Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 26日

1970XLH900 キックスターター周り

今日はTさんのアイアンスポーツのお話。
実際には既にエンジン始動しているTさんのアイアンスポーツですが、修理内容をブロブに上げておらず・・・。卒業までにブログが追いつくか・・・ということで今日はキックスターター周りのお話。



a0248662_7444090.jpg


a0248662_745726.jpg
a0248662_7452237.jpg

トランスミッションを組み立てたとこらまで話は進んでいましたので、その続きキック周り。
まず、スプロケットカバーの位置決めダウエルピンがカバー側に埋まっていしまっていて意味なしになっていましたので、抜き取りしいダウエルピンを圧入。



a0248662_7453779.jpg
a0248662_7455579.jpg

a0248662_746588.jpg
a0248662_7461427.jpg

隙間が目で見えるほどガタがあったラチェトギアブッシュは抜き取り、単品製作。


a0248662_7524916.jpg

a0248662_746379.jpg

a0248662_7471060.jpg

クラッチハウジング側ギアと干渉しないよう、“案内部”をつくり、圧入、ホーニングしクリアランス調整しO.K。ギアにぴったりと。


a0248662_7482737.jpg

a0248662_7472063.jpg

a0248662_7474385.jpg

キック抜けが出やすいアイアンスポーツのキックギアラチェット。
それぞれのギアがちゃんとあたっているかチェック。



a0248662_7495859.jpg
a0248662_750154.jpg
a0248662_7515814.jpg

a0248662_8142317.jpg

同じくガタが多かったキックシャフトブシュも単品製作し取り付け。


a0248662_753890.jpg
a0248662_7533238.jpg

異様に長いアイアンのキックシャフトは曲がっている多いです。
今回も曲がっていましたので交換。


a0248662_754127.jpg
a0248662_755595.jpg

キックシャフトも真直ぐ、ダウエルピンも付きキックシャフトの軸受けでもあるスプロケットカバーの位置も決まったところで、キックシャフトブシュの擦り合わせをして、スルスルに。


a0248662_7543551.jpg
a0248662_7551593.jpg
a0248662_7552613.jpg
a0248662_75537100.jpg

ドライブサイドのキックシャフトの軸受けワッシャーをとりつけ、キックスタータークランクのスラスト量をシム調整し取り付け。


a0248662_756133.jpg
a0248662_7563545.jpg
a0248662_7565431.jpg

クラッチハウジングを取り付け、干渉チェック。
スタータークランクギアのマウントナットとの干渉がありましたので、ナットを加工し取り付け。

a0248662_75823100.jpg

というわけで、キックスターター周りの作業は終わりです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-26 08:22 | 1970XLH900 | Comments(0)


<< 1970XLH900 バルブガ...      土曜日の授業風景 >>