Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 25日

土曜日の授業風景


1970XLH900

a0248662_659291.jpg
a0248662_659167.jpg
a0248662_6593674.jpg
a0248662_6595368.jpg




a0248662_723141.jpg
a0248662_731246.jpg


Tさんのアイアンスポーツ。
セミトラタイプのディストリビューターはピックアップセンサーがご臨終し、いきなりエンジンがかからなくなりました。
というわけで急遽在庫していた機械式のディストリビューターを取り付け試乗。
試乗後、一回目のオイル交換、1回目のエンジン周りの増し締め。
試乗後の問題点としては、発電不良とエンジンが温まった後にクラッチの切れが悪くなること。
このあたりをクリアすれば卒業です。







1968 BSA A65

a0248662_734177.jpg
a0248662_74429.jpg

a0248662_742543.jpg
a0248662_744595.jpg
a0248662_75377.jpg
a0248662_751965.jpg

a0248662_753186.jpg
a0248662_754882.jpg
a0248662_76872.jpg


NさんのBSA A65は先日作ったスプロケットスペーサーを取り付け、チェーンラインチェック。
厚めに作ったつもりがピッタリでありました。
というわけで、チェーン取り付け、ステーターコイル、ローターコイルは新品に交換で取り付けて隙間チェック。
ダンパーゴムを交換済みのクラッチセンター取り付け。スチールディスクは2枚だけ歪みがあったので2枚新品にし、クラッチ周り取り付け。
ステーターコイルの配線も長めにしておき通し、プタイマリー周りO.K。
エンジン周りは外注加工にだしているシリンダー待ちなので、次回は外装周りをやっていきます。





1978 TRIUMPH T140E

a0248662_765767.jpg
a0248662_771482.jpg

a0248662_783214.jpg

a0248662_774344.jpg
a0248662_78283.jpg

a0248662_791657.jpg

a0248662_794080.jpg


Tさんのトライアンフ
エンジン腰上周りの計測作業。
ロッカーアーム周りのクリアランスはよいものの、バルブ周りは広がっていますので、ガイド交換。
また、シリンダーはシリンダーバレル自体のサイズは状態良いものの(STDサイズ)ピストンが減っているのか、クリアランスはそれなりにあります。シリンダーは状態が良いので出来ればSTDサイズのピストンでいきたいな。ピストンサイズを知れべ要検討。
タペットさんもタペットブロックホールは状態良し、タペットは一部磨耗ありという感じ。
ともあれ、バルブガイドを抜くことになったので、燃焼室内のカーボンと徹底除去であります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-25 07:33 | その他 | Comments(0)


<< 1970XLH900 キックス...      木曜日・金曜日なんやかんやと >>