Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 24日

1979 TRIUMPH T140E エンジン分解

今日は引っ越し前のお話になりますが、D君が持ち込んだトライアンフエンジンの分解作業のお話。
コンロッドビッグエンド部が抱きついていたものです。


a0248662_23311164.jpg

a0248662_23313659.jpg

タイミングギア周りは問題無さそう。

a0248662_23315111.jpg

ピストンがこの位置で、コンロッドが抱きついていたため、ピストンピンが抜けずクランクを割ることができない。
ピストンピンを半回転ずつ回しながらピストンピンを削りピン抜き取り。
ケースを傷つけないようにサンダーでの削り作業でD君大変そうでした。

a0248662_23322830.jpg



a0248662_23331380.jpg

状態が良かった(動いていた)タイミング側のコンロッドでもこんな感じ。


a0248662_23325649.jpg

a0248662_23451354.jpg

状態が悪かったドライブ側(完全に固着していた)は完全に駄目です。


a0248662_23334342.jpg

スラッジチューブチェックしましたが、スラッジはあまり溜まっていない・・・
コンロッドビッグエンドの抱きつきは人災かもしれません。


a0248662_23462493.jpg

ビッグエンドジャーナル、コンロッドメタルを一応計測。
幸い元々ついていたメタルはSTDでジャーナルリクライド、アンダーサイズメタルで行けそうです。


a0248662_23335890.jpg
a0248662_233498.jpg
a0248662_23343184.jpg
a0248662_23344836.jpg

クランクシャフトベアリングを抜き、ドライブ側、タイミング側それぞれ計測。
分解時ベアリングがテスポだったタイミング側はベアリング内輪径に対しシャフトが0.03mm減っています。こちらはシャフトを溶射・肉盛研磨しちゃんと圧入できるようにします。



a0248662_23352033.jpg
a0248662_23353134.jpg
a0248662_2335439.jpg
a0248662_23355746.jpg
a0248662_2336755.jpg

カムシャフトブッシュもそれぞれ計測。
シャフトに対しクリアランス0.08mm~0.12mmと大きめなので交換します。
専用工具で抜き取り。
こちらのブッシュはD君自ら製作予定。ケース側、カムシャフト側にあわせ単品製作します。

by sgf1906 | 2017-03-24 00:13 | 1979TRIUMPH T140E | Comments(0)


<< トライアンフ シリンダーヘッド修理      月曜日の授業風景 >>