Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 26日

1970XLH900 トランスミッション組み付け

今日はTさんのアイアンスポーツ、トランスミッション周りのお話
クラッチギアのブッシュ・ベアリング交換、メインシャフとベアリングレース交換・ラッピングが終わっていまして、その後のお話。



a0248662_8544421.jpg
a0248662_8552084.jpg

メインシャフトはベアリング摺動部がやられていましたので新品に交換。
67年~70年用のもの。


a0248662_858622.jpg

a0248662_8571628.jpg
a0248662_8574114.jpg

トランスミッションを仮組みして、ドッグギア位置チェック。
3rdギアと4thギアの入りっぷり良いものの、1stギアと2ndギアの入りっぷりがイマイチなのでシフターフォークサイズを変更しギア位置調整。


a0248662_8592292.jpg

a0248662_859328.jpg
a0248662_8594059.jpg

シフト位置調整が終わったところでメインシャフと、カウンターシャフトのスラスト調整。
それぞれシム調整をして0.1mm~0.2mmのスラストに。


a0248662_901813.jpg
a0248662_903760.jpg

段減りしていたシフターシャフトはプレーンタイプ(シフトペダルとの結合部分に止めが無いもの)からスプラインタイプのものに変更。
仮組みると干渉するので干渉部分を加工。


a0248662_90553.jpg

a0248662_914113.jpg

a0248662_911419.jpg

シフターシャフトブッシュも単品製作し組み付け。
トランスミッション仮組みしてギアチェンジチェック。
問題なく、トランスミッション周りの作業終わり。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-26 09:19 | 1970XLH900 | Comments(0)


<< 1970XLH900 オイルポンプ      トライアンフ シリンダーヘッド修理 >>