Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 18日

月・火曜日の授業風景



1948WL750

a0248662_2241930.jpg
a0248662_22412033.jpg
a0248662_22413592.jpg

a0248662_224157100.jpg

a0248662_2243478.jpg
a0248662_2244094.jpg
a0248662_22441377.jpg

a0248662_22442757.jpg



MさんのWL
シリンダーのボーリング加工が終わりましたのでシリンダー組みつけです。
ピストンリンクのギャップ&クリアランスをチェックし、シートカット加工済みのバルブ取り付け。
シリンダー取り付け、インテークマニホールドの位置合わせをしてシリンダーベースナットをトルク管理し取り付け。
タペット調整し、次回点火時期調整しヘッドをつけたらエンジン終了です。









1965 NORTON 650SS

a0248662_22454777.jpg
a0248662_2246810.jpg
a0248662_22462675.jpg
a0248662_22465652.jpg

a0248662_22471345.jpg
a0248662_224730100.jpg
a0248662_22474653.jpg
a0248662_224813100.jpg

a0248662_22483042.jpg


Hさんのノートンドミネーター
フォークブッシュ、シール交換が終わったフロントフォークを三又に組み付け。
フォークチューブカバーを予め取り付けなければならないため、フォークの取り付けに少々苦戦。
フォーク取り付け、フロント、リアともにベアリング交換。
前後ともにホイール片側のベアリングはダブルローベアリング(ボールベアリングが複列になっているもいの)が使われ、フロント側はブレーキ側、リア側はスプロケット側(ドラム側)と負荷がかかるところに使われています。また、ダブルローベアリングが入る部分は鉄が鋳込んであり(アルミハブある)圧入っぷりも良い。非常に好感がもてます。
というわけで、ホイール周り取り付け。



a0248662_224927100.jpg
a0248662_22502744.jpg
a0248662_2251095.jpg

ノートンさんの車体周りの作業が終わり、持込のトライアンフのヘッドシートカット作業。









1946WR750

a0248662_22512852.jpg
a0248662_22514710.jpg
a0248662_22521871.jpg
a0248662_22523875.jpg
a0248662_22525135.jpg

a0248662_2256791.jpg

a0248662_22533696.jpg

a0248662_2254522.jpg

a0248662_22542869.jpg


MさんのWR
シャフトとギアが別々だった#2カムはシャフトを研磨し嵌め代調整、周り止めピンも製作し圧入。
新品ベアリングの内径調整しカムシャフト圧入。
ケースのベアリング圧入部は手スポなので、カムカバーとともに加工が必要でありますので、加工前準備作業です。
考えることが多い車両で、なんやかんや文章にしていたらキリが無いのでまた改めて詳しくお話します。






1964XLCH900&1979FXS1200

a0248662_2257334.jpg

a0248662_22575337.jpg
a0248662_22581930.jpg
a0248662_22583622.jpg


S君はOHが終わったアイアンの2回目オイル交換とマジ締め作業。
一通り終わり、ショベルのヘッド周りの計測作業。
IN側のガイドはガタが多かったので抜き取り。EX側は使うバルブを確認したうえで判断します。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-18 23:50 | その他 | Comments(0)


<< 1946WR750 コンロッド...      土・日の授業風景  >>