2017年 03月 11日

1964XLCH900 クランク軸受けベアリングラッピング冶具

先日も少しお話しましたが、暖めた時点でスプロケットシャフトベアリングレースが動いていたS君のアイアンスポーツスター。
計測すると縦方向に大きいところで0.13mm楕円になりベアリングレース径50.02mm~50.03mmに対し0.15mm大きくなっていいました。

a0248662_2347544.jpg
a0248662_23471769.jpg

内燃機屋さんに両クランクベアリング軸部のセンターをみつつ真円拡大加工してもらいました。
ベアリングレースを溶射・肉盛・研磨し圧入します。


a0248662_2347326.jpg

拡大したベアリングレース受け鋳込み部分の径は50.30mmで約0.3mm拡大しています。
ここに肉盛したレースを圧入するのですが、まだレースが帰ってきておらず。
作業が止まってしまうので、ベアリングレースラッピング用の冶具を製作します。

a0248662_23474712.jpg
a0248662_2348636.jpg

うちにあるXL用のラッピング冶具はスプロケット側のベアリングレース、ベアリングを入れベアリングを軸にしてピニオンシャフトベアリングレースをラッピングするもの。
ベアリングが無い状態だ使えません。

今回はスプロケットシャフトベアリングレース圧入部に穂のかにテーパーになっている冶具をいれラッピングする方法でいきます。

a0248662_2349081.jpg

a0248662_23483210.jpg

まずはラッピングロッドの軸受け部を作ります。ロッド径+0.05mmガタ無くロッドが回るように。


a0248662_23491944.jpg
a0248662_23502068.jpg
a0248662_23504614.jpg

ある程度外径を削った後に刃物代に角度をほんの少しづらし(線一本分)テーパー加工。
テーパー角度は0.2度程度で全長43mmで上底と下底の直径の差が0.3mm程度。



a0248662_2351630.jpg
a0248662_23511747.jpg

という訳でこれで次回はピニオンシャフトベアリングレースラッピングできます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-11 07:00 | 1964XLCH900 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      平日の授業風景 >>