Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 14日

日曜・月曜日の授業風景


1951TRIUMPH T100

a0248662_10173963.jpg
a0248662_10175790.jpg
a0248662_1018922.jpg
a0248662_10182458.jpg
a0248662_10183852.jpg
a0248662_10185362.jpg
a0248662_1019616.jpg
a0248662_10192371.jpg


Hさんのトライアンフ T100は車体周りの分解作業。
初めてやる車両なので、写真を撮りまくりながらパーツの位置を確認しつつ分解。
フロントフォークダンパーマウントボルトなどなめてスパナがかからなく、マイナス切り抜き取ったり、マウントボルトたちは錆びていたりと大分ねじ交換は必要ですね。
とにかく一旦清掃し各部チェックです。







1980FLH1340

a0248662_1020816.jpg
a0248662_1020344.jpg
a0248662_10204659.jpg
a0248662_1021058.jpg
a0248662_10211731.jpg

a0248662_1021361.jpg


Tさんのショベルヘッド
前回やったクラッチハウジングの交換後プライマリー周りは問題ないようです。
今回はT/Mフィラーボルトのカバー側ねじ山が終了したようなので、キックカバー交換です。
スタータークランクシャフトのスラストが大分あったのでシム調整ですがシムをキックカバー内側、外側と組み位置によってスタータークランクギアの位置が変わり、クランクギアのカムプレートのかかりっぷり変わりますので、シム位置を変え何回か仮組みをして組み付け。
無事交換終了。





a0248662_1022951.jpg
a0248662_10222278.jpg
a0248662_10225039.jpg


日曜は馴染みの顔ぶれがなんやかんやと。









1939EL1000

a0248662_1025529.jpg
a0248662_10261089.jpg
a0248662_10262621.jpg
a0248662_1026408.jpg
a0248662_10271774.jpg






オープンロッカー計画中だったWさんのナックルヘッド
ヘッド組みつけエンジン始動。相変わらずメカノイズの少ないエンジンです。
オープンロッカーため、ヘッドに圧送されるオイルの量をコントロールしないとヘッド周りがオイル塗れになります。このあたりをまだまだ考察しなければ。
という訳で、このあたりの詳しいお話はまた次回。









1964XLCH900

a0248662_10344351.jpg


a0248662_1035322.jpg

a0248662_10351580.jpg
a0248662_10353066.jpg

a0248662_10355346.jpg

a0248662_1036133.jpg
a0248662_10362767.jpg
a0248662_10365864.jpg
a0248662_10371252.jpg


S君のアイアンスポーツ
ピニオンブッシュ製作しダウエルピン穴加工。
ピニオンシャフトベアリングレースラッピング用の冶具を製作しレースラッピング。
ラッピング後、冶具とラッピングロッドを使いピニオンブッシュラッピング。
少々細くなったピニオンシャフトのブッシュとの摺動部に合わせピニオンブッシュを製作していますので、専用リーマーが使えません。
タイミング側ケース、カムカバー、ピニオンシャフトを組みクルクルチェックし問題なし。
問題は新品ピニオンギア。こいつに引っかかりがあります・・・。
という訳でギア合わせは次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-14 11:05 | その他 | Comments(0)


<< ナックルロッカーアーム      土曜日の授業風景 >>