2017年 03月 15日

ナックルロッカーアーム

今日はオープンロッカー計画のWさんのナックルヘッド、ロッカー周りのお話。
ナックルのロッカーアームはシャフトにより距離が決まり、ロッカーアームシャフトのタイミング側はロッカーボックスで受け、ドライブ側はヘッド側で受け、ロッカーボックスとヘッドはネジで留められます。そのためまずロッカーアームシャフトの位置決め作業が必要です。


a0248662_83327100.jpg
a0248662_8334134.jpg
a0248662_8335279.jpg

シャフトの距離で位置がヘッドとロッカーボックスの距離が決まるるため、物によりロッカーボックスとヘッドをマウントすると、ドライブ側ヘッドとロッカーアームシャフトに隙間が開きます。
無理にねじ込めば留めることはできますが、ヘッドの損傷につながります。
この車両は、F側は良かったもののR側に隙間があります。


a0248662_8341739.jpg
a0248662_8343464.jpg
a0248662_8345027.jpg
a0248662_835212.jpg
a0248662_8351854.jpg

で、距離が合わない状態で無理に閉めこむとロッカーボックス側のネジもやられます。
という訳でヘリサート加工。




a0248662_8361117.jpg
a0248662_8362269.jpg

a0248662_8355643.jpg

ロッカーアームシャフトの隙間を計測すると0.6mm
元々付いている段付きのスラストワッシャーの内側に0.6mmのシムをいれシャフト組み付け。
これで余計な隙間無く、ヘッド側、ロッカーボックス側にも負担をかけません。


a0248662_8364551.jpg

ロッカーアームシャフトの位置決めが終わったところでロッカーアームを組みつけスラスト調整。
こちらもシム調整し、スラスト量0.2mm~0.3mmに。


a0248662_8431856.jpg

オープンロッカー用の目玉カップ(フロッグアイズというらしい)を留めるための加工となります。

a0248662_840791.jpg
a0248662_8432932.jpg

ロッカーアームシャフトを加工し、目玉取り付け用のネジスリーブを入れます。

a0248662_8435195.jpg
a0248662_844770.jpg
a0248662_8441846.jpg

ドリルを少しずつ大きくしシャフトにスリーブ圧入部を拡大。


a0248662_8443328.jpg
a0248662_84444100.jpg
a0248662_8445882.jpg
a0248662_8451554.jpg

ネジスリーブの外径を調整しスリーブをシャフトに圧入。


a0248662_846264.jpg

という訳で、フロッグアイズ完成。
すっとぼけた顔をしています。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-15 09:07 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1964XLCH900 シリン...      日曜・月曜日の授業風景 >>