Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 30日

1970XLH900 エンジン腰下搭載・シリンダー、シリンダーヘッド取り付け

先日に引き続き、今日もTさんのアイアンヘッドのお話。

a0248662_8514859.jpg
a0248662_852093.jpg

タイミングギア周りの調整ごとは終わっています。ガタがあったタペットガイドはJIMS製のものに交換。
圧入し取り付けると、動きが少々渋くなったのでホーニングし取り付け。


a0248662_8521540.jpg

a0248662_8523164.jpg

a0248662_8525263.jpg

スプロケットシャフトベアリングシールを取り付け、フレームに搭載準備。


a0248662_853755.jpg

a0248662_8531823.jpg
a0248662_8534066.jpg

エンジンリア側のエンジンハンガーから取り付け、位置決めし、フロント側エンジンマウントプレート取り付け。


a0248662_8535876.jpg
a0248662_8541396.jpg

塗装済みのシリンダーはボーリング加工、上面・下面の面研済み。

a0248662_8542481.jpg
a0248662_8543591.jpg
a0248662_8545468.jpg


a0248662_8552581.jpg
a0248662_8554098.jpg

ピストンリングギャップ、リングクリアランスをチェックし取り付け。
シリンダーベースナットをトルク管理しシリンダー取り付け。

a0248662_8555414.jpg

シリンダーヘッド面は歪みが酷く、フライスでの面研済み。

a0248662_108095.jpg
a0248662_1082764.jpg

a0248662_1084787.jpg

a0248662_856835.jpg

バルブのシートカットが終わっているヘッドはインナースプリングだけ取り付け、アウタースプリング取り付け長をチェックし、シム調整し取り付け長を合わせバルブスプリング組み付け。

a0248662_10112027.jpg

a0248662_10114174.jpg

a0248662_10124680.jpg

a0248662_1013622.jpg

a0248662_8562047.jpg

a0248662_8563141.jpg

ロッカーアームシャフトは段減りしていて、研磨での再利用も無理。
というわけでロッカーアームシャフト交換。
ロッカーアーム自体は減りは少なかったのでホーニングし再利用し組み付け。

シリンダーヘッドとロッカーアームボックッスをトルク管理し組み付け。

a0248662_8565355.jpg
a0248662_8571160.jpg

a0248662_8572586.jpg

マニホールドの角度を合わせ、シリンダーとヘッド取り付け。
ヘッドボルトもトルク管理し締め付け。


a0248662_8574114.jpg
a0248662_8575832.jpg

プッシュロッドは純正のアルミプッシュロッドをそのまま使い、タペット調整し取り付け。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-30 10:20 | 1970XLH900 | Comments(0)


<< 最近のVMS授業風景      1970XLH900 バルブガ... >>