Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 17日

1971 NORTON COMMANDO

a0248662_7254545.jpg

修理依頼でお預かりしたノートンコマンド
修理内容は点火システムを機械式からフルトラ(ペイゾンフルトラKIT)へコンバート。
また、オイルラインのチェックバルブを持たないこの年式のコマンドさん。乗らない時間が長いとオイルタンクのオイルがクランクケース内に落ちてしまいます。
フィードラインにON/OFFコックをつけます。


a0248662_7353178.jpg

なんやかんややる前に試乗させてもらいました。
アイドリングは安定しているものの、アイドリングからアクセルを回したときに一息ついてから回転する感じ。走り自体は問題なし。
プラグを見てみるとタイミング側は燻ぶり、ドライブ側は焼け気味と随分左右で焼け方が違います。
点火周りの交換で解消してくれればよいのだが。
しかしながら、ノートンさんは燃焼室形状が良いせいかカブリませんね。あれだけプラグが燻ぶっていたら、ハーレーだったら不調を訴えそうですが、ノートンさんは問題なく走ります。



a0248662_726375.jpg
a0248662_7262239.jpg

フィードオイルラインにコック装着。
ついでにオイル交換。サンプフィルターにはOH時のガスケットと思われるものが詰まっていました。


a0248662_7264415.jpg
a0248662_7265922.jpg

コンタクトブレーカー・オートアドバンス抜き取り。
オートアドバンスのウエイトピボット部がガタガタであります。
新品のオートアドバンスはどれぐらいのガタで作られているいるのだろうか?


a0248662_7272981.jpg
a0248662_728143.jpg

プライマリーカバーにはクランク角度確認するインダクタープレートがついていますが、狂っている恐れがありますので、一旦プライマリーカバーをはずし分度器を付け、クランク点火タイミング位置を出します。
ノーマルではノートンコマンドさんは圧縮上死点前28度。
今回使うペイゾンでは31度で調整します。


a0248662_7281490.jpg
a0248662_7282895.jpg

クランク点火タイミング位置でピックアップローターの位置を大体決め、トリガープレートをつけ点火時期を合わせます。


a0248662_730065.jpg
a0248662_7302543.jpg
a0248662_73057100.jpg

ブラックボックスはもともとコンデンサーが付いていたところに付けました。
イグニッションコイルは6Vを直列で配線し取り付け。
点火周りの配線は引きなおし。



a0248662_7312549.jpg

a0248662_7314280.jpg

プライマリーカバーを取り付け。
インダクタープレートの数値はほぼズレていませんでした。

a0248662_7323734.jpg
a0248662_7325826.jpg

プラグコード交換、タペット音も随分していたのでタペット調整。


a0248662_8165318.jpg

作業終わり軽く試乗。
アイドリング時からアクセルを上げたときの一息つく感じはなくなりました。
もうちょっと乗ってみて、左右のプラグ焼けの違い(燻ぶり)があるようであればキャブ周りをチェックします。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-17 08:22 | その他 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      水曜日の授業風景 >>