Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 06日

土曜日の授業風景


1973XLH1000

a0248662_8214141.jpg

a0248662_8215596.jpg

Kさんのアイアンスポーツはトランスミッション周りの作業。
まず、ガタが多かったカウンターシャフト1STギアブッシュは単品製作し、ギアに圧入・ホーニングしクリアランス調整し取り付け。



a0248662_8223457.jpg

a0248662_8225211.jpg

a0248662_8425381.jpg

a0248662_8251482.jpg

トランスミッション組み付けて、シフター位置の調整。
1stギアのスペーターの厚みを調整し、それぞれドッグギアの入りっぷり調整。


a0248662_825396.jpg
a0248662_8255233.jpg
a0248662_826960.jpg
a0248662_8262344.jpg

メインシャフトベアリングレースを新品にしましたので、レースラッピング。
ここのベアリングはクリアランスを詰めすぎると動きが渋くなるので、ラッピングしつつ計測、ローラー仮組みしシャフトを入れチェックしつつ、内径拡大。



a0248662_8265380.jpg
a0248662_827959.jpg
a0248662_8272289.jpg
a0248662_8273986.jpg
a0248662_8281575.jpg

ベアリング周りの調整が終わり、メインシャフト、カウンターシャフトのスラスト調整。
それぞれシムの厚みで調整し適正のスラストに。

というわけで、トランスミッションの調整ごと終わり。









1978 TRIUMPH T140E

a0248662_8283610.jpg
a0248662_8285588.jpg
a0248662_8291145.jpg
a0248662_8292876.jpg
a0248662_829423.jpg


Tさんのトライアンフはヘッド周りの作業。
仕上げのリーマーを通しバルブとシートのあたりっぷりチェック。
シートの状態良くあたりっぷり、シート幅とも良い。
というわけで、まず先に擦り合わせをして、バルブとシートのあたりを良くし、灯油漏れチェックし問題なし。

a0248662_8302082.jpg
a0248662_8303772.jpg
a0248662_830502.jpg
a0248662_831539.jpg

a0248662_858364.jpg

シートカットしバルブとシートのあたり位置、あたり幅調整。
先ほども言ったように状態が良いので、微調整程度のカットでIN側あたり幅1.3mm程度、EX1.5mm程度のあたり幅に。




a0248662_8313626.jpg
a0248662_83265.jpg
a0248662_8322382.jpg
a0248662_8325685.jpg
a0248662_83393.jpg

バルブシート周りの作業が終わり、バルブスプリングのチェック。
インナースプリングを取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。
取り付け長は均一でシム調整いらず。
取り付けちょうで、それぞれスプリング圧計測し、IN同士、EX同士を合わせ取り付け。

これでヘッド周りの作業は終わり。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-06 09:04 | その他 | Comments(0)


<< 土・日の授業風景       1958陸王RTⅡ シリンダー... >>