え、メイン・カウンターともに0.2mm程度に調整。


a0248662_11172630.jpg
a0248662_11175143.jpg
a0248662_1118689.jpg


段減りしていたシフターシャフトは新品に交換。
シフターブッシュはカムカバーをNOSものに交換しているため、ブッシュも新品。
少々渋いのでラッピングし調整しO.K
トランスミッション仮組みしてギアチェンジチェック。
問題なく、ミッション周りの作業終わりです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-11 12:07 | 1973XLCH1000 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      火曜日の授業風景 >>