Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 25日

トライアンフ シリンダーヘッド修理

引越し前に預かっていたトライアンフT140のヘッド、やっと手をつけられます。遅れてすみません。
修理内容はまず、ロッカーカバーマウントボルトの雌螺子修正です。


a0248662_8393697.jpg
a0248662_840115.jpg
a0248662_8402163.jpg
a0248662_840348.jpg

タイミング側2箇所は普通に螺子山がナメてしまっています。
ドライブ側2箇所は元々入っていたインサートコイルが抜けてきてしまっています。
ここのねじ山は絞めすぎるとすぐナメるのでご注意を。




a0248662_8411626.jpg
a0248662_8412874.jpg
a0248662_8414495.jpg
a0248662_8415774.jpg

なめてしまっているタイミング側はヘリサート処理。
ボール盤にヘッドをセットし下穴を開け専用タップでねじ切り、コイル注入。
以前は1Dのコイルが入っていましたが、今回は1.5Dの長めのコイルを入れました。
ちなみにネジサイズは1/4”-20山UNCです。



a0248662_8425089.jpg
a0248662_843821.jpg
a0248662_843278.jpg

コイルが抜けてしまっていたD側は残っているねじ山をドリルでもみ、ウエルド君(アルミロウ)で穴を埋めます。


a0248662_844465.jpg

a0248662_8441770.jpg

T140はロッカーボックスに位置決めのピンが入っていますのでピンを抜き面研。
ついでにシリンダー面側も研磨。


a0248662_8444567.jpg
a0248662_8445950.jpg

穴埋め、研磨した穴はこんな感じ。しっかり埋まっています。



a0248662_8455533.jpg
a0248662_846917.jpg
a0248662_8462453.jpg

ピンを付け直し、ロッカーボックスを仮組みして位置決め。
ロッカーボックスボルト穴にぴったりのボルトを使い穴位置決め。


a0248662_8464917.jpg
a0248662_847370.jpg

a0248662_9467.jpg

それぞれ位置決めした位置でヘッドをセットし下穴、タップをたてD側の螺子修正もO.Kです。


a0248662_8473316.jpg
a0248662_8475195.jpg

a0248662_965461.jpg

ロッカーボックッスのスタッドボルトも抜き、螺子修正と面研。
ヘッドとロッカーボックスの面あたりもよさそうです。
というわけで螺子修正終了です。

a0248662_848745.jpg








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-25 09:08 | その他 | Comments(0)


<< 1970XLH900 トランス...      1979 TRIUMPH T1... >>