Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 17日

土・日の授業風景 

引越し後、未だ冷房機器を導入していないVMS。
ここ何日間の30度越えの気温はやばく、灼熱の教室では3台の扇風機をフル稼働しても、熱風がそよぐだけ。頭がボーっとし集中力がなくなる。そのうち誰か倒れるのでは・・・。
早々にクーラー設置をしなければ。




1968BSA A65

a0248662_22491071.jpg

a0248662_22544263.jpg

a0248662_22495544.jpg
a0248662_22501789.jpg

a0248662_22534844.jpg

a0248662_2254879.jpg


NさんのBSA
シリンダーはボーリング加工から上がってきていますが、その前にブレーキ周りの細かな作業。
フロント側のケーブルマウント(アバットメント)交換し、フォークとのマウントスタッドも、元々変なボルトで付いていたので製作。
リア周りも、スピードメーター交換、細かなパーツ取り付け。
今更気が付きましたが、ブレーキペダルピボット部はガタが多いので、ブッシュ製作します。











1965 NORTON650SS

a0248662_2255211.jpg
a0248662_22561645.jpg
a0248662_22563930.jpg
a0248662_225724.jpg
a0248662_22572894.jpg
a0248662_22574695.jpg


北海道のHさんは5日連続でお越しです。
ドミネーターさんの車体フロント周りの整備。
フォークを抜き取り、ネック周りの作業。
もともとボールベアリングのネックベアリングはテーパーベアリングにコンバート
レース圧入し三又取り付け。



a0248662_2321094.jpg



a0248662_22581496.jpg
a0248662_22584172.jpg
a0248662_2259737.jpg
a0248662_22592536.jpg


フロントフォークも分解し清掃、計測。
アッパー側の新品ブッシュは少々渋めに作られていましたので、擦り合わせをして取り付け。
ダンパーロッドが長く、フォークスプリングがダンパーロッドとにマウントされ、フォークトップナットに留まるこのフォークは分解、取り付けに少々コツは必要です。










1955FLH1200

a0248662_230291.jpg
a0248662_2303265.jpg
a0248662_230549.jpg
a0248662_2311234.jpg


Yさんのパンヘッドはタンク、フェンダーの塗装が終わり、取り付け。
Rフェンダーはオイルタンク、バンパー、バディーシートスプリングステーが共留めで、取り付けがなかなか面倒である。









1951TRIUMPH T100

a0248662_2324020.jpg

a0248662_233042.jpg

a0248662_2332398.jpg
a0248662_2334133.jpg

a0248662_2362724.jpg
a0248662_2365132.jpg


Hさんのトライアンフ
うちのシートカッターでカットできなかったヘッドのシートカットが内燃機屋さんから上がってきたので、擦り合わせをして、灯油漏れチェック。
その後、バルブスプリングを仮組みして取り付け長チェック。シム調整。
バルブスプリングはそれぞれスプリング圧に差がありますので交換予定。







1980FLH1340

a0248662_23798.jpg


Tさんのショベルヘッド
プッシュロッドカバーオイルシール交換のため、抜き取り調整。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-17 08:43 | その他 | Comments(0)


<< 月・火曜日の授業風景      1958陸王RTⅡ フロントフ... >>